メニュー
ゲストさん
 

ペットを飼うにはどのくらいの費用がかかる?犬や猫などペットを飼う前に知っておきたい費用のこと

子どもたちが独立し、なんだか広くなった我が家に新たな家族を迎えたい。

定年を迎えたシニア世代のなかには、可愛くて愛嬌のあるペットを購入したい、新たな家族として迎えたい、と考えている方もいらっしゃるかと思います。

しかし、ペットも命や感情のある生き物です。
健やかにペットと暮らすためには無料、というわけにはいきません。

今回の記事ではペットとクラスにはどのくらいの費用がかかるのか?
詳しく見ていきます。

犬を飼い始めるには最大14万円!年間・毎月どのくらいの費用がかかるのか

犬を飼い始めるには最大14万円!年間・毎月どのくらいの費用がかかるのか

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

毎日散歩したり、自分を主人として慕ってくれ、芸達者なイメージがある犬。
現在、新たに犬を飼う場合、どのくらいの費用がかかるのでしょうか?

犬を飼うにあたり、必要となる費用は以下のとおりです。

  • 犬の登録料
  • 狂犬病予防注射
  • 健康診断
  • ワクチン接種
  • その他(生活用品など)

具体的にこれらはどのくらいの金額なのでしょうか?

犬の登録料

狂犬病予防法(第一章第四条)によって、犬を飼う際には必ず市区町村に登録を行わなければなりません。
また、交付された鑑札を犬に装着することが義務付けられています。
鑑札がつけられていない犬は捕獲の対象となり、飼い主には20万円以下の罰金が課せられるケースもあります。

犬の登録料は3,000円となっており、登録の際には登録料と印鑑が必要です。

登録に際しては人間の新生児と同様に期限が設けられています。
期限を過ぎたからといって登録できない、というわけではありませんが、早めに登録を行いましょう。
犬の登録期限は生後90日以下の犬の場合は生後91日から120日の間に。
生後91日以上の犬の場合は取得日から30日以内と定められています。
登録は居住地を管轄する市区町村へと行うこととなります。

登録料3,000円は大型犬、小型犬で差はなく、1頭あたりの価格です。

狂犬病予防注射の費用

狂犬病予防法(第一章第五条)によって、犬の飼い主は1年に1度、狂犬病予防注射を愛犬に受けさせる義務があります。
また、市区町村から交付される「注射済票」を犬に装着しなければならず、注射済票が犬にない場合は捕獲の対象となり、飼い主は20万円以下の罰金に処せられるケースもあります。

注射料金と交付手数料を合わせると4,000円以内が一般的で、動物病院で行っているほか、公共の場で合同で行われるケースもあります。



健康診断費用

ここからは義務ではありません。
しかし、愛犬が長く健康で生きられるよう、定期的に行いたいのが健康診断です。

健康診断は地域や病院、オプションの有無によってかなり変動するので、事前に動物病院に問い合わせるのが良いでしょう。
都会ほど高く、田舎ほどやや割安が一般的なようです。
目安の費用も幅があり、5,000円から2万円ほど見ておけばよいでしょう。

健康診断では体重測定、体温測定、便の検査、血液検査、尿検査、X線検査、心電図検査などを行うのが一般的。
動物病院によってはプランやコースなどを設け、料金を明示しているところもあります。
犬種によって大きく異なるので、事前にある程度のリサーチが必要となるでしょう。

混合ワクチン接種費用

犬がかかりやすい病気に対する免疫力を高めるため、あらかじめ混合ワクチン注射をします。

生まれたばかりの子犬には母犬から受けた受動免疫があります。
しかし離乳する頃には免疫力が低下してしまうのです。
ジステンパー、パルボウイルス、レプトスピラ、伝染性肝炎、パラインフルエンザウイルス、アデノウイルスなどにかかりやすいため、あらかじめワクチンを打っておくことでこれらの感染症を予防しましょう。

予防接種はいつでも動物病院でうつことができ、5種から6種混合ワクチンで1回5,000円から7,500円ほど。
8種から10種が5,000円から10,000円ほどとなっています。

その他の費用

生まれたばかりの犬はすぐに外にだすことができません。
そのため、ある程度の期間室内飼いをする必要があります。

犬を迎えるに当たり、最低でも2万円、高品質なもので揃えた場合、9万円ほどの費用が必要となります。

必要だと考えられるのは「犬用トイレ」「エサ皿」「ブラシ」「爪切り」「首輪」「リード」「(小型犬の場合)キャリーバッグ」「ケージ」「ベッド」など。
いずれも最低限必要なものです。

犬を新たに迎える場合は是非揃えたいところですね。



犬を飼う場合の年間費用は?

年間費用は犬種によって異なります。

小型犬の場合は9万円から53万円。

中型犬・大型犬の場合は12万円から74万円ほど。

どのようなご飯を選ぶかで年間費用は大きく異なってきます。
月1万円程度は最低でもかかる計算となるので、犬を迎える場合は目安にすると良いでしょう。

猫を家に迎えるには最大11万円!年間・毎月どのくらいの費用がかかるのか

猫を家に迎えるには最大11万円!年間・毎月どのくらいの費用がかかるのか

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

最近では人気ペットランキングでも1位を獲得することが目立つ「猫」。
自分本意な生き方は、私達を癒やしてくれます。
猫を迎えるにはどのくらいの費用がかかるのでしょうか?

猫を飼い始める際に必要な費用は「健康診断」「混合ワクチン」「その他(生活用品など)」の3つ。
犬に比べるとかかる費用が少ないのが特長です。

それぞれを詳しく見ていきましょう。

健康診断費用

1年に1度は受けておきたいのが「健康診断」。
5歳未満の猫なら年に1回、5歳以上なら半年に1度くらいが目安です。

費用は地域によって異なりますが、5,000円から2万円という地域が多いよう。

健康診断では「体重測定」「体温測定」「便の検査」「血液検査」「尿検査」「X線検査」「心電図検査」などを行います。

混合ワクチン接種費用

犬同様、猫も混合ワクチンの接種を行ったほうが良いでしょう。

猫の免疫力を高め、罹患しやすい病気を予防することができます。

離乳した頃の猫は免疫力が低下しており、猫汎白血球減少症や猫ウイルス性鼻気管炎、猫カリシウイルスなどの伝染病に感染しやすくなります。
混合ワクチンを摂取することでこれらの感染症を予防することができるのです。

生後50日頃に1回、生後80日から90日ころに2回目を受けるのが一般的で、以後は1年に1度受け続けるのがよいでしょう。

予防接種は動物病院でいつでも行うことができ、「猫白血病ウイルス感染症」を含まない混合ワクチンが4,474円、含むものが6,514円程度。
費用に大きな差はないので、猫白血病ウイルス感染症を含んだ混合ワクチンが良いでしょう。

その他(生活用品費用)

猫を迎える際は「トイレ」「エサ皿」「ブラシ」「爪切り」「首輪」「キャリーバッグ」「ケージ」「ベッド」「キャットタワー・おもちゃ」などを用意したほうが良いでしょう。
最低限で揃えれば3万円程度。
良いものを揃えたのなら8万円程度で揃えることができます。

猫を飼う場合の年間費用は?

猫を飼う際は15万円程度~が一般的です。
概ね月1万円強程度の費用がかかるものと見ておいたほうが良いでしょう。

「買う」より「里親に」 ペットによりをお金をかけるための節約法

「買う」より「里親に」 ペットによりをお金をかけるための節約法

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

最近はペットを飼うのにもお金がかかります。
ペットショップで犬や猫を購入した場合、さらに初年度30万円以上の費用が追加でかかってくるのです。

ペットショップで飼い主に出会えなかったり、経済的な理由で飼えなくなったり、高齢で飼えなくなったりなど、現在の日本はさまざまな理由で飼い主を失った犬や猫が存在します。
これらの犬や猫を保護し、新たな飼い主を探している団体も存在します。

里親として、飼い主を失った犬や猫を迎え入れてあげる、というのも新たなペットを飼うひとつの手段だといえるでしょう。
子犬、子猫だけでなく、ある程度成長した犬や猫は生育環境を整えやすい、というメリットもあります。

ぜひペットを飼うことを検討されている方は、「里親」も考えてみてくださいね。



ペットとの出会いは運命です。
ペットショップで出会うのもよし、里親になるもよし、です。
新たにペットを迎えるために、さまざまな準備が必要なので、しっかりと準備を整えて迎えてあげてくださいね。

コメント

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
NEW!
2021年1月19日

暮らし・社会

2021年は生活の質を高めてみては?

2021に入り、まだ新型コロナウイルス感染症との戦いは今年も続きそうですが、少しはポジティブに考えたいですね。 ポジティブになるために1つおすすめなのが、「こだわり」を持つことで...
2021年1月9日

暮らし・社会

寒い冬は水道の凍結に注意を!

日に日に寒くなってくると少し気になるのが「水回りの凍結」なのではないでしょうか? しかも、今年は新型コロナウイルス感染症の流行で衛生面でも水が凍って出なくなるということは避けたい...
2021年1月5日

暮らし・社会

在宅時間が長くなる今年の冬、賢く冷凍食品で健康な食事をしよう!

在宅の時間が長くなるにつれ、3食を用意する手間を減らすために食品を冷凍して使う方も増えたのではないでしょうか? しかし、冷凍食品は間違って調理すると、本来の味を失ったり、結局は料...
2020年12月13日

暮らし・社会

今年の年末年始の大掃除はより綺麗に!大掃除に活躍する掃除用具をご紹介します!いまから備えると後から楽!

今年の年末大掃除はいつもより綺麗にしたいですね。 まだまだ新型コロナウイルス感染症は収束されそうに感じませんが、年末大掃除で気持ちよく新しい年をスタートされるために、ぜひ快適な住...
2020年11月26日

暮らし・社会

27日からAmazonブラックフライデーセールが開催!5日間欲しかったモノをセール価格で手に入れてみては?

新型コロナウイルス流行の第3波が起きている中、不要不急の外出は控え、買い物もECサイトで済ませている人も多いのではないでしょうか。 そんな中、大手ECサイトのAmazonでは嬉し...
2020年11月13日

暮らし・社会

老後も地元で過ごしたい!万が一のことを考えて介護施設を決めておくことが重要!老人ホームまとめサイトをご紹介

老後は元気に地元で生活したいけれど、将来はどうなるかわからないもの。 健康状態が悪くなったり、さまざまな事情で介護施設で過ごすことになるかもしれません。 万が一のことを考えて事...