メニュー
ゲストさん
 

ナッツ類は栄養が豊富!中高年に特におすすめのナッツ類は?

冬は寒くて運動する機会も少なくなり、太ることを防止するためにおやつに悩む方も多いのではないでしょうか?

ダイエットをする人たちのなかで、おすすめのおやつとして登場するのがナッツ。
本日はナッツ類の栄養と中高年世代におすすめのナッツ類をご紹介します。

ナッツ類に含まれる種類は?

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

ナッツは身体に良い、ということを聞いたことがある方も多いでしょう。しかし、ナッツとひとことで言っても、さまざまな種類があります。まずはナッツ類の特徴やどのような種類があるのかを見ていきましょう。

ナッツってそもそもなに?

ナッツは種実類に分類される「木の実」のこと。一部のナッツは紀元前から人類に食べられており、当時は贈り物として、そしてお祭りの供え物として食べられてきました。日本においても縄文時代頃にはすでに保存食として存在していたと言います。

ナッツの種類

では一般的に入手可能なナッツにはどのような種類があるのか、見ていきましょう。

アーモンド

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

アーモンドの原産地は西アジア。もともと1769年にスペインの宣教師がアメリカ大陸にアーモンドの種子を持ち込み、現在ではアメリカ・カリフォルニアで主に生産されています。1日の摂取目安は23粒くらいで、これは150キロカロリーに相当します。主にビタミンEを豊富に含んでおり、抗酸化作用、アンチエイジング効果が期待できます。
アーモンドはほかのナッツ類と比較すると、生産量・消費量ともに多く、世界三大ナッツのひとつに数えられています。

カシューナッツ

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

ブラジルを原産地とするカシューナッツ。16世紀ころにポルトガル人によってインドに渡り、現在の主産地はインド。1日の摂取目安量は16粒くらいで、カロリーは160キロカロリー。ビタミンB1を豊富に含んでおり、皮膚や粘膜の健康維持や糖質の代謝促進効果があると言われています。

淡泊な香りと、ほのかな甘味があるので、インド料理はもちろん、中華料理、エスニック料理など、アジアではさまざまな料理に用いられています。こちらも世界三大ナッツのひとつに数えられています。

くるみ

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

古代ペルシャを原産地とするくるみ。歴史は古く、8000年〜9000年前には人類が食用にしていたそうです。なんと人類最古のナッツなのだとか。現在の主産地はアメリカ・カリフォルニアで、1日の摂取目安量は10粒くらい。カロリーは150キロカロリーです。サバやサンマなどの青魚に含まれるDHAやEPAと同様に、良質な油であるオメガ3脂肪酸を豊富に含んでおり、血圧を下げたり、心拍の乱れを軽減する効果が期待できます。

ピスタチオ

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

最近人気のピスタチオ。原産地はアフガニスタン〜イラン辺りと言われており、3000年〜4000年前にはすでに食用として食べられてきました。1日の摂取目安量は40粒ほどで、カロリーは150キロカロリー。カリウムを豊富に含んでおり、血圧維持や体内の水分調節などに効果があると言われています。
ピスタチオはナッツの女王と別名で呼ばれるほど、カリウムや食物繊維が豊富なので、特に女性にオススメのナッツ類です。

マカデミアナッツ

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

ハワイのお土産品によく使われるマカデミアナッツですが、もっとも生産しているクにはオーストラリア。1日の摂取目安量は13粒(150キロカロリー)。パルミトレイン酸を豊富に含んでおり、肌の乾燥やアンチエイジングなどに効果があると言われています。

1粒の8割以上が油ですが、コレステロールは一切なく、美肌効果があるパルミトレイン酸はナッツ類のなかでもっとも多く含まれています。

ヘーゼルナッツ

トルコを原産国とするヘーゼルナッツ。歴史は古く、2300年前にはすでに栽培が始まっていたそうです。1日の摂取目安量は17粒(150キロカロリー)。ビタミンEを豊富に含んでいるので、抗酸化作用やアンチエイジングに効果があります。

ヨーロッパでは欠かせない素材で、アーモンドやカシューナッツと同様に世界三大ナッツのひとつに数えられています。

番外編

落花生は豆というイメージがありますが、地面の下で育つため、ナッツ(木の実)ではありません。

======
生活にお役立ちの情報がメールマガジンも受け取れる!【無料】Slownet会員登録はこちらから↓

Slownet会員登録はこちらから

>>次ページ ナッツ類は1日どれくらい食べたらいい?

ページ: 1 2 3 4

コメント

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
2022年5月17日

健康・美容

あなたは朝型人間?それとも夜型人間?朝と夜で活動できる範囲は?

学生時代、朝型あるいは夜型の方が勉強に集中しやすくて今もなお、それぞれの時間帯で出せるエネルギーが違うと感じる方も多いと思います。 本日は朝型人間と夜型人間はどのように決まる...
2022年5月6日

健康・美容

暖かい春、睡眠時間がぐーんと上がった私って「過眠症」?セルフチェックの方法は?

暖かい春になると、他の季節よりも睡眠時間がなんだか長くなってしまう方も多いのではないでしょうか? 「春眠暁を覚えず」ということわざがあるように、春はぐっすり眠れるから夜が明け...
2022年4月19日

健康・美容

1日を幸せに過ごすために、小さな変化に注目することが重要

「今日は1日ちょっと幸せだったな~」と思うことはありますか? 新型コロナウイルス感染症がまだ収束していないなか、どちらかというと気持ちが沈むと感じる場面が増えた人も多いのではない...
2022年3月31日

健康・美容

天然水とRO水、軟水と硬水、その違いは?あなたにぴったりの水を選ぼう!

最近は健康に対する意識が高まり、普段飲むお水も体質に合わせたもので選ぶ方も多いと思います。 硬水・軟水という種類はご存じの方も多いかもしれません。しかし、お水はこれ以外にもたくさ...
2022年3月29日

健康・美容

2022年の春、花粉症はどうなる?花粉症の斬新な対策方法をご紹介!

今年もいよいよ花粉症の季節が到来しました。新型コロナウイルス感染症が依然流行している中、毎日マスクをつけることで少しは花粉症対策はできていると思いますが、それでもムズムズ辛い人は多...
2022年3月25日

健康・美容

【歯の健康】最後の歯の検診はいつごろですか?少なくとも6ヶ月に1回がおすすめの理由

皆さんは自分の歯がどのくらい残っていますか? 日本人の歯の年齢別本数は、40歳で27.5本、50歳で24.8本、60歳で21.3本、70歳で15.2本、90歳で8.9本だそう...