メニュー
ゲストさん
【登録無料】大人のSNSを「はじめよう」同世代の仲間と「つながろう」 TOSHIBA dynabook V82 -->
 

もしかして嫁いびり? なぜか子どもの嫁が寄り付かない! その原因とは?

なんだか最近息子の嫁が冷たい…なんでだろう?

今まで良好な関係が築けてきていたと思っていたのに、なんだか最近子どもの嫁の変化に戸惑っている…。
そんなことはありませんか?

子どもの嫁が寄り付かなくなると、必然的に孫にも会いにくくなってしまいますよね。

そこで今回はその原因になるかもしれない、「嫁いびり」についてご紹介いたします。

もしかして嫁いびり? なぜか子どもの嫁が寄り付かない! その原因とは?

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

もしかして、嫁いびり?

嫁姑問題は一体なぜ起こるのでしょうか?

結婚するとなると、夫側の両親と良好な関係を築きたいと誰しも思うはず。
この考え方は、夫の母親である姑も同じではないでしょうか?

お嫁さんを迎えるにあたって、「仲良くしたい」「娘のような関係になれるかな?」と期待をふくらませることでしょう。
はじめから「嫁いびりしてやろう」「姑に楯突いてやろう」なんて考える人は少数ですよね。

それでも、嫁姑問題というのは大小ありますが、発生してしまうものなのです。
なかには問題が大きくなり、「嫁いびり」とも受け取れるような理不尽で、いじめに近いことをされてしまうお嫁さんもいます。

では、この嫁いびり。
一体何が原因で起こってしまうのでしょうか?

嫁姑問題が発生してしまう原因のひとつは「母子一体化」。

20年ほど前から核家族化、長時間労働、単身赴任、出張など働き方の変化や家族の形の変化に伴い、家庭において夫や父親という男性の存在が希薄になりやすいことが指摘され続けています。

こうした家庭で起こりやすいのが「母子一体化」です。
母子一体化とは、夫婦関係よりも、息子と母親の関係が強くなる傾向にあると進行しやすいと言われています。

母子一体化によって息子と強く結びついている母親にとってお嫁さんは、ある日突然現れて息子を奪おうとするお嫁さんが強力なライバルとなる、息子・母親(姑)・嫁で三角関係になりやすいのです。

子離れできない母親は、息子が独立した過程をもったという意識が気迫で、いつまでも息子は子ども。
そのため、干渉しすぎてしまったり、頻繁な電話、頻繁な訪問を繰り返すなど、息子の家庭を思い通りに操ろうとし、それを当然だと思ってしまいます

新しい家庭をこれから築いていこうと考えているお嫁さんと対立してしまうのです。

もうひとつの理由は「自分もされてきたから」というもの。

自分が嫁として家庭に入った時、当時の姑からひどい嫁いびり(いじめ、理不尽なことを言われた・された)された経験から、「自分に嫁いびりをしていた姑」と「姑になった自分」を重ね合わせ、子どものお嫁さんにも同じことをしてしまうケースもあります。

これは嫁いびりをしてきた姑と同じ立場になりたい、と無意識に思ってしまうためです。

もちろん、自分が苦労してきたから同じ思いはしてほしくない、と考えている人もたくさんいます
しかし、なかには自覚なくかつての姑と同じように嫁いびりをしてしまう人もいるのです。
また、自分も苦労してきたのだから、嫁も苦労して当然と考えてしまったり、より強い立場に立とうと考えてしまうため、負の連鎖が生じてしまうこともあるのです。

当たり前ですが、結婚とは異なる家族環境の人が新たに家族になるもの。
気持ちよく迎えられるといいですね。

嫁が「嫁いびり」と感じる行動

もしかして嫁いびり? なぜか子どもの嫁が寄り付かない! その原因とは?

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

さて、ここからは実際にどのような行動・行為が嫁いびりになってしまうのでしょうか?
さまざまなケースを見ていきましょう。

1.ほかの家のお嫁さんを褒める

多くの人は言葉の裏を読んで悪い方へ考えてしまいがち。
「嫁比べ」の意図はなく、単純に良い話だと思い話したとしても、受け取り手に正しく伝わっているかはわかりません。
お嫁さんから「私も褒められたいなー」などと言われた場合は要注意です。

手料理に箸をつけようとしない

せっかくお嫁さんが作ってくれた料理。
なかなか箸を伸ばしてくれないと不安になったり、傷ついてしまうものです。
苦手な料理や食材は予め伝えておくのが良いでしょう。

新品の嫁用エプロンを用意する

今は男女ともにフルタイムで働く時代。
子どもがせっかく帰省してくるからと、お嫁さんにエプロンを用意してしまうことはありませんか?
しかし、お嫁さんは「嫁は働けということ?」と受け取ってしまうかもしれません。
家事は折半が当たり前の時代なので、お嫁さんだけを働かせるのではなく、旦那・息子も動かすようにしましょう。

服を贈る

お嫁さんに似合うかと思って一生懸命に選んだ服。
しかし、ファッションが多様化している現代では、あまり喜ばれないかもしれません。
服といった好みが分かれるものを贈るよりは、日常使いできる消耗品を贈ると良いでしょう。

畳んだ服をたたみ直す

お嫁さんが服を畳んでくれても、普段のたたみ方と違ったり、収納の関係でたたみ直すこともあるでしょう。
しかし、この行動は「家事を手直しされた」「嫌味に感じる」と感じる人もいるのです。
もしお嫁さんが行動を起こしてくれた場合は、黙って目をつむるのが良いでしょう。

他のお嫁さんは「ちゃん」づけ、息子のお嫁さんは呼び捨て

他のお嫁さんとの扱いの差は避けたいところです。
なるべく公平に扱うよう気をつけると良いでしょう。

まとめ

もしかして嫁いびり? なぜか子どもの嫁が寄り付かない! その原因とは?

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

時代は刻々と移り変わっています。
一昔前の常識は、今通用しないことも多いのです。

受け取り手がどのように受け取るのかを想像しながら行動すると良いでしょう。

また、息子に「お嫁さんは自分のことをどう思っているのか?」と聞いてしまうと、息子からお嫁さんにこのことが伝わり、印象がどんどん悪くなってしまうこともあります。

過干渉せず、よその家庭にはあまり口出ししないのがちょうどよい距離感を保つコツですよ。

======
Slownetでブログやコメントを更新すると同じ趣味の仲間が見つかるかも!?人気のサークル情報などをお知らせするメールマガジンも受け取れる、Slownet会員登録はこちらから↓
Slownet会員登録はこちらから

コメント

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
NEW!
2018年8月20日

社会

シニアや障がい者にやさしいホテル・旅館の選び方

「いい宿だと思って行ってみたら、エレベーターがなく、二階の客室に行くのが大変だった…」 そんな経験をお持ちの方もいるのではないでしょうか? 2020年の東京オリンピック...
2018年8月14日

社会

自分だけのお墓がいい! 一代限りのお墓はいかが

「自分のお墓の準備をしておいたほうがいいのかな?」 先祖から受け継いだ墓を守っていくのも、なかなか大変な時代。 後継ぎがいない方、いても子孫に墓の苦労をかけたくない方も多い...
2018年8月9日

社会

シニア婚 幸せになる条件とは?

「年を取ると一人暮らしが不安になってくる」 高齢者になるほど、老後の生活に不安を感じてしまいます。 とくに高齢者の一人暮らしにはさまざまなリスクもつきまとい、精神的にも孤独...
2018年8月5日

社会

【高すぎる戒名】人生最期の出費。戒名料を考える【自分で付ける人も】

「戒名料って高すぎじゃないか」 お葬式にまつわるトラブルの中で、よく聞くのが戒名料についてのトラブル。 決められた料金は存在せず、10万円~100万円超えまでふり幅がとても...
2018年7月31日

社会

【脱】いじわる爺さん婆さん・人に嫌われる特徴とポイントとは?

「なんだか最近友人や知人と、自分との距離が開いてきているような…」 人間関係の悩みは何歳になっても尽きないもの。 特に「人から嫌われる」ということは、年齢を問わず、ビクビク...
2018年7月29日

社会

シニアの「やりたいこと」「不安」「今後の住まい」生の声から、シニアの実像に迫る!

「この先の人生について考えたい」 定年退職し、人生80年だとすると残り20年をどう生きて行こうか、と漠然と考えるシニア世代も多いのではないでしょうか? 20年という時間は何...