メニュー
ゲストさん
大人のSNSで新しい仲間を見つけよう! つながろう! TOSHIBA dynabook V
 

【男と女の体相談室】60~70代の20~30%が「失明予備軍」 突然目の前が真っ黒、物が歪んで見える

欧米では失明原因第1位という恐ろしい目の病気「加齢性黄斑変性」。日本ではまだなじみが薄いが、初めての本格的な調査で60~70歳代の20~30%がかかっていることがわかった。

2016年4月9日に開かれた日本眼科学会総会で、大津赤十字病院眼科部長の山城賢治医師が、滋賀県長浜市と京都大学が共同で行なっている健康調査研究(ながはま予防コホート)のデータをもとに報告した。

いつまでもしっかり見たい

高齢化と食生活の欧米化により近年急増

日本眼科学会のウェブサイトによると、加齢性黄斑変性は老化現象の1つで、見ようとするところが真っ黒になったり、物がグネグネと歪んで見えたりする病気だ。目の網膜の中心にある黄斑に老廃物がたまって発症する。網膜は、カメラでいえばフィルムにあたり、黄斑は映像が焦点を結ぶ箇所にあたる。ただし、フィルムではどの部分でもよく写るが、網膜では黄斑だけがよく写り、ほかの部分はぼやけて見える。

このため、黄斑は非常に小さな部分なのに、それが機能しなくなると網膜の他の部分は正常でも視力が著しく低下する。治療せずに放置すると、多くの患者は視力0.1以下になり、さらに悪化すると失明に至るという。

日本では昭和30年頃までほとんどみられなかったが、高齢化と食生活の欧米化により近年急増しており、緑内障、糖尿病性網膜症、網膜色素変性に次いで失明原因の4位に上昇した。これまで、日本では高齢者の有病率を調べたデータはなく、日本眼科学会のウェブサイトにも「50歳以上の約1%にみられ、高齢になるほど多くみられる」と記されているだけだ。

「ながはま予防コホート」は、長浜市が募集した30~74歳までの男女約1万人の血液、尿、DNA・遺伝子配列情報、健康診断結果など多くの健康・医療情報を京都大学などの研究機関に提供し、がんや脳卒中、生活習慣病など様々な病気の予防に役立てようという試みだ。1万人規模の詳細な検査データを10年以上にわたって追跡する取り組みは全国初である。

山城賢治医師らのチームは、60~74歳の全参加者の眼科検診データを分析した。網膜の中にたまる老廃物のカルシウム量など、加齢性黄斑変性の初期にみられる4つの因子を測定した結果、60~69歳の23.4%、70~74歳の31.2%が早期加齢性黄斑変性を発症していることがわかった。ちなみに、かなり進んだ後期では、60~69歳の0.5%、70~74歳の1.0%がかかっていた。

予防にはホウレンソウとニンジンをもりもり食べよう

これまで考えられていたより、はるかに多くの人がかかっていたわけだ。加齢性黄斑変性は、老眼や白内障が進行する年齢と重なるため、かなり進行しないとわかりにくい。運転免許の更新時に視力検査でひっかかり、眼科を受診して気づくケースが多い。ある日突然、目の前のビルがゆがんだり、人の顔が黒ずんで見えたりして衝撃を受ける人もいる。眼科を受診すると、「アムスラー検査」という碁盤の目型の図を見る方法で簡単に診断されるので、50歳を過ぎたら定期的に検診するとよい。かつては治療法がなかったが、最近はいくつか開発され、早期の段階だと視力の維持や改善が図られる。

予防するには、緑黄色野菜をたっぷりとるのがいちばんだ。2015年10月に米ハーバード大学が発表した研究によると、約10万2000人の健康データを分析した結果、ニンジンやホウレンソウなどに含まれるカロテノイド(植物の色素)をたくさんとっている人は、とらない人に比べ、加齢性黄斑変性を発症するリスクが40%以上も減ることがわかったのだ。

提供元:J-CASTヘルスケア

<こちらの記事もおすすめ>
初めての薄毛、初めての老眼… からだの変化に気づいたのはいつ?
ビタミンCで白内障が予防できる――双子の追跡調査でわかった

コメント
  1. 近年では大病も大病でなくなったというのもあるそうだが、兎も角自ら大病で彼岸の景観を瞥見し、此岸に帰還した私です― といろんな集いで挨拶している。このこころは、自らの健康、保健に心掛けろ、かけがえのない「生命」をもっと大切にしろという意味に他ならない。具体的には、勝手に今の健康状態に甘んじることなく健康な時にこそ務めて検診に励むことだ。危機管理こそ自己責任の基本・元標であり、間際の時に皆の衆を泣かせる前に、そうならないように自らの備えを出来るだけ講じておくことであり、また皆とこうして会いたいと思うよう、常に伝え、繋ぐ予行演習のつもりで臨むことではないだろうか。

  2. 80歳の高齢となり、眼病としては昨年よりドライアイと眼瞼痙攣(けいれん)になり悩まされています。
    数カ月ごとにポトックス注射というものを眼の周辺に打たなければなりません。他に毎日ヒアレインという水溶薬を注入することが必要です。ドライアイは治癒の可能性はありますが、眼瞼痙攣は生涯の友となりそうです。

コメントを書く(クリックしてください)

人気記事
2017年7月2日

元気のヒント

「失ってから後悔したもの」 髪の毛をしのぐ1位は…?

「衰えを感じた」のは57.1歳 年齢を重ね、自分の体について変化したこと、失ったものは何ですか? その中で、もっとも後悔しているものは…? 矯正歯科治療を提供するアライ...
2017年7月16日

元気のヒント

2015年の都道府県別死亡率発表 ワースト1位となったのは…

死亡率上位に多いのは東北 47都道府県別の健康度を示すランキングなどでよく登場するのが、死亡率の順位です。全死因(すべての理由を含む死亡)や各種がんでの死亡率を比較したデータ...
2017年2月14日

元気のヒント

50歳超えても「認知機能」が衰えない人 「ある行為」を続けていた!

英国でユニークな研究 認知機能を維持できる、向上させるとされる運動や食品はさまざまな研究によって数多く示唆されています。 そんな中、英国の研究者らによって、50歳以上に...
2017年8月6日

元気のヒント

ひざからポキポキ音がする 実は変形性膝関節症のサイン

医師にも音の意味がわからなかった しゃがむ、立ち上がるなどひざを曲げる動作をしたとき、ひざから「ポキポキ」と音がしたことがありませんか。 音自体は指をポキポキと鳴らした...
2017年3月29日

元気のヒント

既婚者と未婚者、ストレスに大差 「常識とは逆」の調査結果に驚いた

コルチゾール値でストレス度を分析 既婚者に比べて未婚者は気ままな生活ができ、ストレスもなさそう…というイメージがあるかもしれませんが、ストレスの目安となるホルモンの量を分析し...
2017年7月29日

男と女の体相談室

【男の相談室】コンドームいらずの男性避妊薬 注射1本、生殖機能回復も可能

避妊といえばコンドームや女性が内服するピル(経口避妊薬)などが一般的だが、ペニスにジェル状の半固形物を注射して精子をとめる男性用避妊薬の開発が進んでいる。 この避妊薬は「ベイ...
関連記事
NEW!
2017年8月17日

男と女の体相談室

ヨガを実践している女性は脳も健康 集中力が求められる動作に秘密がある?

ヨガをしている人とスポーツをしている人を比較 加齢による認知機能や注意力、記憶力の低下の大きな要因となっているのが、大脳の表面に広がる「大脳皮質」という部位の委縮です。 ...
NEW!
2017年8月16日

男と女の体相談室

【けんこうアプリ調査隊】「大人のぬり絵」、タップで楽しむ

大人もハマる「ぬり絵」 「大人のぬり絵」が人気です。ぬり絵というと、子どもの遊びのイメージですが、フランスでは「コロリアージュ」と呼ばれ、ストレス解消やリラックス効果があるアート...
NEW!
2017年8月15日

男と女の体相談室

50~60代 目の健康「気になる」が97.2%

小さい文字が見えにくい 目の疲れやかすみ、見えづらさ。目の健康について、最も気になるのは、どんなことですか? 「オレンジページくらし予報」が50~60代の男女398人に...
NEW!
2017年8月14日

男と女の体相談室

【女の相談室】恥ずかしくて相談できない突然の尿漏れ まずは「ユーユーアイ」と言い換えよう

突然、我慢できないほどオシッコがしたくなり、トイレに間に合わずに漏らしてしまう「切迫性尿失禁」。40代以上の男女、特に女性に多い病気だが、恥ずかしさもあって専門医に相談しない人がほ...
NEW!
2017年8月13日

男と女の体相談室

お酒を飲むと人が変わる? 周りから見るとほとんど変わっていない

5つの要素から性格を評価 お酒を飲むと人が変わるとよく言われますが、実は科学的に「飲酒によって正確が変わるか」は確認されていませんでした。 そこで、米国のミズーリ大学の...
NEW!
2017年8月12日

男と女の体相談室

【ちょこっと脳トレ!】試される大地!JR北海道の難読駅名

JR北海道は、総営業キロ数が約2500キロ。北海道全域と青森県の一部をカバーする在来線と、2016年に開業した北海道新幹線があります。北海道ならではの読み方が難しい駅名が数多くある...


モデル募集

脳トレドリル。まずはお試し980円

ちょこっと脳トレ!
男と女の体相談室