メニュー
ゲストさん
大人のSNSで新しい仲間を見つけよう! つながろう! TOSHIBA dynabook V

特集記事:元気のヒント

 

【賢者の養生訓】お茶で健康長寿 千利休

茶は養生の仙薬

昔から、「茶人は長命」と言われます。鎌倉時代に中国から茶の実と喫茶法を持ち帰って伝えた栄西禅師は74歳、わび茶の祖と言われる村田珠光は80歳まで長生きしました。茶の湯を大成した千利休は69歳で切腹させられてしまいましたが、本来なら、もっと長生きしたことでしょう。

鎌倉時代に書かれた我が国最古の茶書『喫茶養生記』に、「茶は養生の仙薬なり 延齢の妙術なり(茶は非常によく効く薬であり、寿命を延ばす優れた手段である)」と記されています。800年を経た現在、それが科学的にも実証されつつあります。

緑茶の代表的な成分であるカテキンには、血圧の上昇を抑制したり、血中コレステロールや血糖値を調整するといった作用があり、生活習慣病の予防効果が期待されています。

また、カテキンはポリフェノールの一種であり、老化防止のカギを握ると言われる抗酸化作用に優れていることも分かっています。

お茶で心と身体を癒す

お茶は、古くは薬として飲まれていましたが、次第に嗜好品として庶民の間にも広まっていきました。

お茶のうま味を決めているのは、テアニンという成分です。テアニンにはリラックス効果があり、しかも即効性が高いと言われています。

茶の湯は、戦国武将の嗜みの一つとして広まりましたが、お茶を飲んでほっと一息入れる時間は、戦闘に明け暮れた武将たちにとっての「癒し」となったことでしょう。

茶人に長生きの人が多いというのは、身体と心のストレスを和らげ、健康維持に役立つ茶葉の効果があったのかもしれません。

「心静かにお茶を一服」。ゆったりした時間を毎日の習慣にしてみてはいかがでしょうか。


<こちらの記事もおすすめ>
・【賢者の養生訓】徳川家康 健康長寿の秘訣
・【賢者の養生訓】エジソン流シンプル健康法

関連記事
NEW!
2017年1月19日

元気のヒント

【けんこう歳時記】1月20日――大寒は甘酒で温まろう

「飲む美容液」と呼ばれるワケ 1月20日は二十四節気の「大寒」。1年でもっとも寒く、温かい飲み物がほしくなる時期です。 甘酒飲料大手の森永製菓は、大寒のころに甘酒がもっ...
NEW!
2017年1月18日

元気のヒント

【賢者の養生訓】チャレンジし続けた人、ピカソ

  過去に興味はない スペインの画家ピカソ(1881〜1973)は、油絵や版画から彫刻にいたるまで多方面に才能を開花させ、91歳で亡くなるまでに、およそ15万点も...
NEW!
2017年1月17日

元気のヒント

かかあ天下日本一は長崎県 では亭主関白は?

『関白宣言』と正反対 夫婦円満は長生きの秘訣と言われます。でも夫婦の姿や生活意識は、住んでいる都道府県によって大きく異なるようです。ソニー生命保険株式会社が、全国の20~59...
NEW!
2017年1月16日

元気のヒント

【ちょこっと脳トレ!】いくつ読める? 京都の難読地名

最近うっかり、物忘れが増えたなんてことはありませんか? 脳は筋肉と同じで、使わないと衰えてしまうので、日頃から意識して使うようにしたいものです。そこで、気軽に「ちょこっと脳...
NEW!
2017年1月15日

元気のヒント

心臓や血管の病気で死亡するリスク 大きく下げるスポーツがあった

  水泳、ラケット、エアロビが効果大 スポーツは健康にいいと言われます。では、脳卒中や心筋梗塞といった、「心臓や血管の病気で死亡するリスクを下げる」スポーツはあるのでしょうか。...

スローネットでできること
地域情報発信コーナーぶらっと!
おすすめサークル
短歌
道草
思わず(・m・ )クスッの写真集
◆四季を楽しむ花◆