メニュー
ゲストさん
slownet_バナー_190402
 

急成長「ストロング系」人気が過熱する3つの理由・シニアのお酒事情

2018年爆発的に売れた高アルコール酎ハイ「ストロングゼロ」など安くしっかり酔えるのが人気の要因。

Slownetのみなさんどうですか?

昨年一番飲んだお酒を教えてください。

「早く安く酔える」高アルコール飲料

ビールで乾杯

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

25度以上のアルコール度数が一般的な焼酎も、最近では20度という低アルコールの焼酎がじわり人気を集めています。

人気の理由は酒税

一般的な焼酎より5度低いので酒税が安く、1割から2割ほど安く販売されている商品が多いのです。

近年では消費者の節約志向が高まっているため、「手軽に酔いたい」という焼酎愛好家の需要を捉えた商品となっています。

低アルコール焼酎を愛飲している方は口々に「アルコールが弱いので、料理の邪魔をせず、グビグビ飲むことができる」「口当たりが軽くて飲みやすい」と話し、消費者の心をしっかりと捉えていることがわかります。

小売店でも好調で、都内などに店をかまえるサミットでは、1.8リットルの20度紙パック焼酎の販売数が前年比10%以上伸びているといいます。
ほかのスーパーでも同様に20度焼酎の売上が上昇傾向にあり、人気が伺えます。

人気の焼酎「いいちこ」の三和酒類では「全国的に20度の出荷比率が上がっている」と話し、900ミリリットルパックのいいちこに限れば、首都圏でも20度の商品のほうが売れているそう。

20度焼酎はこれまで、ロックで飲むのが主流でしたが、最近ではソーダ割りも人気
実際にさまざまな商品が発売されています。

好みの味も続々

焼酎

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

いわゆるストロング系と呼ばれる酎ハイを最近はよく見かける、という方も多いのではないでしょうか?

スーパーやコンビニなどでは、ビールの売り場よりもストロング系酎ハイの売り場のほうが広い、なんて光景が一般的になりました。

ストロング系酎ハイは、「割らずにすぐ飲める」を意味するRTD(レディ・トゥ・ドリンク)カテゴリに入る商品。
特徴は高アルコール度数に飲みやすい味付けです。

8%から9%のアルコール分が含まれているストロング系酎ハイは、今まで2本飲んでいた人でも、1本で十分に酔えるため、財布にも優しいのが人気の理由のひとつ。

2008年に「キリン 氷結ストロング」が発売され、8%のアルコール度数でしたが、100円程度で購入できたことから、「缶酎ハイは女性やアルコール初心者が飲むもの」敬遠していた40代から60代の男性たちからも支持を得ました。

この成功に着目したサントリーが2009年2月に「マイナス196℃ストロングゼロ」シリーズを発表。
2013年には甘さを控えたDRY、2016年には果物の苦味が特徴のストロングゼロビターシリーズを追加するなど、後発ながらもストロング市場最大のヒット商品となりました。

後発のサントリーにトップを奪われたキリンは2018年に「キリン・ザ・ストロング」を発売。
この商品は強い炭酸感とハードエキスを使用したハードな味わいが特徴で、さらにアルコール分9%と「トリプルハード製法」で実現した刺激と飲みごたえが特徴です。

人気のストロング系酎ハイ市場は2010年から2017年までに2.5倍に拡大
酒類ではほぼ唯一の販売増が見込めるジャンルになるなど、大人気ジャンルとなりました。
今ではアサヒがアルコール分9%の「もぎたて」シリーズを販売開始するなど、高アルコール度商品の新作が続々発売されています。

こうしたストロング系酎ハイはレモングレープフルーツといった柑橘系の味わいのほか、モモパイナップルなどさまざまな味が登場。
好みの合わせて味を選べるとあって、ますます人気となっています。

プリン体や糖分がほとんどなく、健康志向に合致

枝豆

画像提供:imagenavi(イメージナビ

アルコールといえば気になるのがプリン体糖分

実際にビールなどの醸造酒にはこれらが多く含まれており、痛風や糖尿病の原因にもなってしまいます。

しかし、ウイスキーや焼酎といった蒸留酒は糖質がほとんど含まれておらず、プリン体もあまり含まれていないので、健康志向の方にマッチするアルコールだといえます。

お酒を飲む場合は、健康にも気をつけたいところです。

お酒を飲みすぎてしまうと、肝臓への負担も大きくなってしまいます。
そんな場合はチーズや枝豆と一緒にお酒を楽しむのがおすすめです。

チーズや枝豆と一緒にアルコールを摂取すると、悪酔いの原因でもあるアセトアルデヒドの働きを抑えてくれたり、肝機能を向上させたりすることができます。

飲み過ぎで二日酔いになってしまうと、次の日が台無しになることもあります。
上手にお酒と付き合っていきたいですね。

 

皆さんは普段どのようなお酒を飲んでいますか?

ビール、焼酎、ウイスキー、ブランデー、ワインなどさまざななお酒がありますよね。
みなさんが昨年一番のんだお酒をぜひブログで教えてください。

===========================================
Slownetでブログやコメントを更新すると同じ趣味の仲間が見つかるかも!?人気のサークル情報などをお知らせするメールマガジンも受け取れる、Slownet会員登録はこちらから↓
Slownet会員登録はこちらから

コメント
  1. アルコールは何でも飲むがベスト1は日本酒(常温)・ベスト2はビール・ベスト3は3焼酎のレモン割・ベスト4に芋焼酎お湯割り,他にはウイスキー・発泡酒・日本酒冷などです。

  2. 糖尿の気があるので、女房の監視下にある家での晩酌は99%焼酎(25度)ですが、外では先ずビール→日本酒ですなー。やっぱり日本酒はうまいですなー。薬の飲みながら隠れて一杯・・・しては駄目ですよ。

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
NEW!
2019年4月24日

暮らし・社会

【シニアの学び直し】学び直し専門の「大学」 社会に還元・循環するリカレント教育に注目が集まる

高齢者大学(老人大学・シルバーカレッジ)といわれる学びの場は全国に多数存在します。 一般の大学でも高齢者を受け入れていますが、これらの大学は学び直しがメイン。 高齢者になっ...
NEW!
2019年4月22日

暮らし・社会

葬儀の準備はどうする?早めに終活を始めることで、遺された家族の後悔は減るらしい

終活関連サービスとして、自分の半生を描いた本などの出版を手助けしている鎌倉新書が実施した「葬儀において後悔したこと」のアンケートによると、後悔している人の割合は6割を超えるそう。 ...
NEW!
2019年4月21日

暮らし・社会

最新家電をまずはお試し!「家電レンタル」サービスを活用して、高級家電を試してみよう!

最近の家電といえばデザイン性が優れているのはもちろん、メーカーによってさまざまな機能がついていますよね。 家電は実際に使用してみないと本当に使い心地はわかりません。 だから...
2019年4月17日

暮らし・社会

50代以上からの海外留学!短期滞在、ホームステイなどシニア留学のメリット・デメリットをご紹介

シニアの語学留学は語学力を身に着けたり、趣味の習い事などに取り組んでみたりしつつ、ゆっくりと観光も楽しむ、「海外生活を満喫」するスタイルが人気。 特に来年は東京オリンピックが...
2019年4月15日

暮らし・社会

部屋はもう散らからない!片付けベタを卒業するにはどうする?片付けのコツを伝授

モノが多すぎる部屋はなかなか片付かないもの。 部屋が散らかってしまうと、どこから手を付ければ良いのかわかりませんよね。 そんな悩みを抱えている人は要注目! 片付けや整理整...
2019年4月14日

暮らし・社会

突然の一人暮らし!妻が入院してしまった!さて食事はどうする?料理する?宅配にする?

人生100年時代と言われて久しい現代。 パートナーが突然病に倒れ、入院してしまうことはよくあることでしょう。 そこで困るのは毎日食事の準備。 普段からすべて自分で行ってい...