メニュー
ゲストさん
【登録無料】大人のSNSを「はじめよう」同世代の仲間と「つながろう」 TOSHIBA dynabook V82
 

【けんこう歳時記】5月17日――高血圧予防、食塩1日6gってどのくらい?

「減塩の日」もスタート

5月17日は「高血圧の日」です。2007年に国際高血圧学会の一部門である、世界高血圧リーグがこの日を「世界高血圧デー」として啓発活動を始めたことにならい、日本高血圧学会と日本高血圧協会が制定しました。

日本では成人の3人に1人、高齢者の3人に2人が高血圧と診断されています。脳卒中や心臓病、腎臓病など深刻な病気につながる恐れがあるにも関わらず、自覚症状がないため治療をせずに放置している人が多いことが問題になっています。

高血圧を引き起こす主な原因のひとつに、塩分のとり過ぎがあります。諸外国と比べて塩分摂取量の多い日本人は、とくに注意が必要です。

厚生労働省が推奨する1日の塩分摂取量は男性8g未満、女性7g未満。日本高血圧学会ではさらに厳しく、高血圧の治療・予防には1日6g未満が望ましいとしています。これに対し、現在の食塩摂取量の平均は10.4gと目標には遠く及びません(※)。そこで、同学会は今年、新たに毎月17日を「減塩の日」に定め、5月からスタートしました。

減塩のコツ

食塩6gは、小さじ1杯に相当します。たとえば、みそ汁1杯に含まれる塩分量は1.5g、塩鮭一切れ3.5g、梅干し1個2g。朝食だけですでにオーバーしてしまいます。また、うどんやラーメンなどの麺類、ハム、ソーセージ、練り物などの加工品にも塩分が多く含まれています。多くの人が「普通の」食生活を送っていれば、1日で10gを軽く超えてしまいそうです。

濃い味に慣れた味覚を変えるのは難しいことですが、日本高血圧学会では、次のような「減塩のコツ」を提案しています。

  • 新鮮な食材を用い、素材の持ち味を楽しむ
  • 香辛料や香味野菜、果物の酸味を利用する
  • 低塩調味料を使う
  • みそ汁は具だくさんに(汁を少なく)
  • 外食・加工食品・漬物は控える
  • 麺類の汁は残す

最初は物足りなく感じるかもしれませんが、まずは1皿から始めるなど、徐々に薄味に慣らしていきましょう。

※厚生労働省「平成24年度国民健康・栄養調査」より

【記事関連商品のご紹介】

コメント
  1. 白身のお刺身も天然塩が旨いですね
    ましてステーキは塩とブラックペッパーが最高
    我慢できるかな⁈(>_<)

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
2018年4月14日

元気のヒント

アクティブシニアは持っておきたい!暮らしを助ける便利な商品たち

「なんだか最近ピントが合わなくなってきた。老眼が進行しているのかな?」 年齢を重ねると避けては通れない老眼。 どんなに目がいい人であっても、いつかは必ず老眼になってしまうも...
2018年4月2日

元気のヒント

【ゴールデンライフ】糖尿病1000万人時代、知っておきたい糖尿病の新常識

シニア応援マガジン『ゴールデンライフ』より提供しております。 さまざまな合併症を引き起こす糖尿病。 健康診断で「血糖値に異常がないから大丈夫」と安心していませんか? 糖尿...
2018年1月5日

元気のヒント

「本当に私?」と思うほどのイビキがきっちり記録できるアプリ「いびきラボ」

「ああ!もういびきがうるさい!」と思わず叫んでしまった経験はないでしょうか? 夫婦一緒の部屋で寝ていると、どちらか一方のいびきがうるさくて、なかなか寝られないことってありますよね。...
2018年1月5日

元気のヒント

シニアに人気の「プチ湯治」プラン。関節痛や冷え性に

「最近膝が痛いし、湯治でもしてじっくり治したい」「なんだかもやもやするし、リフレッシュしたい」寒い季節だからこそ、ゆっくりと温泉に浸かり、心も体も癒してみませんか? 今、シニア向け...
2017年11月14日

元気のヒント

【60代・70代】いつまでも脳を若々しく保ちたい!認知症予防にも役立つ生涯学習のすすめ

平均寿命が80代を超えようとしているこの時代だからこそ、リタイア後の60代・70代のシニア世代にとって生涯学習は必要不可欠です。趣味として開いている時間を有益に活動できるだけでなく...
2017年9月22日

元気のヒント

加齢による体の衰えは予防が可能 最も効果的なのはやっぱり「運動」

体の衰えも病気の一種か 年を重ねるごとに筋力の低下や疲れやすくなる、動作が緩慢になる、体重が軽くなってしまうといった体の衰え(フレイル)を感じているという人は少なくないでしょ...