メニュー
ゲストさん
 

低カロリーでヘルシー! 秋のきのこ美味事典

秋はきのこの季節。店頭に並ぶさまざまな種類のきのこを選んだり、山に分け入りきのこ狩りをする楽しみも。ヘルシー食材として親しまれているきのこを存分に味わいませんか。

きのこの基礎知識

◆きのこは植物? 野菜?

野菜売り場に並ぶきのこですが、じつは植物ではないので野菜ではなく、菌類。最近はさまざまな種類が1年中出回っていますが、本来は秋に旬を迎えるものが多く、比較的出荷量が増えるのは10月ごろ。

◆注目! 健康パワー

日本人にとって古くからなじみ深い食材で、栄養豊富なことで知られています。生活習慣病の予防や免疫力アップなど、さまざまな健康パワーを秘めています。

1.うれしい低カロリー

100グラムあたり約20キロカロリーと、低カロリー。約90%が水分で、脂質もほとんどありません。

2.豊富なうま味成分

グルタミン酸やグアニル酸など豊富に含まれたうま味成分が調味料の役割を果たすため、塩分控えめでもおいしさを感じ、満足感を得られます。

3.食物繊維が豊富

大腸の働きを活発にする不溶性食物繊維が豊富に含まれていて、腸内環境を改善する効果が期待できます。

4.ビタミンB群の宝庫

糖質や脂質の代謝を促進するビタミンB群を豊富に含んでいるので、糖質や脂質が脂肪として蓄えられるのを抑制する効果が期待できます。

5.免疫力アップ

免疫力を活性化させる食物繊維の「β―グルカン」を豊富に含んでいます。がん予防や血糖値、血圧、コレステロール値の低下も期待できます。

◆きのこの上手な食べ方

肉類のコクをきのこが受け止めてうま味が増す肉料理や、きのこに含まれる免疫力を高める成分を生かす魚介料理、良質のたんぱく質を摂取できる卵・豆腐の料理、きのこの味わいとご飯のおいしさが一体となった炊きこみご飯、きのこの栄養成分を汁ごと取れるスープや汁もの、鍋料理など、毎日の食事にいろいろな種類を少しずつ取り入れたいもの。単品または数種類をミックスした常備菜を用意しておくのもよいでしょう。

固定ページ: 1 2

コメント
  1. 7年程前から食事は全て作っています。キノコ類は1~2日干して乾燥させ保存します。
    料理に使うだけ水で戻し使っています。ストックして有ります。

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
NEW!
2022年11月27日

食べ物

「温活」で身体ポカポカ&不調を改善!すぐに始められる冷えとり習慣

今年も「冷え」が気になる季節がやってきました。靴下を何枚履いても足が冷える、体が冷えてよく眠れない……そんなお悩みを抱える方も多いのでは。東洋医学では、体の冷えは「万病のもと」。体...
2022年11月13日

食べ物

11月14日は世界糖尿病デー。糖尿病患者は予備軍を含めると5人に1人

日本でも11月14日を含む1週間が全国糖尿病週間とされています。糖尿病の患者数は約950万人。日本人の5人に1人が糖尿病かその予備軍です。 糖尿病とは 糖尿病は、血液中...
2022年11月4日

食べ物

自分の足、チェックしてますか? 下肢静脈瘤の基礎知識

下肢静脈瘤(かしじょうみゃくりゅう)は、ふくらはぎなどの表面の血管がボコボコと浮き出る病気です。患者数は1千万人にのぼり、立ち仕事が多い人、出産経験のある女性などに多く見られます。...
2022年10月23日

食べ物

いいことずくめ!たくさん食べたい旬の柿

ことわざで「柿が赤くなると医者が青くなる」といわれるほど、体によいとされる柿。実には栄養素が豊富で、アルコールの分解を促すので二日酔い対策にも。葉は健康茶として用いられるなど、捨て...
2022年10月17日

食べ物

あなたの髪は元気ですか? 夏のダメージ回復 秋のヘアケア

「抜け毛が増えた」「髪に元気がない」などと感じることはありませんか? 1年の中で最も髪が抜けやすいのが、夏の終わりから秋にかけてといわれています。ヘアケアを見直して髪へのダメージ...
2022年10月14日

食べ物

自己判断で放っていませんか? 肩の痛みにご注意

中高年から増えてくる肩の痛み。腕を動かすと痛みが走り、洋服の脱ぎ着や洗髪など、日常生活に支障が起こることも。大半は「五十肩」で、自然と治るものですが、ほかに原因のある場合も。しっか...