メニュー
ゲストさん
【登録無料】大人のSNSを「はじめよう」同世代の仲間と「つながろう」 TOSHIBA dynabook V82
 

「健康的な高齢化」が進む国はどこか ノルウェー、スウェーデン・・・日本は?

経済状況が良いだけでは健康的ではない

高齢者人口の増加は世界各国で解決すべき課題のひとつとされています。しかし、最近高齢化をさまざまな視点から研究する国際的な団体「国際老年学会議(IAGG)」から、高齢者の増加を単に問題と見なすだけでなく、「健康的な高齢化が進んでいるか」も評価すべきであるとする声明が発表されました。

健康的な高齢化とは、高齢者が生活する社会の経済状況や福祉体制などを評価し、高齢者が経済的に安定し、豊かで自立した生活や、積極的で満足度の高い生活を送っているか、国同士を比較するというものです。

これまでの高齢化社会の評価は単純に国ごとの経済状況に重点が置かれており、人生の充実度や社会の平等さなどを考慮していませんでした。

そのため、単純に工業化の進んだ先進国に住む高齢者が豊かであると評価されてしまい、高齢化社会の実態を反映していないという批判も出ていたのです。

北欧や日本、米国が選出

IAGGは健康的な高齢化を判断する指標として、「国の生産性と雇用状況」「福祉の充実度」「社会の平等さ」「社会や世代間の結束」「退職後や医療面のサポート体制」の5つの項目を提案。

この5項目で欧米からアジアまで高齢化が住んでいる複数の国を評価、比較しています。

その結果、健康的な高齢化を実現し、高齢化にうまく対処できていると評価されたのはノルウェー、スウェーデン、米国、オランダ、日本の5か国になりました。

ただし、この結果はあくまでも現状の評価であり、このまま放っておいても構わないという意味ではありません。IAGGの研究者らも「適切な政策や取り組みを実施し続けなければ、世代間の衝突が拡大したり、サービスや物の生産力の低下、貧富の拡大を招く」と忠告。社会全体が当事者意識を持ち、高齢化について考えるよう呼びかけています。

コメント

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
2018年6月8日

元気のヒント

6月14日は認知症予防の日!脳トレドリル「脳レク」で若々しい脳を保ちましょう!

認知症予防への注目の高まりから、言葉遊びや計算など脳を使って楽しむことのできるレクリエーションとして「脳トレ」の人気が集まっています。 今や、高齢者の4人に1人は認知機能に何...
2018年5月31日

元気のヒント

歯科訪問診療サービスのポータルサイト『おうちで歯科』サービス開始

「歯医者に行きたくても、なかなか動けなくて行けない…」 訪問看護や、訪問介護、訪問医療などが最近ではどんどん発達してきています。 訪問散髪なんかもありますよね。 しか...
2018年5月17日

元気のヒント

【けんこう歳時記】5月17日――高血圧予防、食塩1日6gってどのくらい?

「減塩の日」もスタート 5月17日は「高血圧の日」です。2007年に国際高血圧学会の一部門である、世界高血圧リーグがこの日を「世界高血圧デー」として啓発活動を始めたことになら...
2018年4月14日

元気のヒント

アクティブシニアは持っておきたい!暮らしを助ける便利な商品たち

「なんだか最近ピントが合わなくなってきた。老眼が進行しているのかな?」 年齢を重ねると避けては通れない老眼。 どんなに目がいい人であっても、いつかは必ず老眼になってしまうも...
2018年4月2日

元気のヒント

【ゴールデンライフ】糖尿病1000万人時代、知っておきたい糖尿病の新常識

シニア応援マガジン『ゴールデンライフ』より提供しております。 さまざまな合併症を引き起こす糖尿病。 健康診断で「血糖値に異常がないから大丈夫」と安心していませんか? 糖尿...
2018年1月5日

元気のヒント

「本当に私?」と思うほどのイビキがきっちり記録できるアプリ「いびきラボ」

「ああ!もういびきがうるさい!」と思わず叫んでしまった経験はないでしょうか? 夫婦一緒の部屋で寝ていると、どちらか一方のいびきがうるさくて、なかなか寝られないことってありますよね。...