メニュー
ゲストさん
大人のSNSで新しい仲間を見つけよう! つながろう! TOSHIBA dynabook V
 

【賢者の養生訓】お茶で健康長寿 千利休

茶は養生の仙薬

昔から、「茶人は長命」と言われます。鎌倉時代に中国から茶の実と喫茶法を持ち帰って伝えた栄西禅師は74歳、わび茶の祖と言われる村田珠光は80歳まで長生きしました。茶の湯を大成した千利休は69歳で切腹させられてしまいましたが、本来なら、もっと長生きしたことでしょう。

鎌倉時代に書かれた我が国最古の茶書『喫茶養生記』に、「茶は養生の仙薬なり 延齢の妙術なり(茶は非常によく効く薬であり、寿命を延ばす優れた手段である)」と記されています。800年を経た現在、それが科学的にも実証されつつあります。

緑茶の代表的な成分であるカテキンには、血圧の上昇を抑制したり、血中コレステロールや血糖値を調整するといった作用があり、生活習慣病の予防効果が期待されています。

また、カテキンはポリフェノールの一種であり、老化防止のカギを握ると言われる抗酸化作用に優れていることも分かっています。

お茶で心と身体を癒す

お茶は、古くは薬として飲まれていましたが、次第に嗜好品として庶民の間にも広まっていきました。

お茶のうま味を決めているのは、テアニンという成分です。テアニンにはリラックス効果があり、しかも即効性が高いと言われています。

茶の湯は、戦国武将の嗜みの一つとして広まりましたが、お茶を飲んでほっと一息入れる時間は、戦闘に明け暮れた武将たちにとっての「癒し」となったことでしょう。

茶人に長生きの人が多いというのは、身体と心のストレスを和らげ、健康維持に役立つ茶葉の効果があったのかもしれません。

「心静かにお茶を一服」。ゆったりした時間を毎日の習慣にしてみてはいかがでしょうか。


<こちらの記事もおすすめ>
・【賢者の養生訓】徳川家康 健康長寿の秘訣
・【賢者の養生訓】エジソン流シンプル健康法

コメント

コメントを書く(クリックしてください)

人気記事
2017年7月2日

元気のヒント

「失ってから後悔したもの」 髪の毛をしのぐ1位は…?

「衰えを感じた」のは57.1歳 年齢を重ね、自分の体について変化したこと、失ったものは何ですか? その中で、もっとも後悔しているものは…? 矯正歯科治療を提供するアライ...
2017年7月16日

元気のヒント

2015年の都道府県別死亡率発表 ワースト1位となったのは…

死亡率上位に多いのは東北 47都道府県別の健康度を示すランキングなどでよく登場するのが、死亡率の順位です。全死因(すべての理由を含む死亡)や各種がんでの死亡率を比較したデータ...
2017年8月6日

元気のヒント

ひざからポキポキ音がする 実は変形性膝関節症のサイン

医師にも音の意味がわからなかった しゃがむ、立ち上がるなどひざを曲げる動作をしたとき、ひざから「ポキポキ」と音がしたことがありませんか。 音自体は指をポキポキと鳴らした...
2017年2月14日

元気のヒント

50歳超えても「認知機能」が衰えない人 「ある行為」を続けていた!

英国でユニークな研究 認知機能を維持できる、向上させるとされる運動や食品はさまざまな研究によって数多く示唆されています。 そんな中、英国の研究者らによって、50歳以上に...
2017年3月29日

元気のヒント

既婚者と未婚者、ストレスに大差 「常識とは逆」の調査結果に驚いた

コルチゾール値でストレス度を分析 既婚者に比べて未婚者は気ままな生活ができ、ストレスもなさそう…というイメージがあるかもしれませんが、ストレスの目安となるホルモンの量を分析し...
2017年7月29日

男と女の体相談室

【男の相談室】コンドームいらずの男性避妊薬 注射1本、生殖機能回復も可能

避妊といえばコンドームや女性が内服するピル(経口避妊薬)などが一般的だが、ペニスにジェル状の半固形物を注射して精子をとめる男性用避妊薬の開発が進んでいる。 この避妊薬は「ベイ...
関連記事
NEW!
2017年8月20日

元気のヒント

クロスワードで認知機能が改善される? 国際アルツハイマー会議で最新調査が発表

「脳トレ」のエビデンスはない 認知症の予防などで、クロスワードのような「脳トレ」が効果があるのか。 2017年7月17日にロンドンで開催された最新の国際アルツハイマー会...
NEW!
2017年8月19日

元気のヒント

【ちょこっと脳トレ!】JR四国の難読駅名 あなたはいくつ読めますか?

JR四国は1987年に発足しました。四国四県と岡山というJR旅客6社の中で最小規模なものの、総営業キロ数は約855キロにも及びます。 この難読駅名、いくつ読めるか挑戦してみてくだ...
NEW!
2017年8月18日

元気のヒント

【けんこう歳時記】8月18日――糸ようじが強烈にクサイ。なぜ…?

歯間清掃率低い日本 40代から増える歯周病。予防には、ブラッシングに加えて、デンタルフロスや糸ようじなどを利用して、歯間の掃除をすると効果的です。 ところが、日常的に歯...
NEW!
2017年8月17日

元気のヒント

ヨガを実践している女性は脳も健康 集中力が求められる動作に秘密がある?

ヨガをしている人とスポーツをしている人を比較 加齢による認知機能や注意力、記憶力の低下の大きな要因となっているのが、大脳の表面に広がる「大脳皮質」という部位の委縮です。 ...
NEW!
2017年8月16日

元気のヒント

【けんこうアプリ調査隊】「大人のぬり絵」、タップで楽しむ

大人もハマる「ぬり絵」 「大人のぬり絵」が人気です。ぬり絵というと、子どもの遊びのイメージですが、フランスでは「コロリアージュ」と呼ばれ、ストレス解消やリラックス効果があるアート...
NEW!
2017年8月15日

元気のヒント

50~60代 目の健康「気になる」が97.2%

小さい文字が見えにくい 目の疲れやかすみ、見えづらさ。目の健康について、最も気になるのは、どんなことですか? 「オレンジページくらし予報」が50~60代の男女398人に...


モデル募集

脳トレドリル。まずはお試し980円

ちょこっと脳トレ!
男と女の体相談室