メニュー
ゲストさん
slownetV@\Љ
 

【Slownetアンケート結果】夫婦一緒お休みですか?それとも別々にお休みですか?

先日、Slownet特集記事の『夫婦の寝室、トップは「別々」でした』にてみなさまのご意見を募集いたしました。
本日はその結果をお知らせします!

見つめあうシニア

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

リクルート住まいカンパニーが運営する不動産・住宅サイト『SUUMO(スーモ)』が実施したアンケート調査によると、「配偶者と同じ寝室で寝ているか」という質問に対し、「いつも別々の寝室で寝ている」という「別室派」が38%で最も多く、2位が「同じ部屋で、別々のベッド・布団で寝ている」(30%)、3位が「同じ部屋で、同じベッド・布団で寝ている」(28%)という結果でした。

さて、Slownet会員のみなさまはどうでしょうか。今回はSlownet会員19名様にご意見をいただきました。

半分以上の方が夫婦別々に寝る

出所:Slownetアンケート調査より

Slownetのアンケート調査では、半分以上の68%の方々が『夫婦別々で寝ている』と結果が出ました。

その理由として挙げられた意見としては・・・

・二人とも60代半ばですが!還暦を迎えて妻の仕事が深夜となり、私が起きる頃に寝る生活に・・・更に今年から私も週3〜4日が夜勤の仕事となり、夜を一緒に過ごす時間がなくなりました(60代・男性)
・セミダブルのベッドで、一枚の布団で寝ていました。 夏 冬 で、体感温度が違います。 毛布が、夫にかかっていなかった時、朝、文句を言われて、一緒に寝なくなりました。 私は、来年結婚30年になりますが、 別々になって、もう5年くらいになります。 部屋も 別です。家庭内別居です。(50代・女性)
・1.トイレに行く回数が多く、その都度目が覚めるから。 2.本人はいい気分だが、いびきがあり眠れないから。 3.パソコンで処理しなければならないことが多く寝るのが遅いから。(70代・男性)
・夫婦でいびきをかくことと、一人で思い切り好きな格好で寝て好きな時間に好きな事したいからです(70代・女性)

のようなさまざまな理由が寄せられました。

一方、32%で『夫婦一緒に寝ている』と答えた方々の意見としては・・・

・一時期別々の時もあったが、75歳を過ぎて、睡眠中でも体に異常があった時、きずかなかったでは、あまりにも悲しいと思い、布団は別々だけれども部屋は一緒にすることにした。(80代・男性)
・寝室は一緒ですが、布団は別々です。寝る時間や起きる時間はそれぞれのペースや体調により、お互い自由にしています。
その方が安心できるし、冷暖房費も節約できます。相手に迷惑にならないようにそこそこの節度ある生活パターンを維持できるし、相手への最低限の気遣いも出来るので良いと思っています。(60代・女性)

のような意見がありました。
ご意見くださった皆様ありがとうございました。

Slownetでは毎週さまざまなテーマで『今週のアンケート』を実施しております。
同世代のシニア会員様の方々はどう思っているのか、毎週1回お知らせいたします。
ぜひ、みなさまのご意見お聞かせください!

【現在実施中のアンケート】

★ご意見募集中!★

さて、Slownetの会員のみなさんはセカンドパートナーあり?なし?どう思いますか?ぜひ、みなさまのご意見お聞かせください!
Slownetでは現在、このテーマでご意見を募集しております。
セカンドパートナーあり?なし
締め切り:12月19日(水)まで

投稿は終了いたしました。沢山のご意見ありがとうございました。

みなさまからお寄せ頂いたご意見は後日「Slownetサポートセンター」ブログやメールマガジンにてご紹介させていただきます。

 

Slownetの『今週のアンケート』はトップページ右の「今週のおすすめ記事」でご確認いただけます。

======
Slownetでブログやコメントを更新すると同じ趣味の仲間が見つかるかも!?人気のサークル情報などをお知らせするメールマガジンも受け取れる、Slownet会員登録はこちらから↓
Slownet会員登録はこちらから

コメント

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
NEW!
2020年2月19日

暮らし・社会

改めて考える終活とは?自分らしい最期を迎えるために大切なこと

「終活」という言葉を耳にする機会が増えましたよね。 終活とは「人生の終わりのための活動」「人生をたたむための準備の活動」なんて言われたりします。 自らの死を意識して、人生最...
NEW!
2020年2月18日

暮らし・社会

熟年離婚したいときに考えておくことまとめ

熟年離婚という言葉を聞いたことがある人は多いはず。 長年連れ添った夫婦が離婚することを指した言葉です。 定年退職を待って離婚、年金受給年齢になってから離婚といったタイミング...
NEW!
2020年2月16日

暮らし・社会

【終の棲家】老人ホーム・介護施設の種類・選び方

終の棲家として、老人ホームや介護施設などを選ぶ方も多いかと思います。 実際に高齢者の夫婦ふたりの暮らし、ひとりでの暮らしは負担が大きいため、これらの施設に入居することを望んでいる...
NEW!
2020年2月15日

暮らし・社会

遺族年金はいつまで・いくらもらえる?よくある疑問徹底解説

家族を養っていた人が突然亡くなってしまった。 そんなとき、遺族は「遺族年金」を受け取ることができます。 ただし、家族であれば誰でも良い、というわけではなく、一定の条件が設けられ...
NEW!
2020年2月14日

暮らし・社会

2022年には高齢運転者「実車試験」が追加され、合格できないと運転免許取り消しに

昨年大ニュースとなった高齢運転者による事故。 今もなおテレビで話題となっていますよね。 今後、少子高齢化社会で益々高齢運転者が増えていく見込みを考慮し、国は2022年から高...
2020年2月9日

暮らし・社会

もし、病気になって死ぬかもしれないとしたら、最期はどこにいたいですか?

もし、あなたが医者から死の宣告を受けたとしたら、最期はどこで迎えたいと思いますか? 多くの人が自宅で最期を向かいたいと思うかもしれません。 ところが、多くの人は病院で最期を...