メニュー
ゲストさん
大人のSNSで新しい仲間を見つけよう! つながろう! TOSHIBA dynabook V
 

【男と女の相談室】腰痛の隠れた主犯はタバコだった もっと激しい首の痛みにも関与

ズキンズキンと泣きたくなる痛みが襲ってくる腰。ひょっとしてアナタはタバコを吸っていないだろうか。実はタバコはアナタが思っている以上に腰に悪いヤツなのだ。

腰痛専門クリニックに通う患者の8割は喫煙者という統計がある。最近は、腰ばかりか首の激痛にもタバコが関わっている研究が出たほどだ。

タバコの悪行の歴史に新たな1ページが

1日20本を8週間吸い続けると腰の骨ボロボロ

2012年、日本整形外科学会と日本腰痛学会が合同で「腰痛診療ガイドライン」をまとめた。その中で、生活習慣の中で特に気を付ける危険因子としてあげた2つが「運動不足」と「喫煙」だった。一般からみると危険因子に入りそうな「肥満」が、「腰痛との間に(医学的な)相関関係はない」として外されたことを考えると、いかにタバコがよくないかわかる。

腰痛専門医のウエブサイトを見ると、腰痛には大きく分けて2つの原因がある。1つ目が、腰椎間板ヘルニアなど腰回りの骨の異常からくるもの。こういった疾患は腰痛全体の約15%だ。残りのほとんどは原因がはっきりしない腰痛で、多くは筋膜性腰痛と診断される。その大半は血流が不十分なこと、つまり血のめぐりが悪いことから起こる。そして、タバコは腰椎間板ヘルニアと血流悪化という両方の原因の隠れた「主犯」的存在なのだ。

従来から、腰痛患者に喫煙者が非常に多いためタバコが関係しているとみられてきたが、メカニズムはわからなかった。2002年に松崎浩巳・日本大学教授がウサギの実験で、初めてニコチンが腰椎間板を破壊する恐ろしい仕組みを解明した。

タバコを1日20本吸う人間と同じ血中濃度になるように、ニコチンを溶かした液体を4~12週間ウサギに与えた。そして、ウサギを解剖して腰椎間板の変化を調べた。すると、8週間以上与えると腰椎間板に亀裂が走ったり、中が空洞になったりして弾力を失い、指で押すと簡単につぶれることがわかった。

血の巡りを悪くさせ、コラーゲンも減らす

なぜ、腰椎間板がボロボロにもろくなるのだろうか。

椎間板は、背骨と背骨の間にありクッションの役割を果たす。椎間板には血管がないので、栄養分は周囲の毛細血管から吸収する。タバコを吸うと一酸化炭素が血管内に溶け込んで赤血球にくっつく。すると赤血球が酸素を運べなくなり、酸素不足になる細胞組織が多くなって、腰椎間板の成長が阻害される。

もう一つはニコチンの毒素の悪影響だ。ニコチンは血管を収縮させる作用があるため、腰椎間板周辺の毛細血管までも収縮させ、栄養分が行き渡らなくなる。また、腰椎間板はコラーゲンで作られる。コラーゲンはビタミンCの働きでできるが、ニコチンはビタミンCの消費を促進する作用があり、コラーゲンを減らしてしまうのだ。

腰椎間板は、バームクーヘンのように輪が重なった形をしており、中に水分を含むゼリー状物質が詰まっている。ニコチンの悪影響で輪の部分に亀裂が入ってゼリーが飛び出し、周辺の神経を刺激して激痛が走るのが腰椎間板ヘルニアだ。こうしてタバコは、腰椎間板ヘルニアを発症させるだけでなく、血流も悪くするので二重に腰痛の原因を作るわけだ。

2016年2月、タバコは首の激痛である「頸椎椎間板ヘルニア(頸椎椎間板変性疾患)」をも引き起こすという研究が、米エモリー大学の医師らによって米国物理療法専門医会で発表された。頸椎椎間板ヘルニアは腰椎間板ヘルニアと症状は似ているが、脳に近い分、痛みはもっと激しいといわれる。これまでもタバコとの関係が疑われていたが、立証した研究はなかった。メカニズムは腰痛とまったく同じだ。

エモリー大学のミッチェル・リービット医師はこう語っている。

「今回の研究は、タバコの有害作用の新しい1ページを開くもので、患者に禁煙を説く医師の援護射撃になります。数々の悪影響が指摘されている中で、これ以上何が必要だというのでしょうか」

提供元:J-CASTヘルスケア

コメント

コメントを書く(クリックしてください)

人気記事
2017年7月2日

元気のヒント

「失ってから後悔したもの」 髪の毛をしのぐ1位は…?

「衰えを感じた」のは57.1歳 年齢を重ね、自分の体について変化したこと、失ったものは何ですか? その中で、もっとも後悔しているものは…? 矯正歯科治療を提供するアライ...
2017年7月16日

元気のヒント

2015年の都道府県別死亡率発表 ワースト1位となったのは…

死亡率上位に多いのは東北 47都道府県別の健康度を示すランキングなどでよく登場するのが、死亡率の順位です。全死因(すべての理由を含む死亡)や各種がんでの死亡率を比較したデータ...
2017年2月14日

元気のヒント

50歳超えても「認知機能」が衰えない人 「ある行為」を続けていた!

英国でユニークな研究 認知機能を維持できる、向上させるとされる運動や食品はさまざまな研究によって数多く示唆されています。 そんな中、英国の研究者らによって、50歳以上に...
2017年8月6日

元気のヒント

ひざからポキポキ音がする 実は変形性膝関節症のサイン

医師にも音の意味がわからなかった しゃがむ、立ち上がるなどひざを曲げる動作をしたとき、ひざから「ポキポキ」と音がしたことがありませんか。 音自体は指をポキポキと鳴らした...
2017年3月29日

元気のヒント

既婚者と未婚者、ストレスに大差 「常識とは逆」の調査結果に驚いた

コルチゾール値でストレス度を分析 既婚者に比べて未婚者は気ままな生活ができ、ストレスもなさそう…というイメージがあるかもしれませんが、ストレスの目安となるホルモンの量を分析し...
2017年7月29日

男と女の体相談室

【男の相談室】コンドームいらずの男性避妊薬 注射1本、生殖機能回復も可能

避妊といえばコンドームや女性が内服するピル(経口避妊薬)などが一般的だが、ペニスにジェル状の半固形物を注射して精子をとめる男性用避妊薬の開発が進んでいる。 この避妊薬は「ベイ...
関連記事
NEW!
2017年8月17日

男と女の体相談室

ヨガを実践している女性は脳も健康 集中力が求められる動作に秘密がある?

ヨガをしている人とスポーツをしている人を比較 加齢による認知機能や注意力、記憶力の低下の大きな要因となっているのが、大脳の表面に広がる「大脳皮質」という部位の委縮です。 ...
NEW!
2017年8月16日

男と女の体相談室

【けんこうアプリ調査隊】「大人のぬり絵」、タップで楽しむ

大人もハマる「ぬり絵」 「大人のぬり絵」が人気です。ぬり絵というと、子どもの遊びのイメージですが、フランスでは「コロリアージュ」と呼ばれ、ストレス解消やリラックス効果があるアート...
NEW!
2017年8月15日

男と女の体相談室

50~60代 目の健康「気になる」が97.2%

小さい文字が見えにくい 目の疲れやかすみ、見えづらさ。目の健康について、最も気になるのは、どんなことですか? 「オレンジページくらし予報」が50~60代の男女398人に...
NEW!
2017年8月14日

男と女の体相談室

【女の相談室】恥ずかしくて相談できない突然の尿漏れ まずは「ユーユーアイ」と言い換えよう

突然、我慢できないほどオシッコがしたくなり、トイレに間に合わずに漏らしてしまう「切迫性尿失禁」。40代以上の男女、特に女性に多い病気だが、恥ずかしさもあって専門医に相談しない人がほ...
NEW!
2017年8月13日

男と女の体相談室

お酒を飲むと人が変わる? 周りから見るとほとんど変わっていない

5つの要素から性格を評価 お酒を飲むと人が変わるとよく言われますが、実は科学的に「飲酒によって正確が変わるか」は確認されていませんでした。 そこで、米国のミズーリ大学の...
NEW!
2017年8月12日

男と女の体相談室

【ちょこっと脳トレ!】試される大地!JR北海道の難読駅名

JR北海道は、総営業キロ数が約2500キロ。北海道全域と青森県の一部をカバーする在来線と、2016年に開業した北海道新幹線があります。北海道ならではの読み方が難しい駅名が数多くある...


モデル募集

脳トレドリル。まずはお試し980円

ちょこっと脳トレ!
男と女の体相談室