メニュー
ゲストさん
大倉様_ザグランリゾートプリンセス有馬_01
 

【Slownetアンケート結果】セカンドパートナーあり?なし?

先日、Slownet特集記事の『不倫?セカンドパートナー?シニアの恋愛事情をご紹介』にてみなさまのご意見を募集いたしました。
本日はその結果をお知らせします!

シニア夫婦

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

セカンドパートナーとは、2人で食事をしたり、飲みに行ったり、映画を見たりという付き合いが多いそう。
ラブホテルに行ったり、といったことは一切ないといいます。

こうした配偶者の意見を、パートナーはどのように感じているのでしょうか?

ある人は

「自分は仕事人間。家庭よりも仕事が大事。だからこそ、配偶者がセカンドパートナーと良い付き合いをしてくれれば、自分も仕事に打ち込める。自分に何か合ったときは、セカンドパートナーに配偶者のことを任せられる。本当にありがたい」

と話します。
昔とは異なる価値観ですが、今40代以上の男女にこうした考え方の人が増えてきているそうです。

また、例えば子どもが大学を卒業し、就職するまではセカンドパートナーとの関係を続けてよい、など交際期間をあらかじめ決める人もいるそうです。
仮に離婚してしまった場合は、離婚原因を作った配偶者が相当な慰謝料を払うよう取り決めをしている人もいるのだとか。

さて、Slownet会員のみなさまはどうでしょうか。今回はSlownet会員17名様にご意見をいただきました。

半分以上の方がセカンドパートナーあり!

出所:Slownetアンケート調査より

Slownetのアンケート調査では、半分以上の53%の方々が『セカンドパートナーはあり』とお答えくださいました。

その理由として挙げられた意見としては・・・

・誰も傷つかない、傷つけないならばありです。難しいですけど!(50代・男性)
・結局男女の仲はお互いが相手を思ってるか如何かで決まると思う それが無いから気持ちが外に向いてしまう その結果不倫という形になるんだと思う まぁそれで日々の生活がギスギスするより家庭は家庭で 肉体関係が無ければ『お友達です』ってのもこれからのシニア時代にはアリでもいいんじゃないかな?(60代・男性)
・配偶者以外にプラトニックなときめきを求めるのはありだと思う。(60代・男性)
・身体の関係が無く、お互いの気持ちを癒し会える なら、素晴らしい事だと思います。(70代・男性)

のようなさまざまな理由が寄せられました。

一方、47%で『セカンドパートナーはなし』と答えた方々の意見としては・・・

・質問に「将来のために」とありますが、将来のためになら「なし」です。 現在であれば「あり」でもいいと思う。 セカンドパートナーは、私なら肉体関係のない友達として共通の趣味で楽しい時間を共有するのは有りだと思う。 将来のために、ファーストが消えたらセカンドパートナーがファーストにとって替わる事は考えられない。(50代・女性)
・煩わしくない独身が一番いいから必要はありません。(50代・男性)
・潔い死という理想に向かって生きているというのに 後めたい生き方をしたくないから(60代・女性)
・特定の人とのお付き合いは不倫に入る入口となるのではないですか。男女の間で恋愛感情が発生すれば進展するでしょうね。(70代・男性)

のような意見がありました。
ご意見くださった皆様ありがとうございました。

Slownetでは毎週さまざまなテーマで『今週のアンケート』を実施しております。
同世代のシニア会員様の方々はどう思っているのか、毎週1回お知らせいたします。
ぜひ、みなさまのご意見お聞かせください!

【現在実施中のアンケート】

★ご意見募集中!★

Slownetの会員のみなさまは、朝食でパン類を召し上がりますか?それともお米類を召し上がりますか?
ぜひ、みなさまのご意見お聞かせください。

あなたはパン派?お米派?
締め切り:12月26日(水)まで

投稿は終了いたしました。沢山のご意見ありがとうございました。

みなさまからお寄せ頂いたご意見は後日「Slownetサポートセンター」ブログやメールマガジンにてご紹介させていただきます。

 

Slownetの『今週のアンケート』はトップページ右の「今週のおすすめ記事」でご確認いただけます。

======
Slownetでブログやコメントを更新すると同じ趣味の仲間が見つかるかも!?人気のサークル情報などをお知らせするメールマガジンも受け取れる、Slownet会員登録はこちらから↓
Slownet会員登録はこちらから

コメント

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
NEW!
2019年3月26日

暮らし・社会

シニアサポートサービスを上手に活用しよう!家事代行、掃除代行、炊事代行などを取り入れて快適な毎日を

毎日こなさなければいけない! と半ば義務のように感じる家事。 一昔前の「お手伝いさん」というと、お金持ちの家にしかいない、架空の生き物のような存在でした。 しかし、最近...
NEW!
2019年3月25日

暮らし・社会

事件にも発展した「パパ活」って何?今さら聞けないパパ活とは

パパ活中の女子高生が恐喝されたり、殺人事件に結びついたりするなど今問題となっている「パパ活」。 パパ活とは若い女性が男性と食事やお茶を共にする対価として金銭を受け取る活動のこ...
NEW!
2019年3月22日

暮らし・社会

「3割ルール」を守った自治体が損をする?「ふるさと納税」のルールを守った賢い利用方法

豪華な返礼品がたびたび話題になる「ふるさと納税」。 規定の金額を支払う(納める)ことで、納税した自治体から「A5ランク和牛」や「家電」、「パソコン」といったとても豪華な返礼品...
2019年3月17日

暮らし・社会

入院生活後の食事は宅配弁当がオススメ?健康維持に役立つ宅配弁当の世界

宅配弁当というと、どちらかといえば「脂っぽくて健康によくなさそう」というイメージをお持ちの方も多いでしょう。 確かに、一昔前の宅配弁当は味付けも濃く、お米をたくさん食べられる...
2019年3月16日

暮らし・社会

【Slownetアンケート結果】『副業』したいですか?

先日、Slownet特集記事のシニアにオススメのネットで簡単副業!アンケートで5万円ももらえる!?にて、『副業』したいですか?というアンケートを皆様に募集しました。 本日はその結...
2019年3月16日

暮らし・社会

「65歳以上」の賃貸契約はお断り?部屋が借りられない高齢者の家探し問題が深刻

「子どもが巣立っていき部屋を持て余している」 「家の維持管理が金銭的にも肉体的にも重い負担」 「財産を整理し、現金化したい」 「建物が老朽化している」 などさまざな理由で所...

脳トレドリル。まずはお試し980円