メニュー
ゲストさん
【登録無料】大人のSNSを「はじめよう」同世代の仲間と「つながろう」 西武グループおとなの上級な遊び方
 

【55歳からの生涯学習】英語やスマホを巧みに操るシニア世代へ!

「定年後の趣味として英会話を習いたいけど、受講料がちょっと気になる」

定年退職後は夫婦で海外旅行に行きたい。
どうせ行くなら少しでも英語を話せた方が、きっと海外旅行をもっと楽しめるはず

そう考えて、英会話教室を検索してみたけれど、受講料の高さや、若い人と一緒のペースで習うのを不安に感じ、ためらってしまう人もいるのではないでしょうか。
これまで英会話とは全くの無縁だった人ならなおさらだと思います。

英会話に限らず、新しいことに挑戦すること自体が、億劫に感じる人が現れ始める年齢です。
でも心のどこかで、若者と同じようにスマホを操作したい、外国の方と英語で楽しく会話をしたいと思っている人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は55歳から始める英会話スマホ手芸を学べる大阪にあるシニア限定のカルチャースクール「熟学」をご紹介します。
学びたいという気持ちに年齢は関係ないということを教えてくれます!

【55歳からの生涯学習】英語やスマホを巧みに操るシニア世代へ!

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

55歳から始める「熟学」とはそもそもどんなもの?

熟学とは「熟年には熟年の学習方法がある」という理念のもと設立されたカルチャースクールです。
学びたい時に、学びたいだけ学べることが特徴で、これからが本当に人生の楽しい時期だということを伝えていける学校を目指しています。

熟学で学ぶことができるのは「英会話」「スマホ」「手芸」の3項目。
全てのレッスンを共通のチケットで受講することができるので、最初は英会話を目的に来ても、興味が湧いたらスマホも学ぶことができるのです。

1回のレッスンはなんと1,000円
負担も軽めなのが嬉しいですよね。
受講する時間も幅広く選択できるので、自分のペースを保ちながら、無理なく学ぶことができるのです。

熟学をオープンすることになった背景とは

【55歳からの生涯学習】英語やスマホを巧みに操るシニア世代へ!

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

創業者の鈴見社長は20年ほどカナダに住んでいた経験がありました。
カナダでは生活のコストが安く、多くのシニアが長期の旅行に行くなどして、いろいろな老後の楽しみ方をしていたそうです。
さらには60歳で定年ということもなく、みな生き生きと永く働いているとのことです。
一方日本では、60歳前後のまだまだ元気な世代が引退をしてしまっています。

体力も気力もあるのに、日本では何をするにも費用が高く、気軽に老後を楽しめる環境ではありません。
そんなシニア世代に、気軽に集まってもらい、新しいことにチャレンジできる環境を提供できれば、と考え「熟学」は生まれました。

子育ても終わり、勤めていた会社も定年退職を迎え、これからの人生は何をして生きようかと思った時に、たくさんの選択肢があればあるほど、その先の人生は輝いていくものです。
そんなシニア世代にスポットを充て、今の時代を楽しむのに必要な英会話やスマホを親切丁寧に教えてくれる場が「熟学」なのです。

熟学から熟年層への想い

【55歳からの生涯学習】英語やスマホを巧みに操るシニア世代へ!

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

熟学は、ゆっくりと自分のペースに合わせて習い事ができる環境です。
何歳になっても新しいことに挑戦し、それと同時に、同じ趣味を持つ友人を得ることもできる場所です。

一緒にコーヒーやお菓子を楽しみながら笑顔で過ごすひとときは、心身ともにとても元気になれるはずです。

生涯学習という言葉がありますが、それぞれの年齢に合った学習方法で学ぶべきです。

外国の方ともしっかりと英語で会話ができる。
まるで若者のようにスイスイとスマホを使いこなせる。

そんなシニア世代の方達がいるのは素敵なことだと思いませんか?
グローバル化が進む現代で、英会話やスマホを使いこなせるシニア世代には、まだまだ活躍の場が溢れているはず。

楽しく豊かな毎日を過ごしてもらいたい、まだまだ元気なシニア世代に活躍してもらいたい。
そんな願いが熟学には込められているそう。

今回は大阪にある「熟学」を例に上げさせてもらいましたが、環境はどうあれ、学ぼうとする姿勢に遅いということはありません。
まだまだ元気なシニア世代のパワーで、新しいことにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

参考リンク:熟学

======
Slownetでブログやコメントを更新すると同じ趣味の仲間が見つかるかも!?人気のサークル情報などをお知らせするメールマガジンも受け取れる、Slownet会員登録はこちらから↓
Slownet会員登録はこちらから

コメント

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
NEW!
2018年9月16日

社会

人生100年時代!「書く仕事」が手に職として人気に

「シニアから手に職をつけることはできるのかな?」 女性を中心に、「ライター養成講座」の人気が高まっているそうです。 [caption id="attachment_23...
2018年9月2日

社会

「サ高住(サービス付き高齢者向け住宅)」で芸術家の卵と共生する

「老後はサ高住での暮らしを考えてはいるけど、高齢者しかいないイメージ」 高齢になり一人暮らしや夫婦だけの生活に不安がある人は多くいることかと思います。 そんな人たちの今後の...
2018年8月27日

社会

「あいのり」でシニアの移動をスムーズに

「移動コストがすごく高い」 アメリカやヨーロッパで進むライドシェア、つまり「あいのり」。特にヨーロッパでは、交通過疎地の問題解決として、フランス・パリに拠点を置く「BlaBl...
2018年8月25日

社会

広がるシニア向け少量・低価格食品を賢く使おう

「普通の惣菜って夫婦2人だと量が多い」 シニア向けに少量のお総菜などを提供するスーパーをよく見るようになりました。 もうすでにこうした少量の惣菜を普段から利用されている方も...
2018年8月20日

社会

シニアや障がい者にやさしいホテル・旅館の選び方

「いい宿だと思って行ってみたら、エレベーターがなく、二階の客室に行くのが大変だった…」 そんな経験をお持ちの方もいるのではないでしょうか? 2020年の東京オリンピック...
2018年8月14日

社会

自分だけのお墓がいい! 一代限りのお墓はいかが

「自分のお墓の準備をしておいたほうがいいのかな?」 先祖から受け継いだ墓を守っていくのも、なかなか大変な時代。 後継ぎがいない方、いても子孫に墓の苦労をかけたくない方も多い...