メニュー
ゲストさん
大人のSNSで新しい仲間を見つけよう! つながろう! TOSHIBA dynabook V

特集記事:元気のヒント

 

【賢者の養生訓】お茶で健康長寿 千利休

茶は養生の仙薬

昔から、「茶人は長命」と言われます。鎌倉時代に中国から茶の実と喫茶法を持ち帰って伝えた栄西禅師は74歳、わび茶の祖と言われる村田珠光は80歳まで長生きしました。茶の湯を大成した千利休は69歳で切腹させられてしまいましたが、本来なら、もっと長生きしたことでしょう。

鎌倉時代に書かれた我が国最古の茶書『喫茶養生記』に、「茶は養生の仙薬なり 延齢の妙術なり(茶は非常によく効く薬であり、寿命を延ばす優れた手段である)」と記されています。800年を経た現在、それが科学的にも実証されつつあります。

緑茶の代表的な成分であるカテキンには、血圧の上昇を抑制したり、血中コレステロールや血糖値を調整するといった作用があり、生活習慣病の予防効果が期待されています。

また、カテキンはポリフェノールの一種であり、老化防止のカギを握ると言われる抗酸化作用に優れていることも分かっています。

お茶で心と身体を癒す

お茶は、古くは薬として飲まれていましたが、次第に嗜好品として庶民の間にも広まっていきました。

お茶のうま味を決めているのは、テアニンという成分です。テアニンにはリラックス効果があり、しかも即効性が高いと言われています。

茶の湯は、戦国武将の嗜みの一つとして広まりましたが、お茶を飲んでほっと一息入れる時間は、戦闘に明け暮れた武将たちにとっての「癒し」となったことでしょう。

茶人に長生きの人が多いというのは、身体と心のストレスを和らげ、健康維持に役立つ茶葉の効果があったのかもしれません。

「心静かにお茶を一服」。ゆったりした時間を毎日の習慣にしてみてはいかがでしょうか。


<こちらの記事もおすすめ>
・【賢者の養生訓】徳川家康 健康長寿の秘訣
・【賢者の養生訓】エジソン流シンプル健康法

第4回スロー写真大賞審査結果発表
脳レク
関連記事
NEW!
2017年3月30日

元気のヒント

もしも自分の寿命がわかるとしたら… 「知りたい」ですか?

気になるけど知りたくない 気象や災害、病気のリスクなど、さまざまな予測があふれる現代。余命を予測できるようになるのも、そう遠い未来ではないかもしれません。 では、もし、...
NEW!
2017年3月29日

元気のヒント

既婚者と未婚者、ストレスに大差 「常識とは逆」の調査結果に驚いた

コルチゾール値でストレス度を分析 既婚者に比べて未婚者は気ままな生活ができ、ストレスもなさそう…というイメージがあるかもしれませんが、ストレスの目安となるホルモンの量を分析し...
NEW!
2017年3月28日

元気のヒント

【ちょこっと脳トレ!】阪急電鉄の難読駅名

関西を代表する私鉄といえば、阪急電鉄。大阪・梅田と神戸を結ぶ神戸本線、宝塚を結ぶ宝塚本線、京都を結ぶ京都本線と、大きく3つに分かれ、それぞれ支線を持っています。今回の脳トレは、阪急...
NEW!
2017年3月26日

元気のヒント

【けんこう歳時記】3月27日――お花見で「サクラ・セラピー」

樹齢千年を超す長寿桜も 3月27日は「さくらの日」です。1992年、日本さくらの会が制定しました。この日は七十二候(二十四節気をさらに5日ごとに分けた期間)の「桜始開(さくら...
NEW!
2017年3月25日

元気のヒント

栄養豊富なブロッコリー 新芽にも肥満予防、腸内環境改善効果が

ブロッコリースプラウトに注目 多くの栄養素を含み、数々の健康効果が示唆されている野菜のひとつがブロッコリーです。 特にその新芽である「ブロッコリースプラウト」には、抗酸...


\"脳トレドリル。まずはお試し980円\"