メニュー
ゲストさん
【登録無料】大人のSNSを「はじめよう」同世代の仲間と「つながろう」 抗がん漢方を考える会02
 

好奇心とチャレンジ精神を大事にするシニア世代がスポーツを楽しむ写真が話題に

「人生100年時代」と言われる今、いつまでも生涯現役を目指すシニア世代が多いのではないでしょうか。だんだんと思い通りに動かなくなってくる身体。しかしポップでカラフル、スポーティーなファッションに身を包み、快活に運動を楽しむシニア世代の姿は私たちに元気を与えてくれます。今回は、そんなシニア世代の写真をご紹介します。

アメリカ・ロサンゼルスで活躍する写真家「ディーン・ブラッドショー」

仲良く、気持ちよさそうに汗を流す姿。若者同様、もしかすると若者以上に、人生を謳歌する皆様をカメラに収めたのは、アメリカ・ロサンゼルスで活動する広告写真家で、ディレクターのディーン・ブラッドショーさんです。

ブラッドショーさんの公式ウェブサイトおよびFacebookに掲載された「The Golden Years」シリーズ。ずらりと並んだ作品群を見ていると、どこからか「私たち、まだまだ元気なんで!」といった声が聞こえてくるようです。

何歳になってもチャレンジできるし、いつだって新しい経験が待ち構えている。というチャレンジ精神で「シニア世代はこうあるべき」と言う固定観念に疑問を呈する現代のシニア世代に数多く出会ってきたことが、このシリーズを制作するきっかけになったそう。

外見や体は若い頃とは違うけれど、子供の時と同じ純粋な好奇心を大切にしているシニア世代はとても多いんです。そして多くのシニア世代が、まだまだもっともっとワクワクしたいという願いを持っています。
そんなシニア世代の思いを反映したのが、この「The Golden Years」シリーズなのです。

「The Golden Years」作品をご紹介

The Golden Years ディーン・ブラッドショー

参考リンク:The Golden Years|ディーン・ブラッドショー

若い頃のように激しく動けなくても、運動し続けることに意味があります
運動をするシニア世代は、いつまでも若々しく、力強く見えるものです。

Man of the Beach (ビーチの男)
ビーチで思いきり楽しんだっていいんです。

Who says you can’t be 95 to win the olympics?
(オリンピックで勝てないと誰が言った?)
何かを始めるのに遅すぎるということはありません。ジムだってシニア世代は多くいます。

気持ちのよい汗を流した後は仲間と語らうひと時も。運動の醍醐味は分かち合うことではないでしょうか?

頑張り続けるシニア世代の姿はネットから称賛の声が

こうした写真を見たネットユーザの多くが、これらの写真についてコメントしました。
どの写真も元気をもらえたと言うコメントで溢れかえっています。
海外の写真家が撮った写真なので、ここでは海外のコメントを要約してご紹介します。

「とてもいい! 素敵」
「かっこいい」
「素晴らしい作品。元気をもらえる」
「年齢なんて関係ない、強い心を感じる」
「このシリーズ大好き」

多くの人にとって人生の長い時間を占める、シニア期。
誰しもやってくるその時を、こんな写真のように楽しめると素晴らしいですよね。

======
Slownetでブログやコメントを更新すると同じ趣味の仲間が見つかるかも!?人気のサークル情報などをお知らせするメールマガジンも受け取れる、Slownet会員登録はこちらから↓
Slownet会員登録はこちらから

コメント

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
NEW!
2019年2月14日

社会

タクシーの運転手が道を間違えた! 回り道した分の返金は可能?

何かとトラブルが多い乗り物、タクシー。ドライバーは正確かつ迅速に顧客を目的地に送り届けることが仕事ですが、不慣れな道の場合、遠回りしてしまうなどして時間がかかってしまうことがありま...
NEW!
2019年2月13日

社会

【ロマンポルノ女優も】有名人の「終活」に学ぶ。終活をしている?

親を看取ったあと、「自分もそろそろ」と思うシニアも多いと思います。 トレードマークのストールを処分した中尾彬さんや、洋服やタンスなどを断舎離した高橋英樹さんなど、芸能界でも「...
2019年2月7日

社会

「児童福祉法」が大幅に改正…子どもの虐待を予防するために何が変わった?

平成28年6月3日に制定・施行された「児童福祉法の一部を改正する法律」は、量は少ないものの、質的には大改正だといわれます(一部は平成28年10月1日、同29年4月1日に施行)。 ...
2019年2月6日

社会

シニアの恋愛事情、婚活で愛は見つかるか。デート商法の被害も

独身のシニアも多い現在、婚活パーティなどの出会いの場も多様化しています。 しかし、出会いを口実に法外な料金が発生したり、食事代を支払うだけだったり。 そんなデート商法は、あ...
2019年2月4日

社会

【Slownetアンケート結果】コンビニのトイレを使用時、店員に一声かけますか?

先日、Slownet特集記事の生理現象の救世主「コンビニのトイレ」一声かけずに借りたら犯罪?にて、みなさまのご意見を募集いたしました。 本日はその結果をお知らせします! [...
2019年1月31日

社会

SNSなりすまし裁判で名誉権侵害が成立…仮に被害を受けたらどうすればいい?

SNS『GREE』内で自分になりすまし、他人を罵倒する書き込みをされたとして、長野県に住む男性がなりすまし実行犯に対し、723万円の損害賠償を求めた裁判の判決が大阪地裁で行われまし...