メニュー
ゲストさん
slownet_バナー_190402
 

タクシーの運転手が道を間違えた! 回り道した分の返金は可能?

何かとトラブルが多い乗り物、タクシー。ドライバーは正確かつ迅速に顧客を目的地に送り届けることが仕事ですが、不慣れな道の場合、遠回りしてしまうなどして時間がかかってしまうことがあります。

タクシー

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

距離に応じた料金を請求するのがタクシーですから、利用する側としてはあまりにも間違いが酷い場合、請求額から余計にかかった分を引いてもらいたいと考えるもの。
そのようなことは、実際のところ可能なのでしょうか?

Q.タクシー運転手が道を間違えて料金を多く請求された。返金してもらうことはできる?

A.間違いがはっきりしている場合は増額分を返金してもらうことはできるものと思われます

運転手が「わざと」遠回りしていることが明らかである、道を間違えてしまったことがはっきりしているという場合は、余計に請求された金額分については返金してもらうことはできるものと思われます。

これはタクシー運転手と顧客が、タクシーに乗り、行き先を告げた時点で「旅客運送契約」を結んでいるためで、わざと遠回りをする、明らかに道を間違えるなどの行為はこの契約に違反するためです。
ただし、これはあくまでもわざと遠回りする、道を間違えるなどの行為がはっきりしている場合のみ。難癖をつけ、返金してもらおうなどということは、当然できません。

最近タクシーにはドライブレコーダーが搭載されていることが多くなりましたので、もしその場で返金されないとしても、後日タクシー会社が録画をチェックし正当性を検証し、故意や過失が認められた場合は返金してくれるケースも増えてくるかもしれません。

運転手も人間ですので、多少のミスは大目に見ても…と思いますが、「あまりにも酷い」場合は、増額分の返金を迫ることもできるということですね。

*監修弁護士:若井 亮(不動法律事務所。「迅速対応」「分かりやすい説明」「徹底した報告」をモットーとしている。不当要求への対応、詐欺被害への対応を多く経験している)
*取材・文:櫻井哲夫(本サイトでは弁護士様の回答をわかりやすく伝えるために日々奮闘し、丁寧な記事執筆を心がけております。仕事依頼も随時受け付けています)

===========================================
※本記事は「シェアしたくなる法律相談所」から提供を受けております。著作権は提供会社に帰属します。
※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

【関連記事】
・タクシーに乗車を断られた…運転手の拒否行為は違法?
・タクシー運転手がメーター押し忘れてた!いくら払うべき?



コメント

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
NEW!
2019年4月22日

暮らし・社会

葬儀の準備はどうする?早めに終活を始めることで、遺された家族の後悔は減るらしい

終活関連サービスとして、自分の半生を描いた本などの出版を手助けしている鎌倉新書が実施した「葬儀において後悔したこと」のアンケートによると、後悔している人の割合は6割を超えるそう。 ...
NEW!
2019年4月21日

暮らし・社会

最新家電をまずはお試し!「家電レンタル」サービスを活用して、高級家電を試してみよう!

最近の家電といえばデザイン性が優れているのはもちろん、メーカーによってさまざまな機能がついていますよね。 家電は実際に使用してみないと本当に使い心地はわかりません。 だから...
NEW!
2019年4月17日

暮らし・社会

50代以上からの海外留学!短期滞在、ホームステイなどシニア留学のメリット・デメリットをご紹介

シニアの語学留学は語学力を身に着けたり、趣味の習い事などに取り組んでみたりしつつ、ゆっくりと観光も楽しむ、「海外生活を満喫」するスタイルが人気。 特に来年は東京オリンピックが...
2019年4月15日

暮らし・社会

部屋はもう散らからない!片付けベタを卒業するにはどうする?片付けのコツを伝授

モノが多すぎる部屋はなかなか片付かないもの。 部屋が散らかってしまうと、どこから手を付ければ良いのかわかりませんよね。 そんな悩みを抱えている人は要注目! 片付けや整理整...
2019年4月14日

暮らし・社会

突然の一人暮らし!妻が入院してしまった!さて食事はどうする?料理する?宅配にする?

人生100年時代と言われて久しい現代。 パートナーが突然病に倒れ、入院してしまうことはよくあることでしょう。 そこで困るのは毎日食事の準備。 普段からすべて自分で行ってい...
2019年4月7日

暮らし・社会

詐欺手口「アポ電強盗」って何?警察官や銀行職員を名乗り、玄関を開けさせる手口とは?

「オレオレ詐欺」のような特殊詐欺被害は平成21年には7,340件でしたが、平成30年には16,493件(いずれも認知件数)と、増加傾向にあります。 こうした特殊詐欺の手口で、...