メニュー
ゲストさん
 

今年も「マスク熱中症」に引き続き注意を!

今年もまたコロナ感染拡大が心配されています。そこで改めて注意したいのがマスク熱中症です。
マスクの装着は熱中症のリスクがかなり高くなります。マスクを上手に活用して熱中症リスクを避けましょう。

今回はマスク熱中症リスクについて、改めて考えていきましょう。

マスクで熱中症リスクが高まる理由は?

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

新型コロナウイルス感染症拡大からしばらく経ちますが、以前の生活とは変わり、アルコール消毒、マスク着用などがすっかり習慣化した方も多いのではないでしょうか?

夏本番。気温の高い日が増えてくると、手で汗を拭ってしまったり、タオルで汗を拭う機会も増えるでしょう。これから暑くなる季節は夏風邪の一種であるプール熱の原因となる「アデノウイルス感染症」の接触感染にも注意が必要です。なるべく手で直接顔に触れたり、タオルを使い回したり、目や鼻、口からウイルスが入らないよう、外出先では腕を肩より上に上げないというルール決めが大事だそうです。

この夏も、昨年と同様、熱中症にも特に注意が必要です。

マスク熱中症にご用心

そもそも人は、夏になり気温が高くなると体内に熱がこもります。体内の熱を汗で発散したり、呼吸をして冷えた空気を身体に取り込んだりすることで、熱を発散していき、体温調節を行っているのです。

しかし、マスクをしている場合。自分の呼吸は暖かい空気なので、暖かい空気しか体に取り込めません。呼吸で体を冷やすことが難しく、むしろ体温を上昇させる可能性もあるのです。

通常、マスクは顔の半分ほどが壊れることになります。だからこそ、より熱がこもりやすくなるのです。熱がこもりやすく発散しにくくなっているということに加え、マスクは加湿されてしまいます。加湿されることで口の渇きを感じにくくなるため、熱中症に気が付きにくくなるので、マスクなしで過ごしていた時よりも、熱中症になるリスクは高まると考えられます。

今年の夏もかなり暑いことが予想されるので、マスク着用による熱中症には十分注意しましょう。

人との距離がある場合などはマスク非着用も推奨

厚生労働省のホームページにはマスク着用についてのアナウンスが行われています。

厚生労働省:マスクの着用について
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kansentaisaku_00001.html

まず屋外で、距離が確保できる場所での会話はマスク着用の必要はなし。屋外で会話をほとんど行わない場合は距離が確保できてもできなくてもマスク着用の必要はないそうです。一方で屋外でも距離が確保できない場所で会話をする場合はマスク着用が推奨されています。

続いて屋内の場合を見ていきましょう。
屋内で会話をする場面だと、距離が確保できる・できないに関わらずマスクの着用が推奨されています。また、会話をほとんど行わなくても、屋内で距離が確保できないならマスクの着用が推奨されています。一方で距離が確保できて会話を行わないならマスクの着用の必要はなしとアナウンスされています(図書館での読書、芸術鑑賞など)。

この夏はきちんとアナウンスに従ってマスクの付け外しの場面をしっかりと見極めましょう。

======
生活にお役立ちの情報がメールマガジンも受け取れる!【無料】Slownet会員登録はこちらから↓

Slownet会員登録はこちらから

>>次ページ 熱中症の主な症状は?

固定ページ: 1 2 3 4

コメント

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
NEW!
2022年12月8日

健康・美容

ラクしておいしい!健康鍋を食べよう

寒い季節に恋しくなる鍋。晩御飯を作るのが面倒なときには、少ない材料で無駄なく簡単に、しかも栄養バランスの良い「健康鍋」が強い味方です。一品で主菜・副菜・汁物の代わりになる健康鍋で、...
2022年12月2日

健康・美容

ダイエットに、健康に。もち麦を食べよう

ご飯に混ぜて炊くだけでダイエットにつながると評判の食材「もち麦」。低糖質ダイエットに興味があるもののご飯はどうしても食べたい人や、イベントが多くてついつい食べ過ぎてしまうこの時期に...
2022年11月27日

健康・美容

「温活」で身体ポカポカ&不調を改善!すぐに始められる冷えとり習慣

今年も「冷え」が気になる季節がやってきました。靴下を何枚履いても足が冷える、体が冷えてよく眠れない……そんなお悩みを抱える方も多いのでは。東洋医学では、体の冷えは「万病のもと」。体...
2022年11月13日

健康・美容

11月14日は世界糖尿病デー。糖尿病患者は予備軍を含めると5人に1人

日本でも11月14日を含む1週間が全国糖尿病週間とされています。糖尿病の患者数は約950万人。日本人の5人に1人が糖尿病かその予備軍です。 糖尿病とは 糖尿病は、血液中...
2022年11月4日

健康・美容

自分の足、チェックしてますか? 下肢静脈瘤の基礎知識

下肢静脈瘤(かしじょうみゃくりゅう)は、ふくらはぎなどの表面の血管がボコボコと浮き出る病気です。患者数は1千万人にのぼり、立ち仕事が多い人、出産経験のある女性などに多く見られます。...
2022年10月28日

健康・美容

低カロリーでヘルシー! 秋のきのこ美味事典

秋はきのこの季節。店頭に並ぶさまざまな種類のきのこを選んだり、山に分け入りきのこ狩りをする楽しみも。ヘルシー食材として親しまれているきのこを存分に味わいませんか。 きのこの基...