シニアSNS『Slownet』

今年も「マスク熱中症」に引き続き注意を!

今年もまたコロナ感染拡大が心配されています。そこで改めて注意したいのがマスク熱中症です。
マスクの装着は熱中症のリスクがかなり高くなります。マスクを上手に活用して熱中症リスクを避けましょう。

今回はマスク熱中症リスクについて、改めて考えていきましょう。

マスクで熱中症リスクが高まる理由は?

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

新型コロナウイルス感染症拡大からしばらく経ちますが、以前の生活とは変わり、アルコール消毒、マスク着用などがすっかり習慣化した方も多いのではないでしょうか?

夏本番。気温の高い日が増えてくると、手で汗を拭ってしまったり、タオルで汗を拭う機会も増えるでしょう。これから暑くなる季節は夏風邪の一種であるプール熱の原因となる「アデノウイルス感染症」の接触感染にも注意が必要です。なるべく手で直接顔に触れたり、タオルを使い回したり、目や鼻、口からウイルスが入らないよう、外出先では腕を肩より上に上げないというルール決めが大事だそうです。

この夏も、昨年と同様、熱中症にも特に注意が必要です。

マスク熱中症にご用心

そもそも人は、夏になり気温が高くなると体内に熱がこもります。体内の熱を汗で発散したり、呼吸をして冷えた空気を身体に取り込んだりすることで、熱を発散していき、体温調節を行っているのです。

しかし、マスクをしている場合。自分の呼吸は暖かい空気なので、暖かい空気しか体に取り込めません。呼吸で体を冷やすことが難しく、むしろ体温を上昇させる可能性もあるのです。

通常、マスクは顔の半分ほどが壊れることになります。だからこそ、より熱がこもりやすくなるのです。熱がこもりやすく発散しにくくなっているということに加え、マスクは加湿されてしまいます。加湿されることで口の渇きを感じにくくなるため、熱中症に気が付きにくくなるので、マスクなしで過ごしていた時よりも、熱中症になるリスクは高まると考えられます。

今年の夏もかなり暑いことが予想されるので、マスク着用による熱中症には十分注意しましょう。

人との距離がある場合などはマスク非着用も推奨

厚生労働省のホームページにはマスク着用についてのアナウンスが行われています。

厚生労働省:マスクの着用について
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kansentaisaku_00001.html

まず屋外で、距離が確保できる場所での会話はマスク着用の必要はなし。屋外で会話をほとんど行わない場合は距離が確保できてもできなくてもマスク着用の必要はないそうです。一方で屋外でも距離が確保できない場所で会話をする場合はマスク着用が推奨されています。

続いて屋内の場合を見ていきましょう。
屋内で会話をする場面だと、距離が確保できる・できないに関わらずマスクの着用が推奨されています。また、会話をほとんど行わなくても、屋内で距離が確保できないならマスクの着用が推奨されています。一方で距離が確保できて会話を行わないならマスクの着用の必要はなしとアナウンスされています(図書館での読書、芸術鑑賞など)。

この夏はきちんとアナウンスに従ってマスクの付け外しの場面をしっかりと見極めましょう。

======
生活にお役立ちの情報がメールマガジンも受け取れる!【無料】Slownet会員登録はこちらから↓

>>次ページ 熱中症の主な症状は?

熱中症の主な症状は?

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

熱中症の症状は大きく分けて次の7つ。

ひとつめはめまいや顔のほてり。立ちくらみ、顔が火照るといった症状がもし出た場合、熱中症のサインかもしれません。一時的に意識が遠のいたり、腹痛などの症状が出る場合もあるので、自分の不調のサインを見逃さないようにしましょう。

二つ目は筋肉痛や筋肉の痙攣。手足の筋肉がガクガクするなどの症状が出る場合があるそうです。筋肉がピクピクと痙攣したり、突然固くなったりしたらもしかすると熱中症かもしれません。

三つ目は体のだるさや吐き気。ぐったりしてしまったり、力が入らなくなったり、吐き気や嘔吐、頭痛などを伴う場合は熱中症の可能性があります。

四つ目は異常発汗。いくら拭っても汗が吹き出る、全く汗をかかなくなったという、汗のかきかたに異常を感じた場合、熱中症に既にかかっている可能性があります。

五つ目は体温が高い・皮膚に異常が出る。体温が高く、皮膚を触るととても熱い、皮膚が赤く乾いたようになっている、といった症状は熱中症のサインかもしれません。

六つ目は意識混濁。声をかけても反応しなかったり、普段ではありえないおかしな返答をしたりする場合、もしくは体ががくがくとひきつけを起こしたり、まっすぐ歩けないといった異常がある時は、重度の熱中症の可能性があります。迷わずすぐに医療機関を受診するようにしましょう。

七つ目は水分補給ができないこと。呼びかけに反応しない、自分で上手に水分補給ができない、という場合はとても危険な状態。無理やり水分を口から飲ませることはやめ、すぐに医療機関を受診するようにしましょう。

熱中症の代表的な症状には「めまい」や「立ちくらみ」「一時的な失神」というものがあるのは前述の通り。

これらは「熱失神」とも呼ばれ、暑い室内に長時間いたり、炎天下にいたり、長時間労働やスポーツなどをすることで、体内に熱がこもり、脳への血流が減少し、脳の温度が上昇することで引き起こされることが分かっています。

熱失神のメカニズム

暑さで体温が上昇すると体にこもった熱を発散しようと、皮膚の血管が拡張します。皮膚の血管が拡張すると全身を流れる血液の量が減少し、それに伴い、血圧が低下し、脳への血流が減少してしまうのです。血流が減少したり、血圧が大きく変化をすることで、顔から血の気が失せ、いわゆる顔面蒼白常体に。その後、めまいや立ちくらみ、一時的な失神といった「熱失神」の症状が現れるわけです。
こうした状態になってしまうと呼吸の回数も増加し、脈は速く打ち、唇のしびれなども感じられるでしょう。
いきなりめまいや失神が起こるというわけではなく、まず全身の倦怠感、吐き気、嘔吐、頭痛といったことを伴うケースもよく見られます。さまざまな要素が組み合わさり、熱失神では脳への血流が損なわれるため、一時的に気を失い、いきなり倒れてしまうようなケースがよく見られるのです。

貧血のメカニズム

こうした症状だけを見ると、熱中症は一般的な貧血と非常に似た症状であることがわかります。

そもそもを貧血というのはどのような症状なのでしょうか?貧血のメカニズムについて見ていきましょう。

人間の血液は、赤血球・白血球・血小板からなる血球成分と血漿成分で構成されていることはご存知の方も多いでしょう。この中で赤血球は生きていく上で欠かすことのできない「酸素」を運搬するヘモグロビンという物質が含まれています。

一般的に貧血と言われる症状は、「ヘモグロビン量が減少した状態」を指すそうです。体内の血液の全体量が不足しているわけではなく、体内の鉄分の不足から、赤血球が十分に作れないことが原因。酸素を運ぶヘモグロビンが減少してしまうため、貧血が起こるわけです。貧血特有の症状としては、「朝すっきり起きられない」「疲れやすい」「めまい」「動悸」「立ちくらみ」「頭痛」といったものが代表的ですが、多くは食生活を改善することで克服できるそうです。

ヘモグロビンは赤血球に含まれている血色素のこと。主成分は鉄とタンパク質。中でも鉄分が非常に重要だと言われており、体内の3分の2もの量がヘモグロビンに含まれているそうです。
食事などで摂取する鉄分は十二指腸で吸収され、肝臓に貯められて、必要に応じて血液中に放出されます。そのため鉄分が不足するとヘモグロビンを十分に生成できなくなり、供給される酸素量が不足するというわけですね。
供給される酸素の量が不足すると、体は命を守ろうと心臓の鼓動や呼吸を早めるというヘモグロビンに変わる代償作用を起こします。酸素の供給量をなるべく多く確保しようというわけですね。

この時の動悸や息切れ、めまい、立ちくらみ、頭痛、疲れという酸欠状態が貧血の7割を占めると言われる「鉄欠乏性貧血のメカニズム」なのです。

熱中症の応急処置

では、熱中症による熱失神が起こった時、どのような対処法が有効なのでしょうか?

めまいや立ちくらみなどの基本的な対処法として、まずは意識がはっきりしているかどうかを確認することが重要です。意識が朦朧としているという場合は、すぐに医療機関を受診するようにしましょう。
意識がまだクリアならば、「安全で涼しい所に移動する」「横になって休む」「保冷剤やペットボトルなどで体を冷やす」「水分補給を行う」といった対処法が有効です。

横になって休む時は、足を頭よりも10センチほど高くすることで、心臓への血流が良くなり、血圧が低下。脳への血流を改善させる効果が期待できます。

保冷剤などで体を冷やす際は、直接あてるのではなく、タオルやハンカチなどでくるむようにしましょう。冷やす場所は、首筋や脇の下などを太い血管が走るところがおすすめ。

水分補給を行う際は、スポーツドリンクや0.1パーセントから0.2パーセントの濃度の食塩水を飲むのが有効です。体内から失われた水分や塩分を補いましょう。もしもこの時、自分でうまく飲めない、嘔吐や吐き気があり水分補給ができない、という場合は医療機関を受診するのがおすすめです。

【熱中症対策におすすめの商品の紹介】

貧血の応急処置

急な貧血の場合、応急処置として、「安静にする」「衣服のボタンやベルトなどを緩める」「体を温める」というのが非常に重要なポイント。もしも日ごろから貧血持ちの方は、こうした対処法を試してみてはいかがでしょうか?

【貧血対策におすすめの商品の紹介】

======
生活にお役立ちの情報がメールマガジンも受け取れる!【無料】Slownet会員登録はこちらから↓

>>次ページ どうしてもきついと感じたときは人混みのない場所でマスクを外して休もう

どうしてもきついと感じたときは人混みのない場所でマスクを外して休もう

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

前述の通り、厚生労働省は夏の高温や多湿での環境下でのマスク着用は、熱中症のリスクを高めることから、特に屋外での活動については「原則マスクを外す」ことを呼びかけています。

新型コロナウイルス感染症の感染対策として、マスク着用というのは重要だと考えられています。ただ、夏の高温や多湿の環境下でのマスクの着用は、熱中症のリスクを高める恐れが非常にあります。

屋外での散歩やランニング通勤・通学などの際は、マスクは必要ないことを厚生労働省は周知していくそうです。夏の屋外はマスク着用による熱中症のリスクが特に高い環境なので、特に運動時にはマスクを外すことは積極的に推奨されています。
ただ、2メートル以内で会話をする時は、マスクを着用することを推奨しています。屋内であっても人との距離が確保できて、会話をほとんど行わない場合は、マスクの着用が必要ないとしています。

マスクを着用する場合は、エアコンや扇風機、換気などで温度や湿度を十分に調節し、暑さを避け、こまめに水分補給することがとても大切です。

======
生活にお役立ちの情報がメールマガジンも受け取れる!【無料】Slownet会員登録はこちらから↓

>>次ページ いつもより熱中症対策を徹底にしよう

いつもより熱中症対策を徹底にしよう

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

今年も熱中症は特に注意を。2022年7月3日までの1週間、全国で1万4,353人が熱中症で救急搬送されたそうです。前週(6月20日〜26日)と比較し、約3.2倍に急増し、1週間の搬送人数としては、5月以降の1週間で最多となったそうです。

高齢者が熱中症になりやすい原因はいくつかあります。

ひとつめは暑さを感じにくくなっているということ。高齢者は若者ほど暑さを感じにくくなっています。通常は気温が上がって体温が上がれば、暑いと感じ発汗し、体温を下げようとします。しかし、高齢者は体温調節機能が低下してしまうため、体温が上昇してしまったとしても、うまく体温を下げられないそうです。

外出の時は暑さを数値で確認できる「熱中症アラーム」などを持って歩くことで熱中症を予防することができます。

【熱中症アラーム】

ふたつめは体内の水分量が減少するということ。高齢者は若年層よりも体内に保持している水分量が少ないといわれています。体温調節には水分が欠かせませんが、そもそも体内に水分をあまり保有していないのなら、ちょっと汗をかいただけで体内から水分が失われ、熱中症になりやすくなってしまうのです。トイレの回数を控えたいといった理由で水分補給を控える方も多いそうです。しかし、体内の老廃物を排出するためにもこまめな水分補給を心がけましょう。ひどく暑い日にはナトリウムが含まれたスポーツドリンクや経口補水液がおすすめです。

【熱中症対策におすすめの商品の紹介】

三つ目の理由は喉の渇きを感じにくくなっているということです。体内の水分量が少なければ、人は自然と喉が渇き、水分を摂取するもの。しかし、喉の渇きを感じにくくなっているため、脱水状態であっても「喉が渇いた」と自覚しにくくなっているようです。水分は「乾く前の飲む」を心がけましょう。

この夏はしっかりと熱中症対策を行い、健康の乗り越えましょう。

======
生活にお役立ちの情報がメールマガジンも受け取れる!【無料】Slownet会員登録はこちらから↓

Exit mobile version