メニュー
ゲストさん
OHUFJ オートバックスペダルの見張り番Ⅱ差し替え
 

お金をかけずに思い出の場所をまた訪ねたい

NEWぱそこんライフ講座

お金をかけずに思い出の場所をまた訪ねたい

お金をかけずに思い出の場所をまた訪ねたい

「昔、旅行したあの思い出の場所は、どうなっているんだろう?」――旅行に行きたくても、いろいろな事情があって行けない人もいると思いますが、今は自分が現地に行かなくても、旅行した気分を体験できる「仮想旅行」のサービスがいろいろあります。今回は「仮想旅行」のサービスなどについて解説します。

●講座で使用しているノートパソコン



dynabook T75/G

CPU:Core i7-8550U 1.80GHz

メモリ:8GB

記憶装置:1TB HDD

ディスプレイ:15.6型ワイドFHD

光学ドライブ:ブルーレイディスクドライブ

OS:Windows 10 Home 64ビット

「仮想旅行」で思い出の地に出かけてみませんか?

「昔、旅行した観光地」「幼いころ住んでいたあの町」「祖父母が暮らしていて、夏休みに訪れていたふるさと」など、懐かしい場所の風景を思い出し、もう一度訪れてみたいと思うことはありますよね。
でも、時間やお金がなかったり、あるいは仕事や家族の世話などで家から離れられなかったりして、旅行はあきらめているという人もいるでしょう。
そのような、旅行に行きたくても行けないという人のために、あまりお金をかけずに旅行した気分になれるさまざまなサービスが始まっています。

最近の傾向としては、「バーチャル・リアリティ(VR)」の技術を利用して、旅行気分を味わえるサービスが増えています。
これは普通の画面ではなく、ゴーグルのようなかたちをした「ヘッドマウントディスプレイ」を装着して、風景などの映像を楽しむものです。
映画やビデオのように平面の映像を見るのではなく、首や体を動かすと、それにしたがって視界も変化し、実際の風景と同じように360度見回せるしくみになっています。

こうした技術を使っても、まだまだリアルな旅行体験には及びませんが、それでも、リアルタイムの映像で現地のようすを見ることができるなど、どんどん「仮想」が「現実」に近づいていくような気がします。
それでは、さまざまな「仮想旅行」のサービスを紹介していきましょう。

<関連記事>
一度は行きたい観光地で仮想旅行ができる!? パソコンで「VR」を楽しもう
https://slownet.ne.jp/c/it/post-18973/

旅行に行きたい場所からの生中継を楽しむ

昔は、遠く離れた場所にいる人とは長距離電話で話すだけでしたが、今は声だけでなく、Webカメラを通してリアルタイムの映像も見られるようになりました。
もし、自分が行きたいと思っている場所から、誰かがインターネットを通して映像を中継してくれるなら、ぜひそれを見てみたいと思いませんか?
ただ、その場所から映像を撮ってくれるという人を探すのは大変ですよね。そのような撮影を依頼する側の人と、撮影を請け負う側の双方をWebサイト上に掲載し、お互いの仲介をするというサービスが「GENCHI(ゲンチ)」( https://genchi.net/ )です。

Googleマップ

Googleマップ

都市や観光地などの風景をライブ中継してくれるものとしては、以前からライブカメラがあります。
ですが、これはカメラが固定されているため、せいぜい遠隔操作で上下左右にカメラの向きを変えたり、ズームアップをしたりするぐらいしかできません。
「GENCHI」で仲介しているような人対人のサービスなら、撮影を依頼する側からのリクエストに応えてカメラを移動してくれますし、さまざまな注文にも応じてもらえるでしょう。
撮影を依頼する側は、請け負う側に料金を支払いますが、「GENCHI」の紹介記事によると1時間で2000円程度を想定しているということです。

旅行に行く家族に、現地からVR画像を送ってもらう

次に紹介するのは、「ANA VIRTUAL TRIP(バーチャルトリップ)」( https://www.ana.co.jp/ja/jp/travel/vr/anavirtualtrip/ )というもので、先ほど説明したVR技術を利用したサービスです。
旅行先で撮影したVR静止画を、スマホで家にいる家族のもとへリアルタイムで送信し、家族はゴーグルにセットしたスマホでその画像を楽しむというしくみです。

●「ANA VIRTUAL TRIP」 VRで新しい旅行体験を

これはANAセールス国内旅行商品を予約すると申し込めるサービスで、VR静止画が撮れる全方向カメラと、画像を送受信する専用のスマホ2台、スマホをセットして視聴するためのゴーグルをレンタルするという内容になっています。
静止画ではありますが、VR画像なので、首の動きに連動して風景も動き、リアルな映像体験を味わえます。
また、映像を撮っている家族とは、画面の一部でビデオ通話を行えますから、映っているVR画像について会話をすることもできます。

子供や孫と旅行したいけど、都合がつかなくて行けないという場合に、VR画像を通して一緒に旅行をしているような体験ができます。先に紹介したYouTube映像でも、父母が新婚旅行をした思い出の場所を、娘夫婦が訪れて撮影し、父母に見せるというあらすじでした。
料金は4日間のレンタルで7980円となり、追加料金を払えば最大8日間までレンタルできます。

お気に入りのぬいぐるみが、自分に代わって旅行する

旅行に行けない自分の代わりに、ぬいぐるみが実際に旅行をして写真を撮ってきてもらうというユニークなサービスがあります。
「ウナギトラベル」という会社のサービスで、一時はテレビなどでも取り上げられて話題になりました。

うなぎとらべる

しくみの一例としては、ツアーを予約してぬいぐるみを送付すると、そのぬいぐるみを連れて旅行を行い、フェイスブックなどを使って旅行先で中継を行います。
そして旅行終了後、旅行先で撮った写真とともにぬいぐるみを返送するという流れになります。
なかには旅先のお土産を買ってきてくれるツアーもあるようです。
料金はツアーごとに異なり、国内旅行で数千円から、沖縄や海外旅行だと1万円以上かかるものもあるようです。

ファーストクラスで機内食を食べながら世界旅行ができる

最後に紹介するのは、「FIRST AIRLINES(ファースト・エアラインズ)」( http://firstairlines.jp/ )というアトラクションで、VR技術を利用してファーストクラスの海外旅行を楽しめるという内容です。

ファストエアライン

Webサイトで予約を行い、当日は「池袋国際空港」(東京・池袋にあるアトラクション施設があるビル)へ集合して、「搭乗手続き」後には実際のファーストクラスにあるようなゆったりとした座席に座り、「ヘッドマウントディスプレイ」を装着して、さまざまな観光地のVR体験や映像を楽しみます。
また、VRではない本物の機内食が出てきて、旅行先の国に合わせた豪華メニューを楽しむことができます。
「フライト」は約110分で、料金はキャンペーン料金で5~6000円程度です。
VR技術を利用した娯楽施設は次々とできていますが、リアルな食事付きで仮想旅行が楽しめるというのがほかにはないユニークな特徴です。

Googleストリートビューで有名動物園の見物も

今回紹介した仮想旅行は、いずれも多少は金のかかるものですが、まったく金をかけずに(インターネットの通信料金やパソコンの電気代はかかりますが)、パソコンで仮想旅行を楽しむなら、やはりGoogleマップのストリートビューがオススメです。
以前に美術館の内部をストリートビューで巡ったことがありましたが、それ以外にも動物園や公園など、いろいろな場所の内部に入ることができます。

ファストエアライン

ファストエアライン

また、VR画像のように360度見渡せる画像なら、「Googleストリートビュー」( https://www.google.co.jp/intl/ja/streetview/# )というサイトで、たくさんの場所や景色を自由な角度からながめることができます。

googleストリートビュー

googleストリートビュー

<関連記事>
第46部・第7回 パソコンで美術館を巡ろう
https://slownet.ne.jp/c/it/post-16529/

今後は画面の解像度が4Kや8Kに移り、インターネットの通信速度も上がっていきますから、精細な映像をリアルタイムでスムーズに送ることもできるようになるでしょう。
そうしたら、VR映像の中に身を置いて、リアルな感覚で動き回れるような仮想旅行ができるようになるかもしれません。
これからの仮想旅行のサービスはどのように発展していくか、楽しみに見ていきたいと思います。

コメント
  1. 昭和41年多賀城で結婚生活を始めました。VRで懐かしい場所が映し出されて感激しました。東日本大震災でどうなっているのかなと気になっていましたが訪れることもかなわずそのままになっていました。高齢の身となっては昔を懐かしむばかりでございます。

  2. そんあことができるんだ?
    ついでの初恋の人に会いたいなー鬼籍に入るまでに、タダで見つける方法無いんかな?

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
NEW!
2019年8月25日

NEWぱそこんライフ講座

シニア向けのプランが続々!今、改めて確認しよう、スマホでできること

最近、docomoやau、SoftBankなどの大手キャリアでも、スマートフォンを初めて使う人のためのプランを用意し始めています。 ガラケーからスマートフォンに乗り換えると格安で...
2019年8月12日

NEWぱそこんライフ講座

将来はAIロボットが介護をしてくれる時代に!?現在はどのくらいAIロボット、AI技術は進んでいるの?

近年、AI技術はすごいスピードで発展を遂げています。 将来的にはAIやAIを搭載したロボットが今、人間が行っている仕事の半数以上を代わりに行う時代が来るといわれています。 ...
2019年8月4日

NEWぱそこんライフ講座

「注文できなくて食事できなかった」接客のデジタル化進む。高齢者や障がい者など社会的弱者への影響とは

少子高齢化が進み、人手不足となりつつある日本。 帝国データバンクが行った調査によると、正社員が不足している企業は53.0%で、2018年1月と比較すると1.9ポイントも増加したそ...
2019年7月23日

NEWぱそこんライフ講座

土砂崩れ・洪水など、自然災害から身を守るために、ハザードマップを活用しよう!

急なゲリラ豪雨による土砂崩れや洪水、地震など、2018年も2019年も全国各地で自然災害が発生しています。 こうした自然の驚異から自分の身を守るためには、災害が起きたとき、素...
2019年7月20日

NEWぱそこんライフ講座

【詐欺】家族・友人からのLINEで「ちょっと、買い物頼んでいい?」。それ乗っ取り詐欺かもしれません

突然、家族や友人、知人、孫からLINEで「ちょっと買い物頼んでいい?」とメッセージが来たことはありませんか?ついつい「いいよ、何?」と返事をしてしまいそうですが、こういったメッセー...
2019年7月17日

NEWぱそこんライフ講座

この症状、救急車呼ぶ…?判断がつかないときは「119」に電話をする前に救急相談を!救急相談AIも活用しよう!

急に体の症状がおかしい。でも、救急車を呼ぶぐらいではなさそう…?でもどうしよう! と悩む場面。経験したことはありますか? 救急車を呼ぶべきか、少し我慢すべきか、自力で病院に行...