メニュー
ゲストさん
 

75歳以上の8割が「運転に自信あり」 なくならない高齢者事故について考える

東日本高速道路の調査で、高齢になるほど自動車の運転に自信を持っていることがわかりました。

75歳以上で自信を示した人は8割を超え、高速道路での逆走も「自分には関係ない」とする高齢者が4割を超えたそう。

また、親に「運転が危ない」と伝えた人は8割に登りますが、子どもから指摘されたとする高齢者は24%にとどまる、という結果に。

この調査では高齢者の危機意識の乏しさが浮き彫りとなった形。
高齢運転者について考えていきます。

高齢者は「被害者」ではなく「加害者」?高齢者ドライバーの特徴とは?自信はあるけれど…

高齢者は「被害者」ではなく「加害者」?高齢者ドライバーの特徴とは?自信はあるけれど…

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

最近の運転免許更新の場では、「高齢者と自動車運転」というテーマの安全講習もあるそう。
若いうちから、ある程度の年齢で免許を返納させよう、という思いを持たせる講習です。

現在、70歳以上の高齢者は運転免許を更新する際、「高齢者講習」を受けることが義務。
また、75歳以上は「認知機能検査」も受け、いずれも問題ない、と判断されないと運転免許を更新できません。

さらに2017(平成29)年3月に改正された道交法では、75歳以上の運転者が一定の違反行為をした場合、免許の更新時でなくとも臨時の認知検査を受けるよう義務付けられています。

過去記事

【運転免許】70歳以上の義務!『高齢者講習』の検査では何を見る?免許返納の必要性
https://slownet.ne.jp/c/society/post-25928/

高齢者の運転による交通事故を減らす「高齢ドライバー」についての知識
https://slownet.ne.jp/c/society/post-19757/

ここまでくると、高齢者に運転免許を持たせてなるものか!という思いまで感じてしまいますよね。

なかにはこうした厳しい審査を受けるなかで、「思ったよりも衰えている」「事故を起こしやすくなっている」と気が付き、運転免許を更新しない人もいるえしょう。
難しい講習は、こうした気づきを与えてくれる場でもあるのです。

警察庁が発表している「平成30年における交通死亡事故の特徴等について」には交通事故にまつわるデータが書かれています。

平成30年の交通事故死者数は3,532人と減少傾向で、人口10万人あたりの死者数も同様に減少しています。
その一方で、高齢者人口10万人あたりの死者数は全年層の約2倍に相当し、相当数の高齢者が交通事故で亡くなっている、ということがわかります。



交通事故による死者のうち、半数が歩行中または自転車乗車中。
そのうち7割が高齢者で、うち3分の2には法令違反があったそう。

高齢者はデータ上で事故率が高いといえることがわかります。

家族が高齢者に運転をやめさせる、免許を返納させるのは容易ではない

家族が高齢者に運転をやめさせる、免許を返納させるのは容易ではない

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

65歳以上の高齢ドライバーやその子ども416人を対象にインターネット上でアンケート調査を東日本高速道路が行いました。

その結果、高齢ドライバーのうち、運転に「とても自信を持っている」「自信を持っている」と答えたのは76%で、内訳は男性81%、女性50%に。

年代別で見てみると、66歳から69歳では自身がある人は74%だったのに対し、70歳から74歳では75%、75歳以上では79%となり、高齢になればなるほど雲煙に自信をもつ割合が高くなっています。

免許を返納しても良い年齢を訪ねたところ、平均は79歳。
65歳から69歳では77歳、70歳から79歳では80歳、80歳以上は83歳と回答するなど、年齢を重ねるごとに返納を考える年齢が上がっている、という特徴があります。

また、近年問題となっている高速道路の逆走による事故の7割は高齢者。
高齢ドライバーに逆走について尋ねると、「自分は逆走を起こさないと思うので関係ない」「興味なし」と回答したのは41%。
「自分も運転するので関係ある」と回答した人は59%となり、他人事ととらえている高齢者は多いようです。



このアンケート調査では、高齢ドライバーを親に持つ子どもにもいろいろと尋ねています。

親に「運転が危ない」と伝えた子どもは80%に達したのに対し、子どもから運転が危ないことを伝えられた高齢者はわずか24%。
ここにかなり乖離があることがわかりまうs。
子どもが注意を促しても、親自身に自覚がないため、聞いても忘れている、聞き流している可能性もありそうです。

「危ないから運転させない」というのは、ニュースなどで高齢者の事故情報が出るたびに思うこと。

「家族が運転免許を取り上げればいいじゃないか」と簡単に思ってしまいますが、実際にはそう簡単なものではないそう。

「運転免許を取り上げるとボケてしまうのではないか?」「あなたはもう運転もできない老人という事実を突きつけられない」といった理由で、免許を返納させるのは容易ではないようです。

事故を心配する日々はもういやだ!警察の相談窓口利用を

事故を心配する日々はもういやだ!警察の相談窓口利用を

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

東京新聞は昨年1月29日付けの社説で「悲劇の後では遅い。本人の自覚が大切なのはもちろんだが、周りが運転免許証の自主返納を後押ししたい」と述べています。

また、東京新聞は内閣府の世論調査を取り上げ、「70歳以上の運転免許保有者が免許を返そうと思うきっかけは、複数回答で自らの身体能力が低下したと感じたときが74.3%と最多となった」と書いています。
さらに、「反面、家族や友人、医者らから勧められたときが26.3%、交通違反や交通事故を起こしたときが10.9%、返納するつもりがないが9.2%」だったと続けます。

これらを引き合いに出し、東京新聞の社説では「運転に対する自身とこだわりの強さが浮かぶ」と指摘。

最後に読者の体験談を挙げています。

東京新聞に掲載された読者の体験談

父は認知症が進み、医師からも運転を止められたが、聞き入れない。家族全員で警察の相談窓口に行き、認知症などの検査をした。父は認知力の低下を実感したことで、免許を手放すと言ってくれた。粘り強く説得してくれた警察官の協力があってこそだった

現在警察では、カレイによる身体能力の衰えで運転に不安を感じている高齢者などに、運転免許証の自主返納を勧めています。

その甲斐あってか、今年4月に発表された運転免許証を自主返納した75歳以上の人は、去年1年間で29万人あまりと、過去最多となりました。
前年と比較すると、3万8,152人上回り、運転免許証の自主返納がはじまった平成10年以降でもっとも多くなりました。

警察庁では、高齢者本人だけでなく、その家族からの相談にも応じ、身体能力に合わせた運転や運転免許の自主返納つなげるための相談ダイヤルを今年秋から設置予定。
なかなか免許を返納しない高齢ドライバー対策に本腰を入れる形です。

その一方で、すべての高齢者が都市部に暮らしているわけではありません。

交通インフラが整っている都市部であれば、運転免許証を返納しても、公共交通機関で移動などができるでしょう。

しかし、バスは1時間に1本あればいいほう、駅は車で1時間という場所に住んでいる人は車がなければ何もできません。

運転免許の返納を促すとともに、交通インフラが弱い地域に住んでいる人へのフォローを進めるべきだといえるでしょう。

車は生活の足としてとても便利です。
しかし、アクセルを踏めば暴走する危険性もはらんでいます。
便利な半面、「殺人マシン」になる危険性もあるのです。
だからこそ、自分の身体能力を過信せず、家族からの言葉にはしっかりと耳を傾けるのが良さそうですね。

コメント
  1. 高齢者の事故増加の背景には、一面にはAT車の設計上の問題がある。
    発進時、バック時の急加速、ブレーキとアクセルの踏み間違いなどは、フェイルセイフの観点からのメーカーの人間工学に基づいた対応で解決できる。

  2. 現在85歳 大病院に 5課 受診中 家族で 運転者は一人いるが
    精神病 救急車を 使用せよと言われるかも知れんが
    何回も タクシー代わりには使用できない タクシーに
    乗れといわれるかもしれないが 真冬の寒い時に すぐ来るかどうか不明
    したがって 自分で 自分の車を 運転していかなくてはならない
    ちなみに 免許取得は 昭和33年 時故 全く無 警察の 点数稼ぎの
    信号無視などには かかったことはある 免許返納は かなり困難

  3. 自動車事故統計では75-79歳の事故率は若い世代の事故率と大差がない、事故の多いのは80歳以上です、免許の更新の際に、ご参考に

  4. どうしても必要な方は運転すれば良い、不要の方は80歳を超えたら、返納を考えたらどうでしょう

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
2019年9月6日

暮らし・社会

【運転免許返納問題】自家用車を維持する、タクシーを利用する、どっちがお得?どちらが経済的かを徹底比較

最近、高齢者の免許の自主返納に対する厳しい意見が次々と出ていますよね。 実際に高齢で、まだ運転されている方にとっては耳が痛い話題ではないのでしょうか? 運転免許を返納しよう...
2019年9月4日

暮らし・社会

シニア世代に人気急増中のプリウスの魅力は何?シニアにお勧めの車種もご紹介

最近、シニア層の中で車の買い替えで人気が急増中の車種が「プリウス」のよう。 実際に自動車の買い換えを検討しているとき、プリウスが候補に挙がっているという方もいるのではないでしょう...
2019年8月31日

暮らし・社会

【社会貢献】誰かの力になりたい!だけど、どのように始めたら良いのか分からない!ボランティアを始めるには?

定年後、時間的余裕が出来た。 何か自分の時間を有効活用できないかな? と考えている方はボランティアを始めてみてはいかがでしょうか? しかし、どのように始めたら良いのか、また...
2019年8月27日

暮らし・社会

よかれと思ってした行動が相手には「迷惑」かも?自分もやっているかも知れない「ありがた迷惑」とは?

相手のことを真剣に考えて行動したのに、その行動は相手にとって迷惑以外の何物でもない、ということ、経験したことはありますか? もしくは自分が親切にされたけれど、今じゃない、ちょっと...
2019年8月23日

暮らし・社会

2人に1人が癌になる時代。いつか来るその日のため、ホスピスという選択肢。健康な今から考えておくことも重要

あらゆる病気のなかでもっとも死亡率が高いのが「ガン」です。 厚生労働省の人口動態統計によると、1981年以降日本人の死因1位はガンで、全体の3割も占めているのです。 実に3人に...
2019年8月21日

暮らし・社会

賞味期限間近食品の最大90%も安く買える!?食品ロス解決の鍵となる「訳あり」マーケットとは?

日本では年間2,759万トンの食品廃棄物等があり、このうちまだ食べられるので廃棄される食品は643万トンもあるそうです。 多くの食品は処分されたり、廃棄されたりしますが、このなか...