メニュー
ゲストさん
【登録無料】大人のSNSを「はじめよう」同世代の仲間と「つながろう」 西武グループおとなの上級な遊び方
 

不倫?セカンドパートナー?シニアの恋愛事情をご紹介

「若者世代のなかでは『ソフレ』なんてのがいるらしい」
こんな話を聞いたことはありませんか?

若い世代では添い寝フレンド=ソフレがいる、という人も増えているそうです。
恋愛事情はシニア世代の時代のころからはずいぶんと異なってきていますよね。

そこで今回は、シニア世代の恋愛事情に迫っていきたいと思います。

不倫?セカンドパートナー?シニアの恋愛事情をご紹介

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

シニアも負けてない!セカンドパートナー

結婚すると男女の愛は、「恋」から「家族」へと変化していくものではないでしょうか?
お互いに配偶者がありながらも、家庭の外で新たな恋人を持つ既婚男女も目立ってきています。

なかでも、社会人・家庭人としてこれまで順調にキャリアを積み上げてきたアラフォー(40歳前後)やアラフィフ(50歳前後)、アラ還(60歳前後)の世代は、その傾向が顕著なようです。

配偶者である夫や妻の次に位置する「不倫」とも言える関係は、「セカンドパートナー」と呼ばれており、決して男女の関係は持たず、プラトニックな間柄を保つことで、当事者は不倫とは一線を画していると認識しているようです。

セカンドパートナーを持つ人は、「異性の友達とは異なる。遠い将来、互いの配偶者が離死別してしまったら、その時一緒になろうと話している。しかし、男女の関係は絶対にない。男女の関係があるならただの不倫だ」と話します。
また、「結婚して長い間一緒にいるパートナーは、子どもと同じ家族。もう異性として見られない。セカンドパートナーは家族ではないので、男性・女性としての自分をさらけ出すことができる。ともに過ごす時間は刺激的で、若い頃をの気持ちを思い出すようだ」と続けます。

このように話す人の多くは、家族もセカンドパートナーの存在を認めているといいます。
不倫関係ではないので堂々とすべき」という意見で一致しているんだとか。
セカンドパートナーとは、2人で食事をしたり、飲みに行ったり、映画を見たりという付き合いが多いそう。
ラブホテルに行ったり、といったことは一切ないといいます。

こうした配偶者の意見を、パートナーはどのように感じているのでしょうか?

ある人は「自分は仕事人間。家庭よりも仕事が大事。だからこそ、配偶者がセカンドパートナーと良い付き合いをしてくれれば、自分も仕事に打ち込める。自分に何か合ったときは、セカンドパートナーに配偶者のことを任せられる。本当にありがたい」と話します。
昔とは異なる価値観ですが、今40代以上の男女にこうした考え方の人が増えてきているそうです。

また、例えば子どもが大学を卒業し、就職するまではセカンドパートナーとの関係を続けてよい、など交際期間をあらかじめ決める人もいるそうです。
仮に離婚してしまった場合は、離婚原因を作った配偶者が相当な慰謝料を払うよう取り決めをしている人もいるのだとか。

過去記事
【How To】熟年離婚を検討する上で知っておきたい10のことhttps://slownet.ne.jp/c/society/post-22181/

このようにあらかじめ取り決めを行い、家族の理解も得られているセカンドパートナーとは、良好な関係が築きやすいそうです。

こうした取り決めをしていなかった場合の方をご紹介しましょう。

ある女性のケースでは、こうした取り決めを事前に行っていなかったそうです。
また、この方はセカンドどころか、数多くのパートナーがいました。
そのパートナーの情報すべてを丁寧に日記で記録していたところ、夫に見つかり、体の関係はなくとも、妻有責で離婚になってしまったそうです。

いくら体の関係がないとはいえ、家族の理解が得られていないと、最終的にひとりぼっちになってしまうかもしれません。

不倫の代償

不倫?セカンドパートナー?シニアの恋愛事情をご紹介

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

さて、体の関係がなくとも、不倫だと判断されてしまった場合、どのような代償が必要になってしまうのでしょうか?
ある興信所の情報では、以下のようなものがあります。

結婚して13年。夫は42歳、妻は38歳。
子どもは小学5年と3年の女の子。
妻は下の子が小学2年生になる頃、家計を助けるため、事務職として勤めに出ました。
しかし、1年を過ぎた頃、残業や社員同士の付き合いと称し、帰宅が遅くなることが増え、疲れていることを言い訳に夜の夫婦関係を拒みだしたそうです。
夫は妻を全面的に信頼していたため、感謝はしていましたが、疑うことはしなかったそう。
ある日、夫が帰宅する際、妻が電話をしながら歩いているのを目撃。
始めは娘に電話をしている、と思っていたそうですが、最後に「愛してる」という言葉を発したそうです。
このことから妻を疑い、興信所に依頼をしたところ、不倫をしていたことがわかりました。
最終的には妻と離婚が成立し、娘たちは夫が引き取ることに。
妻と浮気相手には相当額の慰謝料を請求したそうです。

軽い気持ちで浮気をはじめてしまった結果、慰謝料と大切な子どもたちと離れ離れになってしまうことに。
職場も退職せざるを得なくなり、金銭もほとんどないため、あらゆる意味で高額な代償となってしまいました。

このように不倫と判断されてしまうと、自分だけでなく、家族まで壊れてしまう可能性もあるのです。

まとめ

不倫?セカンドパートナー?シニアの恋愛事情をご紹介

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

セカンドパートナー、というと不倫だと思われたり、世間からあらぬ疑いをかけられてしまったりと、いいことばかりではありません。
その一方で、セカンドパートナーがいることで、日々のメンタルが安定するというメリットもあります。

メリット・デメリットをしっかりと把握した上で、双方の家族の理解を得た状態でセカンドパートナーとの関係を続けるのがベストでしょう。

======
Slownetでブログやコメントを更新すると同じ趣味の仲間が見つかるかも!?人気のサークル情報などをお知らせするメールマガジンも受け取れる、Slownet会員登録はこちらから↓
Slownet会員登録はこちらから

コメント
  1. こころがつながっているのは妻への裏切りこれは不倫そのものと思う。
    肉体関係だけが不倫ではない。

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
NEW!
2018年9月24日

社会

定年後にも夫婦円満!その意外な秘訣とは?

「亭主で元気で留守がいい」 そんなテレビCMがありましたが、定年後に妻が夫に対して持つ不満のひとつは「いつも家にいること」なのだとか。 せめて家事の分担はしたほうがよさそう...
2018年9月16日

社会

人生100年時代!「書く仕事」が手に職として人気に

「シニアから手に職をつけることはできるのかな?」 女性を中心に、「ライター養成講座」の人気が高まっているそうです。 [caption id="attachment_23...
2018年9月2日

社会

「サ高住(サービス付き高齢者向け住宅)」で芸術家の卵と共生する

「老後はサ高住での暮らしを考えてはいるけど、高齢者しかいないイメージ」 高齢になり一人暮らしや夫婦だけの生活に不安がある人は多くいることかと思います。 そんな人たちの今後の...
2018年8月27日

社会

「あいのり」でシニアの移動をスムーズに

「移動コストがすごく高い」 アメリカやヨーロッパで進むライドシェア、つまり「あいのり」。特にヨーロッパでは、交通過疎地の問題解決として、フランス・パリに拠点を置く「BlaBl...
2018年8月25日

社会

広がるシニア向け少量・低価格食品を賢く使おう

「普通の惣菜って夫婦2人だと量が多い」 シニア向けに少量のお総菜などを提供するスーパーをよく見るようになりました。 もうすでにこうした少量の惣菜を普段から利用されている方も...
2018年8月20日

社会

シニアや障がい者にやさしいホテル・旅館の選び方

「いい宿だと思って行ってみたら、エレベーターがなく、二階の客室に行くのが大変だった…」 そんな経験をお持ちの方もいるのではないでしょうか? 2020年の東京オリンピック...