メニュー
ゲストさん
toshitsu 京都リカレントステイ
 

【Slownetアンケート結果】ネット上で政治関連発言は行うべき?控えるべき?

先日、Slownet特集記事の【政治議論】ネットでの政治議論専門アプリ「ポリポリ」にて、みなさまのご意見を募集いたしました。
本日はその結果をお知らせします!

ビジネスイメージ

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

政治に関する価値観や考え方はみなさんそれぞれ違うもの。
社会では人との関わりにおいて「野球」と「政治」の話はできるだけしない方が良しとされています。
しかし、匿名でさまざまな意見を交わすことができるネット上ではどうでしょうか。

今回は、ネット上で政治関連発言は行うべき?控えるべき?をテーマに調査をしました。Slownet会員25名様にご意見をいただきました。

ネット上では自由に発言が行われるべき!の意見が多数

ネット上で政治関連発言は行うべき?控えるべき?

出所:Slownetアンケート調査より

Slownetのアンケート調査では、84%の方々が『発言してもいいと思う』とお答えくださいました。
その理由として挙げられた意見としては・・・

・自由な多様な意見がでていいと思います。 ただし実名で公表して欲しいです。(60代・男性)
・メディアの情報だと国民の思っていることが伝わっていないと思う。(60代・女性)
・自分が主に発言しているSNSなどに限れば、自分と全く異なる意見・思想の方に、 論争を挑むスタイルのコメントは避けるべきだし、そのような意見の持ち主を「罵倒」することは絶対に避けるべき。 (70代・男性)
・政治に関して色々な意見があるのは当然です。しかし自分と反対の考えに対して攻撃的な言葉で非難するのはやめたほうがいいですね。 (70代・男性)
・好き嫌いはあって当然だが、その根拠となるその人の理解が間違っていたり、特定の政治家の欠点を捏造しては議論にならない。(80代・男性)

一方8%で『控えるべきだと思う』と答えた方々の意見としては・・・

・不特定多数の方々がいる場では、政治、宗教、特定のスポーツ団体などの話題は控えたいと考えています。その人その人によって支持する政党とか違いますし、信仰してる宗教もそして応援してるスポーツ団体もですが、コメント等するなら差し障りのない程度に留めておいた方が、要らぬトラブルに巻き込まれないからね!(60代・男性)
・過激な発言で相手を罵る。 読んでいても不愉快になる 是々非々の意見ならいいが、支持政党の宣伝なら聞き飽きています。(80代・男性)

のような意見がありました。

Slownetでは毎週さまざまなテーマで『今週のアンケート』を実施しております。
同世代のシニア会員様の方々はどう思っているのか、毎週1回お知らせいたします。

ぜひ、みなさまのご意見お聞かせください!

【現在実施中のアンケート】

★ご意見募集中!★

『コンビ二のトイレを使用時、店員に一声かけますか?』
<

投稿は終了いたしました。沢山のご意見ありがとうございました。

 

Slownetの『今週のアンケート』はトップページ右の「今週のおすすめ記事」でご確認いただけます。



コメント

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
NEW!
2019年10月15日

社会

定年後はUターン?昔住んだ地元に移住して、豊かな老後を過ごすなら地域創世・地域活性が鍵になる?

定年退職後は地元に戻ってのんびりと暮らしたいと考えている方も多いのではないでしょうか? それまで働いてきた東京や大阪などの大都会での経験を活かして、例えば生まれ育った町の「地域活...
NEW!
2019年10月13日

社会

「マウンティングシニア」「マウンティングおじさん」は厄介?最近よく聞く「マウンティング」って一体なに?

シニアだけの特徴、おじさんだけの特徴ではありませんが、「マウンティング」をする人っていますよね。 ほかの人が自分より優位になっているところを我慢できない、他人の自慢話がうっとうし...
2019年10月11日

社会

急な停電、どう備える?どう対応する?あなたは停電への備えができていますか?

現在も完全復旧とは行かない千葉県内で発生している停電。 昨年は大阪府や北海道でも大規模停電が発生しました。 停電すると日常生活のなかで驚くほど電気を使用していることがわかります...
2019年10月10日

社会

意外と知らない?お供え、引っ越し、処分、花など仏壇の管理方法

仏壇が家にある、という家庭もあるのではないでしょうか? 先立った家族やご先祖様の供養で毎日感謝を込めてお祈りすることが日常になっている方も多いのではないでしょうか? そもそ...
2019年10月8日

社会

「生きがい」は必ず必要なの?人生100年時代だからこそ、定年後を楽しく生き生き過ごすためには何が必要なのか

人生100年時代。 実際に100歳以上の高齢者は2019年の厚生労働省の発表では7万1,274人にも上り、49年連続で最多を更新しているそうです。 60歳で定年退職したとす...
2019年10月6日

社会

高齢者が外傷を負いやすい場所は「自宅」だった!?骨折、転倒など自宅こそ要注意のわけとは

「転びやすい場所」はどこですか? イメージしやすいのは道を歩いているときなんかですよね。 そういったシチュエーションは外ではないでしょうか? 転びやすいというと外でのシチ...