メニュー
ゲストさん
【登録無料】大人のSNSを「はじめよう」同世代の仲間と「つながろう」 TOSHIBA dynabook V82
 

【けんこう歳時記】8月18日――糸ようじが強烈にクサイ。なぜ…?

歯間清掃率低い日本

40代から増える歯周病。予防には、ブラッシングに加えて、デンタルフロスや糸ようじなどを利用して、歯間の掃除をすると効果的です。

ところが、日常的に歯間清掃をしている人の割合は低く、オーラルケア製品を扱うライオンが、日本、米国、スウェーデンの3か国を対象に実施した調査(2014年)によると、デンタルフロスの使用者の割合は、米国60%、スウェーデン51%に対し、日本は19%。「予防歯科」に対する意識がまだまだ低いことがわかります。

8月18日は、「糸ようじの日」です。今年、糸ようじの発売30周年を記念して、小林製薬が制定。歯(8)と歯(8)の間に糸(1)が通っているイメージから、この日に決まりました。同社の社員が新幹線の中で、デンタルフロスを使っている外国人を見て衝撃を受け、当時、歯間清掃の習慣がなかった日本人にも使いやすいようにと糸ようじが誕生したそうです。

プラークは細菌の塊

歯間掃除をしていると、気になるのがニオイ。ネットの掲示板でも、「糸ようじで歯間を掃除すると、強烈にクサイ」などの投稿が多く見られます。

ニオイの原因は、プラーク(歯垢)です。プラークとは、歯に付着している細菌のことで、数百種類もの細菌が集まっていると考えられています。歯の間から、「細菌の塊」を掻き出すのですから、クサイのも当然。放っておくと蓄積して、口臭や歯周病の原因となります。

歯間掃除には、糸ようじのほか、デンタルフロスや歯間ブラシなど、さまざまなタイプが市販されています。歯と歯の間に隙間がない部分には、デンタルフロスまたは糸ようじが、歯の根元など、隙間が空いた部分には歯間ブラシが適しています。

鏡を見ながら、歯ぐきを傷つけないようゆっくりと行うのがポイント。デンタルフロスや糸ようじの糸が切れる、出血が続くなど、気になることがある場合は歯科医を受診しましょう。

コメント

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
2018年6月8日

元気のヒント

6月14日は認知症予防の日!脳トレドリル「脳レク」で若々しい脳を保ちましょう!

認知症予防への注目の高まりから、言葉遊びや計算など脳を使って楽しむことのできるレクリエーションとして「脳トレ」の人気が集まっています。 今や、高齢者の4人に1人は認知機能に何...
2018年5月31日

元気のヒント

歯科訪問診療サービスのポータルサイト『おうちで歯科』サービス開始

「歯医者に行きたくても、なかなか動けなくて行けない…」 訪問看護や、訪問介護、訪問医療などが最近ではどんどん発達してきています。 訪問散髪なんかもありますよね。 しか...
2018年5月17日

元気のヒント

【けんこう歳時記】5月17日――高血圧予防、食塩1日6gってどのくらい?

「減塩の日」もスタート 5月17日は「高血圧の日」です。2007年に国際高血圧学会の一部門である、世界高血圧リーグがこの日を「世界高血圧デー」として啓発活動を始めたことになら...
2018年4月14日

元気のヒント

アクティブシニアは持っておきたい!暮らしを助ける便利な商品たち

「なんだか最近ピントが合わなくなってきた。老眼が進行しているのかな?」 年齢を重ねると避けては通れない老眼。 どんなに目がいい人であっても、いつかは必ず老眼になってしまうも...
2018年4月2日

元気のヒント

【ゴールデンライフ】糖尿病1000万人時代、知っておきたい糖尿病の新常識

シニア応援マガジン『ゴールデンライフ』より提供しております。 さまざまな合併症を引き起こす糖尿病。 健康診断で「血糖値に異常がないから大丈夫」と安心していませんか? 糖尿...
2018年1月5日

元気のヒント

「本当に私?」と思うほどのイビキがきっちり記録できるアプリ「いびきラボ」

「ああ!もういびきがうるさい!」と思わず叫んでしまった経験はないでしょうか? 夫婦一緒の部屋で寝ていると、どちらか一方のいびきがうるさくて、なかなか寝られないことってありますよね。...