メニュー
ゲストさん
slownet_バナー_190527
 

突然の一人暮らし!妻が入院してしまった!さて食事はどうする?料理する?宅配にする?

人生100年時代と言われて久しい現代。
パートナーが突然病に倒れ、入院してしまうことはよくあることでしょう。

そこで困るのは毎日食事の準備。
普段からすべて自分で行っていればよいですが、日頃の食事をパートナーに任せている、という人は突然パートナーがいなくなってしまったら右往左往してしまうもの。

そこで今回は、突然パートナーが不在でも、きちんと栄養バランスが考えられた食事を摂る方法を考えていきましょう。

一人暮らしシニアの食事 まずは3日分の作り置きをしよう

一人暮らしシニアの食事 まずは3日分の作り置きをしよう

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

突然の一人暮らしとなってしまったら、食事に悩むものです。
今まで食事の準備などを毎日行っていない人ならなおのこと食事の準備が苦痛に、億劫に感じることでしょう。

そんなとき活用したいのは冷凍食品。
最近の冷凍食品は味もよく、栄養バランスも良いものがたくさんあるのでs。

例えば冷凍パスタ。
とても美味しい冷凍パスタが最近は増えています。
定番のミートソースをはじめ、ナポリタン、クリームパスタ、ペスカトーレといった今までお店でしか食べられなかったようなものがたくさん揃っています。

たくさんある冷凍パスタですが、どのようなものを選べばよいのでしょうか?
どれを選んでも味はだいたい問題ありません。
そんなときは裏面の成分表を見てみましょう。

少し痩せなければならないひとはカロリー控えめのものを、塩分に気をつけなければならない人は塩分が控えめのものを選ぶと良いでしょう。
自分ひとりで選ぶとついつい味の濃いものを選びがち。
しかし、塩分が多いものは高血圧や脳卒中などのリスクを高めてしまいます。
自分ひとりだからこそ、成分に気をつけて選びましょう。

一般的にトマト系や塩オイル系(ペペロンチーノなど)は塩分が控えめ(減塩)傾向にあるので、まずはこのあたりをチョイスしてはいかがでしょうか?

もちろん、これだけで栄養バランスが良いわけではありません。
冷凍野菜も売られているので、プラスするのがオススメです。
冷凍のインゲンやブロッコリー、野菜ミックスなどはレンジで暖めるだけで簡単に食べることができるのでオススメですよ。
冷凍パスタはソースが多いことがあるので、野菜を絡めて食べるときちんと野菜も摂取できるでしょう。

ご飯は自分で用意して、レトルトのカレーや牛丼などをかけて食べるのもオススメです。
その際は冷凍の野菜をプラスするのも忘れずに。
冷凍野菜もすでにグリルされたものがあるので、こうしたものはカレーなどに合わせると良いですね。

この機会にしっかりと料理を始めよう!と考えている方は作り置きを覚えておくのが良いでしょう。
毎食毎食しっかりと調理するのは大変で、ついつい同じ料理ばかりになってしまいます。
だからこそ、3日分などをあらかじめ作り置きしておくことで、毎日栄養バランスの取れた食事を摺ることができますよ。



料理を作ろうと食材を買ってきても、上手に活用できなくて腐らせてしまうことは多々あります。
だからこそ、3日分のレシピを考えておけば食材を余らせることはないでしょう。

3日分の買い物であれば食材を揃えるのも容易ですし、作ったものを冷凍する必要もないので簡単です。
1日目は「魚」、2日目は「肉」、3日目は「麺類」など自炊のサイクルを作ってしまえば献立を考えるのも楽になるでしょう。
食材にこだわらず、1日は手抜き!と決めてしまっても良いです。
手抜き料理はいわゆる丼もの。
ご飯を炊いて、上に乗せるだけで食べられる簡単料理をサイクルのなかに組み込んでも良いでしょう。

あらかじめ料理の準備! 下ごしらえの手間を減らす

あらかじめ料理下ごしらえの手間を減らす

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

作り置きをしようと思うと意外と手間に感じるのが下ごしらえ。
何しろ3日分の料理を作らなければならないわけですから、思ったよりも多くの食材を処理しなければなりません。

そこで活用したいのは時短調理器。

通販番組などでもおなじみの「マジックブレット」はミキサーですが、食材を刻んだりする作業も得意。
なんと1台で7役もこなすことができるのです。

マジックブレットができるのは「きざむ」「おろす」「する」「まぜる」「くだく」「ひく」「泡立てる」の7つ。
例えば野菜のみじん切りや肉や魚のミンチ、ショウガやニンニクを刻むのは作業も細かくて面倒なもの。
そんなときマジックブレットがあれば、簡単に、あっという間にできるのです。

このほか大根おろしを簡単に作れたり、ゴマをすりつぶしたり、パン生地を混ぜ合わせたり、氷を砕いたり、コーヒー豆を挽いたり、生クリームを泡立てたり、と料理で面倒だと感じる部分を担ってくれます。

マジックブレットの優れたところはマグカップくらいのサイズ感だということ。
小さいのでキッチンに置いておいても邪魔になりません。
小さくともサイクロン構造を採用しているので、パワーは十分。
いつでもきちんと刻んだり、混ぜたりすることができます。

容器は電子レンジで加熱できたり、食洗機で洗えたりなどメンテナンス性も抜群。
料理に興味が出てきた、刻む作業が苦手、手軽に大根おろしを作りたい、といった場合はぜひマジックブレットを活用してみてはいかがでしょうか?

また、少し手の込んだものを作りたい!と思っても、加熱している間中ずっと見ているのは面倒だし、何より日にかけ続けるからガス代が心配…という方は電気圧力鍋を活用してはいかがでしょうか?

炊飯、煮込み料理、無水調理、温め直し、蒸し料理、圧力調理など1台6役のすぐれものです。

ショップジャパンが販売しているプレッシャーキングプロは従来の調理時間を10分の1に圧縮できるほどの優れもの。
加圧することで、ご飯などを炊いてもふっくらと仕上がるのもポイントといえるでしょう。

使い方はとても簡単で、鍋に材料をすべて入れて、蓋をしめて、スイッチをいれるだけ。
たったこれだけで簡単に煮込み料理を作ることができます。

お米であれば5合を12分、カレーなら4人前を15分で作ることができます。
これだけの量を作ろうと思ったら1時間くらいかかってしまうもの。
たった15分で終わるのであれば、毎日の調理も楽にできることでしょう。



大きさも炊飯器くらいなので場所も取らず、キッチンにすっきりと収めることができます。
電気調理なので火加減も不要。
料理初心者であればあるほど活用しやすいのです。

男性も女性も嬉しいヘルシーな油を大幅カットしたヘルシーなメニュー 宅配サービスを利用するという手も

男性も女性も嬉しいヘルシーな油を大幅カットしたヘルシーなメニュー 宅配サービスを利用するという手も

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

こうした便利調理アイテムを活用することで、料理をほとんど作ったことがない、という方でも簡単に調理することが可能です。

しかし、たまには揚げ物を食べたくなりますよね。
でも、揚げ物は油の温度管理やきちんと火が通っているかの確認、使い終わった油の処理など面倒なことがたくさん。

そこで油なしでも美味しくジューシーに作ることができる調理アイテムをご紹介します。

ショップジャパンが販売している「カラーラ」は油を使わずに揚げ物をつくることができる健康フライヤー。
食材が持つ油をつかって揚げ物を作れるので、ヘルシーなのが特徴です。

使い方は簡単で、食材をバスケットに並べ、温度・時間を設定するだけ。
鶏のから揚げであれば10分ほどで作ることができます。

また、作り置きした料理は日が経つにつれてどんどん味が落ちていきます。
1日目に食べたほうが3日目に食べるよりも美味しいですよね。
これは酸素に触れてしまうため。
「フォーサ」を活用すれば、真空保存できるので食材の鮮度が長持ちします。
新鮮な状態が長くない野菜などは「フォーサ」に入れるだけで、長持ちしますよ。

フォーサは現在品薄状態なので気になる方はお早めに。

自分で調理する方はこうした便利グッズを利活用することで手軽に、栄養満点の食事を取ることができます。
でも料理は全くしたくない、とにかく面倒、たまには楽したい、という方は宅配弁当サービスなどを利用しても良いでしょう。
現在ではさまざまな宅配弁当サービスがあるので、ぜひ調べてみてくださいね。



【免責事項について】
「Slownet特集記事」に掲載されている情報は可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。「Slownet」は読者様が当サイトの情報を用いて行う一切の行為について、責任を負いかねますので御了承ください。
「Slownet特集記事」に記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にてお願い致します。
「Slownet」からリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。「Slownet特集記事」上の情報やURLは、予告なしに変更または削除される場合があります。
その他、上記項目に含まれない事項については、当社が定める「利用規約」に準拠するものとします。

コメント
  1. 私は一昨年、妻の突然の入院で経験した。
    近所の人からの差し入れが随分あったけど、自分でも料理に挑戦した。
    料理も楽しい。別に苦痛ではなかった。
    オリジナル料理、幾つも開発した。

  2. 今まで料理に慣れている女性であっても、一人暮らしになると、
    徐々に痩せて体力がなくなってくる人がある。
    食べることはほんとうに大切。

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
NEW!
2019年7月24日

暮らし・社会

【持ち家vs賃貸】65歳以上は家を借りるのが難しい!?65歳以上を対象とした不動産屋も登場

子供たちが独立した後や配偶者と死別した後など、家族の大きさが変わることで、家族向け住宅から一人暮らしに最適な住宅に引っ越しを考える方も多くいらっしゃると思います。 しかし、65歳...
NEW!
2019年7月22日

暮らし・社会

【有料化】コンビニのレジ袋有料化!いつから有料化は始まる?なぜ有料化するの?気になる疑問を徹底解消!

プラスチックごみの削減を目的としてレジ袋の有料化を法令で義務化する考えを原田環境相が示しました。 これによってコンビニでもレジ袋が有料化になっていくことが予想されます。 この法...
2019年7月7日

暮らし・社会

一人暮らしや配偶者がいない人の終活はどうするの?「ソロ終活」の話

みなさんは「終活」を行っていますか? 行っている場合は、どのような終活を行っていますか?配偶者や子供がいる人は相談の上決めていく人が多いと思います。しかし、一人暮らしの方や配偶者...
2019年7月4日

暮らし・社会

マイナンバーカードが保険証として利用可能に!改めて確認しましょう、マイナンバーカードでできること

2021年3月からマイナンバーカードが保険証として使用可能となる法案が今年2月改正されました。みなさんはマイナンバーカードをすでにお持ちですか?自営業者でない限り、マイナンバーカー...
2019年6月30日

暮らし・社会

【かゆい】夏の天敵「蚊」を退治するため裏ワザ!蚊の対策を万全にして夏を迎えよう!

夏になると招かざる客の「蚊」に頭を悩ませる人も多いでしょう。刺されるとかゆいし、電気を消してから顔の周りを飛び回られると羽音がうるさくて仕方ありません。また、なぜか分からないけど、...
2019年6月29日

暮らし・社会

鍵閉めた?火は止めた?外出時に不安になってしまう方におすすめのアイテム「火の元チェッカー」

外出先で、窓を閉めたかな? エアコンは止めたかな? 火はちゃんと消したかな? 鍵は閉めたかな? と不安になることはありませんか? これらは毎日無意識に行っている行動ですよね。...