メニュー
ゲストさん
 

サウナが心地よい季節到来!中高年層がサウナするときに注意すべきことは?

寒くなると思いだす文化のひとつがサウナではないでしょうか?
身体が一気に温まり、汗をかくと気持ちがいいサウナ。心地よいサウナにはどのような効果があるのでしょうか?

本日はサウナの効果や注意点などについてご紹介します。

サウナはどのような効果がある?

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

みなさん、サウナは好きですか? サウナは80℃から90℃ほどの熱気浴のこと。日ごろは活動していない身体機能を活性化させ、蘇らせると言われています。とはいえ、あまりに暑い熱気浴なので、サウナは合う合わないがあります。自分に合った入浴方法を試すのが最善。

まずはサウナの概要や効果についてみていきましょう。

疲労回復効果

サウナに入ると安静時の2倍も血流が活発になります。その結果、酸素の摂取量が増加し、筋肉疲労物質を分泌しやすくなるなど、疲労を回復し、エネルギーの再生産を促す効果があると言われています。
同様にサウナに入浴すると筋温や血液温が上昇することで、老廃物や疲労物質は汗とともに体外に分泌されます。体温が約38℃になると、全身の汗腺から汗が噴き出してきます。同時に毛穴からは皮脂腺からは脂が、アポクリン腺からはニオイが発生するなど、汗腺の機能を高め、皮膚や皮下組織を洗浄してくれるのです。通常、運動でもしなければここまで体温を上げるのは難しいですが、サウナであれば外的要因で体温を上げることができるので、身体のコンディションを正しい状態に保つことができるのです。

サウナの入浴の直後は一時的に血圧が上昇します。その後、血管が拡張して最高血圧・最低血圧ともに低下するそうです。特に最低血圧の低下は高血圧の人にとって、うれしい効果ではないでしょうか?
とはいえ、ずっと続くわけではなく、入浴後は徐々に普段の血圧に戻ってしまいます。
また、サウナに入ると脈拍も増加していきますよね。実際に心臓の血液拍出量が増加するそうです。これにより血液循環量が増え、酸素や栄養が全身にくまなく供給されるようになります。

このほか、高温であるサウナの空気は、全身の皮膚を刺激し、中枢神経の興奮を高めるそう。これにより、神経による身体機能の調整が促され、ストレスの解消にもつながるのだとか。
低温サウナの場合、ゆっくりと入浴すると鎮静作用が働きます。活動的な昼のリズムから休息のリズムへと転換をはかることができ、快適な睡眠へと導いてくれます。低温サウナが無い場合、なるべく下段の椅子に座るようにすると似たような効果が得られるでしょう。
同様にサウナの温度刺激は血行をよくしてくれます。毛細血管内の血流も促進することで、自律神経の調整力も高めてくれます。
自律神経をより刺激するには「交代浴」がオススメ。交代浴は冷水浴や冷水シャワーなどを併用する入浴法のこと。暑いサウナと冷たい水(水風呂など)を組み合わせる急激な温度変化は自律神経系のトレーニングとなり、自らが器官を調節し、大きな健康効果が見込めます。

血流が促進されることで、筋肉の緊張や血流不足も解消されやすくなります。これによって肩こりや筋肉痛などが早く良くなるでしょう。筋肉内を循環する血液量が増えると、汗ととも乳酸(疲労物質)が排出されるので、肩こりや腰痛と言った神経感覚的症状においても改善が見られるそうです。

さらにサウナは、減量したい人にも効果的。サウナに入ると大量の汗をかくので、サウナへの入浴前後で体重を量り比べると1キロ程度の差が見られます。とはいえ、これは水分が抜けただけなので、しっかりと水分補給をしましょう。しかし、サウナに入浴した後、運動野食事などに気をつけると減量しやすくなるでしょう。

身体を温める効果

人間の身体は60兆個ともいわれる細胞で作られています。その多くはタンパク質。身体に熱を加えると細胞内のタンパク質は損傷してしまいますが、同時にヒートショックプロテイン(HSP)というタンパク質が生成されます。このヒートショックプロテインは損傷したタンパク質を元に戻す働きがあります。細胞は光熱だけでなく、疲労や汗腺、血管の梗塞、虚血状態、紫外線などさまざまなストレスでも損傷してしまいます。これらの細胞異常に効果的なのがヒートショックプロテイン。身体を温めるということはこのヒートショックプロテインの活動を活発にする、という意味で非常に効果的です。
昔から「冷えは万病の元」と言われています。身体を温める、ということは、こうしたタンパク質を活発化させる効果があることがわかりますよね。

【サウナ関連のおすすめ書籍の紹介】

======
生活にお役立ちの情報がメールマガジンも受け取れる!【無料】Slownet会員登録はこちらから↓

Slownet会員登録はこちらから

>>次ページ サウナは朝が良い?夜が良い?

ページ: 1 2 3 4

コメント

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
2022年5月17日

健康・美容

あなたは朝型人間?それとも夜型人間?朝と夜で活動できる範囲は?

学生時代、朝型あるいは夜型の方が勉強に集中しやすくて今もなお、それぞれの時間帯で出せるエネルギーが違うと感じる方も多いと思います。 本日は朝型人間と夜型人間はどのように決まる...
2022年5月6日

健康・美容

暖かい春、睡眠時間がぐーんと上がった私って「過眠症」?セルフチェックの方法は?

暖かい春になると、他の季節よりも睡眠時間がなんだか長くなってしまう方も多いのではないでしょうか? 「春眠暁を覚えず」ということわざがあるように、春はぐっすり眠れるから夜が明け...
2022年4月19日

健康・美容

1日を幸せに過ごすために、小さな変化に注目することが重要

「今日は1日ちょっと幸せだったな~」と思うことはありますか? 新型コロナウイルス感染症がまだ収束していないなか、どちらかというと気持ちが沈むと感じる場面が増えた人も多いのではない...
2022年3月31日

健康・美容

天然水とRO水、軟水と硬水、その違いは?あなたにぴったりの水を選ぼう!

最近は健康に対する意識が高まり、普段飲むお水も体質に合わせたもので選ぶ方も多いと思います。 硬水・軟水という種類はご存じの方も多いかもしれません。しかし、お水はこれ以外にもたくさ...
2022年3月29日

健康・美容

2022年の春、花粉症はどうなる?花粉症の斬新な対策方法をご紹介!

今年もいよいよ花粉症の季節が到来しました。新型コロナウイルス感染症が依然流行している中、毎日マスクをつけることで少しは花粉症対策はできていると思いますが、それでもムズムズ辛い人は多...
2022年3月25日

健康・美容

【歯の健康】最後の歯の検診はいつごろですか?少なくとも6ヶ月に1回がおすすめの理由

皆さんは自分の歯がどのくらい残っていますか? 日本人の歯の年齢別本数は、40歳で27.5本、50歳で24.8本、60歳で21.3本、70歳で15.2本、90歳で8.9本だそう...