メニュー
ゲストさん
 

夏は食欲がなくなる!健康に過ごすための夏の食事は?

食欲がないときにおすすめの食材は?

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

とはいえ、食欲がないときはいけないことだとはわかっていても、栄養が豊富なものを食べたくなくなるもの。

前述の通り、たんぱく質、ビタミンB1は夏バテ対策としても特に重要です。
たんぱく質は筋肉など人間の身体を作る上で欠かせない栄養。そしてビタミンB1は糖質を燃焼してエネルギーにするために必要な栄養素です。
これらを効率的に摂取するのが疲労回復に効果的だということがわかっており、さらに胃腸の働きも促し、食欲を増進してくれます。

オススメの食材ナンバーワンは意外なことにかまぼこ。
魚のすり身で作るかまぼこは高タンパクで低脂肪な食材です。より気を使うなら天然素材を使ってつくったかまぼこなら、より健康になることでしょう。

続いてオススメなのが豚肉。
豚肉は肉なのでたんぱく質も豊富なのですが、ビタミンB1も豊富。豚ヒレ肉の場合、100グラムあたりのビタミンB1含有量は、鶏ささみや牛もも肉の10倍なのだとか。

夏といえば「うなぎ」も欠かせません。土用の丑の日に代表されるように、夏に食べるイメージがあるうなぎは、ビタミンB1を豊富に含んでいます。蒲焼きは香ばしい香りはより食欲をそそります。

たんぱく質、ビタミンB1のほか鉄分、ミネラルを豊富に含む食材がレバーです。夏バテに非常に効果的なので、特に夏は意識して摂取したいところです。

このほか、身体が疲労しているときはクエン酸が効果的です。
クエン酸は疲労物質を体外に排出する働きがあるので、夏バテの身体には欠かせない栄養です。クエン酸は梅干し、柑橘系などに多く含まれているので、夏はこれらを意識的にとるようにしましょう。

季節のものは季節に食べるのがオススメです。
特に野菜には旬があり、旬に食べるのが非常に美味しいですよね。旬に食べるメリットは美味しいだけでなく、栄養素の量もグッと増えます。

夏に旬を迎えるのはレタス、トマト、きゅうり、ピーマン、かぼちゃ、なす、ゴーヤ、トウモロコシ、ズッキーニなど。特にレタス、トマト、きゅうり、ゴーヤなどは身体を冷やす作用もあります。
これらの食材は夏になると価格も手頃になりますし、ぜひ日々の食卓に取り入れてみてください。

======
生活にお役立ちの情報がメールマガジンも受け取れる!【無料】Slownet会員登録はこちらから↓

Slownet会員登録はこちらから

>>次ページ 普段から夏バテを予防するには?

固定ページ: 1 2 3 4

コメント

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
NEW!
2022年12月8日

健康・美容

ラクしておいしい!健康鍋を食べよう

寒い季節に恋しくなる鍋。晩御飯を作るのが面倒なときには、少ない材料で無駄なく簡単に、しかも栄養バランスの良い「健康鍋」が強い味方です。一品で主菜・副菜・汁物の代わりになる健康鍋で、...
NEW!
2022年12月2日

健康・美容

ダイエットに、健康に。もち麦を食べよう

ご飯に混ぜて炊くだけでダイエットにつながると評判の食材「もち麦」。低糖質ダイエットに興味があるもののご飯はどうしても食べたい人や、イベントが多くてついつい食べ過ぎてしまうこの時期に...
2022年11月27日

健康・美容

「温活」で身体ポカポカ&不調を改善!すぐに始められる冷えとり習慣

今年も「冷え」が気になる季節がやってきました。靴下を何枚履いても足が冷える、体が冷えてよく眠れない……そんなお悩みを抱える方も多いのでは。東洋医学では、体の冷えは「万病のもと」。体...
2022年11月13日

健康・美容

11月14日は世界糖尿病デー。糖尿病患者は予備軍を含めると5人に1人

日本でも11月14日を含む1週間が全国糖尿病週間とされています。糖尿病の患者数は約950万人。日本人の5人に1人が糖尿病かその予備軍です。 糖尿病とは 糖尿病は、血液中...
2022年11月4日

健康・美容

自分の足、チェックしてますか? 下肢静脈瘤の基礎知識

下肢静脈瘤(かしじょうみゃくりゅう)は、ふくらはぎなどの表面の血管がボコボコと浮き出る病気です。患者数は1千万人にのぼり、立ち仕事が多い人、出産経験のある女性などに多く見られます。...
2022年10月28日

健康・美容

低カロリーでヘルシー! 秋のきのこ美味事典

秋はきのこの季節。店頭に並ぶさまざまな種類のきのこを選んだり、山に分け入りきのこ狩りをする楽しみも。ヘルシー食材として親しまれているきのこを存分に味わいませんか。 きのこの基...