メニュー
ゲストさん
【登録無料】大人のSNSを「はじめよう」同世代の仲間と「つながろう」
 

76歳、転職支援に成功! シニア専門人材会社で最高齢を更新!

「まだまだ元気だから働き続けたい、でも転職が厳しくなってきている」
人生100年時代。60歳で定年する人は少なくなり、65歳、70歳といつまでも元気に働き続ける人が増えてきています。
とはいえ、若い頃に比べると転職や労働条件の面でなかなか就職は難しくなってくるもの。

そんななか、シニア世代に特化した就労支援を行う株式会社シニアジョブ(本社:東京都新宿区)は、なんと76歳の転職支援に成功したというのです!

76歳。転職はあきらめていたけれど…

株式会社シニアジョブは、高齢者総活躍社会の実現を目指し、50歳以上の働きたいを叶え、新しい労働環境づくりにチャレンジしている会社。

そんなシニアジョブが転職支援し、転職活動に成功したのが76歳の木村さん(仮名)です。

木村さんは1941年生まれの76歳。

今まで電気設備設計の仕事をしていました。
定年後、これまでの経験を活かした仕事をしたいと考え、就職活動を行ったそう。
ところが、高齢という点から就職活動には苦戦したそうです。

しかし、今では週5〜6日フルタイム勤務で、現役時代さながらの仕事を行い、心身ともに充実した生活を送っています。

木村さんの仕事ぶりは就職先企業の評価も高く、自分の仕事だけではなく、社内の若手社員育成も行い「高齢者に対する見方が変わった。今後は積極的にシニア世代採用の枠を広げたい」と企業が言うほど。

日本経済を支えてきたシニア世代は、今会社から一番求められている世代と言えるでしょう。

参考リンク:ご紹介者の最高齢を更新しました【76歳】:シニアジョブ

シニアジョブでシニアの転職者急増中

日本は2025年に人口の5割が50歳以上となります。

近年、求人を出しても応募がない、など労働力減少が叫ばれていますが、2025年になるとさらに労働力が減少し、深刻な社会問題になる見通しです。

そこでシニアジョブは、労働力減少の解決策として“シニア世代の方々の労働力が必要”だと考え、50歳以上を専門とした人材紹介サービスを運営。

今年1月には登録者4600人、平均年齢62歳

一部上場企業から10人以下の中小企業などクライアント企業は多種多様。

昨年比で500%という驚きの成長で、シニア世代採用を急激に進める役割を担っている企業です。

企業からも多くの声が届く

2016年に税理士法人小山・ミカタパートナーズに就職支援を行った安座間喜雄(64歳)は、「任せられる安心感と、今までの経験を活かせる場所とのマッチング成功例」。

事業拡大を続ける同社では人手不足が悩みでした。

以前は会計事務所経験が少ない人材でも若い人材を育てるという考えで採用を行っていたという同社。

しかし、指導係がクライアント対応などで社内にいられる時間が多くないため、どうしても社員教育に時間を割くことができなかったといいます。

仕事の外注も考えたそうですが、社内にノウハウがたまらないだけでなく、外注先とのコミュニケーションコストが高く、新たな仕事を獲得していくためには社内に常駐するスタッフが必要だったそう。

元々は40歳以上の経験者を探していた同社。
60歳以上は全く考えてなかったといいます。

シニアジョブを利用し、同社に就職した安座間さん。
元々は出版社の経理部長でした。

これまでに求職経験はありませんでしたが、難しい業界で経理部長として多くの経験をしたことから、経理に関してのノウハウは持っていると自負し、「就職先はすぐに見つかるだろう」と楽観視していたそう。

まずはハローワークで探そうと通いましたが、60歳以上の求人は思っていたのとは全く異なる状況だったんだそう。

7社に履歴書を送り、うち2社と面接。
いずれの会社もあまり興味は持てませんでした。

安座間さんは「やりがい」を一番大切にし、誰でもできるような仕事はしたくない、と考えていたそう。
いずれの仕事内容も自分じゃなくてもできることで、仕事の濃さが自分とは合わない。

そんななか、奥さんからシニアジョブを紹介され、登録してみたところ、すぐに企業を紹介してもらえ、就職できたそうです。

就職後は生活にメリハリと張り合いが生まれた、と話し、毎日楽しく過ごしているそう。

50歳以上の方が、働きやすい社会へ

もう働きたくない、と考えている人がいる一方で、早期退職などで「まだまだ働きたい!」と考えている人も多いシニア世代。

しかし、30歳をすぎると転職はなかなか難しいものとなります。
30歳でも厳しいわけですから、40歳、50歳、60歳と年齢を重ねるに連れて転職難易度は上がっていきます。

ところが、1つの企業で長年積み上げた経験が、実は今、必要とされているのかもしれません。

シニアジョブのようなシニア世代専門の人材紹介サービスを利用すれば、企業とのマッチングも図りやすいので、就職への近道と言えそうですね。

参考リンク:シニア・中高年の転職支援・求人募集サイト【シニアジョブ】

======
Slownetでブログやコメントを更新すると同じ趣味の仲間が見つかるかも!?人気のサークル情報などをお知らせするメールマガジンも受け取れる、Slownet会員登録はこちらから↓
Slownet会員登録はこちらから

 

コメント

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
NEW!
2018年12月14日

社会

【Slownetアンケート結果】夫婦一緒お休みですか?それとも別々にお休みですか?

先日、Slownet特集記事の『夫婦の寝室、トップは「別々」でした』にてみなさまのご意見を募集いたしました。 本日はその結果をお知らせします! [caption id="a...
NEW!
2018年12月13日

社会

介護の負担を軽減!進化するベッドの床ずれ防止機能

ベッドは人生の3分の1を過ごす場所。 長く寝ている状態になってしまうと、床ずれを防ぐために定期的に体の向きを変えるなど、介護の負担も大きくなります。 最近、床ずれ防止機...
NEW!
2018年12月12日

社会

不倫夫への復讐で腐ったイカを食べさせる妻…「夫が悪い」で許される?

夫の不倫は妻にとって許せるものではありません。なかには、思いもよらない過激な復讐を行う妻もいます。 [caption id="attachment_24664" align=...
2018年11月25日

社会

【NHKでも話題】死後離婚でトラブル回避?義父母との究極の縁切り

死後離婚という言葉、ご存知のシニアも多いのではないでしょうか? 死んだ相手(配偶者)と離婚するわけではありません。 配偶者を亡くした後、役所に「姻族関係終了届」を出し、義父...
2018年11月24日

社会

80歳の壁は「人の援助」で乗り切ろう!

80代の3人にひとりは、筋肉量や身体機能が日常生活を送るのに不十分な状態に陥っていると、推測されています。 この「80歳の壁」を自分ひとりで、あるいは配偶者(やはり80代)と...
2018年11月11日

社会

気に入らない兄弟と縁を切りたい!法的に可能なのか弁護士が解説

兄弟や姉妹や血の繋がった肉親であり、助け合う存在。ところが、一度仲がこじれてしまうと、友人以上に憎み合うといわれています。そのような場合、残念なことですが、「縁を切りたい」と考える...