メニュー
ゲストさん
【登録無料】大人のSNSを「はじめよう」同世代の仲間と「つながろう」 TOSHIBA dynabook V82
 

【賢者の養生訓】お茶で健康長寿 千利休

茶は養生の仙薬

昔から、「茶人は長命」と言われます。鎌倉時代に中国から茶の実と喫茶法を持ち帰って伝えた栄西禅師は74歳、わび茶の祖と言われる村田珠光は80歳まで長生きしました。茶の湯を大成した千利休は69歳で切腹させられてしまいましたが、本来なら、もっと長生きしたことでしょう。

鎌倉時代に書かれた我が国最古の茶書『喫茶養生記』に、「茶は養生の仙薬なり 延齢の妙術なり(茶は非常によく効く薬であり、寿命を延ばす優れた手段である)」と記されています。800年を経た現在、それが科学的にも実証されつつあります。

緑茶の代表的な成分であるカテキンには、血圧の上昇を抑制したり、血中コレステロールや血糖値を調整するといった作用があり、生活習慣病の予防効果が期待されています。

また、カテキンはポリフェノールの一種であり、老化防止のカギを握ると言われる抗酸化作用に優れていることも分かっています。

お茶で心と身体を癒す

お茶は、古くは薬として飲まれていましたが、次第に嗜好品として庶民の間にも広まっていきました。

お茶のうま味を決めているのは、テアニンという成分です。テアニンにはリラックス効果があり、しかも即効性が高いと言われています。

茶の湯は、戦国武将の嗜みの一つとして広まりましたが、お茶を飲んでほっと一息入れる時間は、戦闘に明け暮れた武将たちにとっての「癒し」となったことでしょう。

茶人に長生きの人が多いというのは、身体と心のストレスを和らげ、健康維持に役立つ茶葉の効果があったのかもしれません。

「心静かにお茶を一服」。ゆったりした時間を毎日の習慣にしてみてはいかがでしょうか。


<こちらの記事もおすすめ>
・【賢者の養生訓】徳川家康 健康長寿の秘訣
・【賢者の養生訓】エジソン流シンプル健康法

コメント

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
2018年5月17日

元気のヒント

【けんこう歳時記】5月17日――高血圧予防、食塩1日6gってどのくらい?

「減塩の日」もスタート 5月17日は「高血圧の日」です。2007年に国際高血圧学会の一部門である、世界高血圧リーグがこの日を「世界高血圧デー」として啓発活動を始めたことになら...
2018年4月14日

元気のヒント

アクティブシニアは持っておきたい!暮らしを助ける便利な商品たち

「なんだか最近ピントが合わなくなってきた。老眼が進行しているのかな?」 年齢を重ねると避けては通れない老眼。 どんなに目がいい人であっても、いつかは必ず老眼になってしまうも...
2018年4月2日

元気のヒント

【ゴールデンライフ】糖尿病1000万人時代、知っておきたい糖尿病の新常識

シニア応援マガジン『ゴールデンライフ』より提供しております。 さまざまな合併症を引き起こす糖尿病。 健康診断で「血糖値に異常がないから大丈夫」と安心していませんか? 糖尿...
2018年1月5日

元気のヒント

「本当に私?」と思うほどのイビキがきっちり記録できるアプリ「いびきラボ」

「ああ!もういびきがうるさい!」と思わず叫んでしまった経験はないでしょうか? 夫婦一緒の部屋で寝ていると、どちらか一方のいびきがうるさくて、なかなか寝られないことってありますよね。...
2018年1月5日

元気のヒント

シニアに人気の「プチ湯治」プラン。関節痛や冷え性に

「最近膝が痛いし、湯治でもしてじっくり治したい」「なんだかもやもやするし、リフレッシュしたい」寒い季節だからこそ、ゆっくりと温泉に浸かり、心も体も癒してみませんか? 今、シニア向け...
2017年11月14日

元気のヒント

【60代・70代】いつまでも脳を若々しく保ちたい!認知症予防にも役立つ生涯学習のすすめ

平均寿命が80代を超えようとしているこの時代だからこそ、リタイア後の60代・70代のシニア世代にとって生涯学習は必要不可欠です。趣味として開いている時間を有益に活動できるだけでなく...