メニュー
ゲストさん
 

除菌・殺菌ができる化学液体。絶対に混ぜてはいけない組み合わせとは?

マスクや除菌・殺菌ができる衛生用品が比較的に手に入りやすくなってきました。
実際に買いだめをしている方も多いのではないでしょうか?

ドアノブを拭いたり、外から買ってきたものについた菌を拭いたりなどさまざまな用途がある除菌・殺菌剤。
インターネット上にはいくつか自作する方法が掲載されており、自作している方もいるでしょう。
しかし、勝手に除菌・殺菌作用のある化学液体を混ぜて使う場合、とても身体に悪い影響を起こすかもしれません。

アルコール?エタノール?医薬品?除菌・殺菌の種類やメカニズムは?

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

新型コロナウイルス感染症拡大を機に、手洗いや手指の消毒の徹底を始めた方も多いのではないでしょうか?

一般的にイメージしやすい手指の消毒はアルコール消毒でしょう。
この他にも消毒液には様々な種類があります。

しかしなかには、使用方法を誤ると健康被害が発生するものもあります。
ドラッグストアに数多く並ぶ手指消毒商品。
どのようなものを選べば良いのでしょうか?

消毒の意味

新型コロナウイルスはウイルスです。
手指消毒商品を選ぶ際は、ウイルスに効果がある商品を選びたいところです。
このほか、ウイルス感染のほかに「細菌感染」もありますよね。

ウイルスと細菌は似ているように感じるかもしれませんが、それぞれ異なります。

細菌は「細胞を持つ生き物」です。
栄養さえあれば細胞分裂を繰り返し、増殖することが可能。
一般的に、細菌を死滅させるために「抗生物質」や「抗菌剤」が用いられます。

一方でウイルスは「細胞を持っていない」のが特徴。
人間や動物の細胞を介して増殖していきます。
ウイルスは細胞に侵入して、細胞が持っている機能を使って増殖するのです。
感染した細胞が死滅したときに増殖したウイルスが細胞の外に放出され、ほかの細胞に入り込み、再び増殖を繰り返していきます。
そのため、ウイルス感染の場合は抗生物質や抗菌剤といったものを使用しても効果はありません。



新型コロナウイルスは遺伝情報を持つRNA(ribonucleic acid、リボ核酸)が「カプシド」と呼ばれるタンパク質の「殻」と、外側にある「エンベロープ」と呼ばれる脂質性の膜に囲まれた構造になっています。
消毒を行う際は、ウイルスのこうした構造を破壊しなければならないのです。
そのため、ニュースなどで「●●は新型コロナウイルス予防に効果がある」といった報道がされるわけですね。
もしかすると、従来のアルコール消毒ではこうした構造を破壊できない恐れがあるため、こうした報道がされたわけです。

新型コロナウイルス感染症にアルコール消毒は効果的?

2020年4月17日、北里大学大村智記念研究所ウイルス感染制御学研究室Ⅰ片山和彦教授らの研究グループが、市場に流通する医薬部外品・雑貨のうち、エタノール、界面活性剤成分を含有し、新型コロナウイルス消毒効果が期待できる市販製品を対象に、新型コロナウイルス不活性化効果について評価を行いました。

その結果、濃度50パーセント以上のエタノールに、接触時間1分間で十分な新型コロナウイルス不活性化が可能だと発表しました。

北里大学:プレスリリース 医薬部外品および雑貨の新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)不活化効果について

アルコールはなぜウイルスに効果的?

では、一般的に用いられるアルコール消毒は、なぜウイルス感染予防に効果的なのでしょうか?

2002年、アメリカ疾病管理予防センターは医療施設における手指衛生のためのガイドラインを公開しました。
このガイドラインは、根拠に基づいた優れたガイドラインであると言われており、手指衛生を大きく進歩させるものだと言われています。

従来、ほとんどの診療に関して普通の石鹸での手洗いが推奨されていました。
また、侵襲性処置の前後や、ハイリスクな患者の診療には、薬用石鹸での手洗いが推奨されていたのです。

しかし、アメリカ疾病管理予防センターは、手が肉眼的に汚れていないのであれば、アルコール手指消毒液を日常的に使い、手が肉眼的に汚れるか蛋白性物質で汚染された場合には、石鹸と流水で手洗いすることを推奨したのです。

とある研究によると、総合病院に勤務する看護師の29パーセントは、手に約3800個の黄色ブドウ球菌を保有しており、皮膚病患者の病棟に勤務する看護師の78パーセントの手には約1430万個もの微生物が見られたそうです。
また、看護師の17パーセントから30パーセントは、手に3,400から38,000個のグラム陰性桿菌が付着していたという報告もあります。

こうした報告からもわかる通り、医療従事者の手や指には極めて多くの病原体が付着しているのにも関わらず、石けんと流水で手を15秒間洗っても、細菌数は1/4から1/12程度しか減少しませんでした。
仮に30秒間洗ったとしても、1/63から1/630程度の減少だそうです。

一方で、アルコール消毒の場合、30秒で手や指の細菌数を約1/3000にまで減少させ、1分後には1万から1/10万まで減少させることができるのです。

エタノール?メタノール?何を選べばいいの?

アルコール消毒といえばエタノールです。

しかし、ドラッグストアには「メタノール」も売られていますよね。
どちらを選べば良いのでしょうか?

正解は「エタノール」。
また、選ぶ際はアルコール濃度70パーセントから80パーセントのものを選びましょう。

======
生活にお役立ちの情報がメールマガジンも受け取れる!【無料】Slownet会員登録はこちらから↓

Slownet会員登録はこちらから

>>次ページ 除菌剤の作り方(自作方法)

ページ: 1 2 3

コメント

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
NEW!
2020年10月25日

暮らし・社会

10月から「酒税」が変わったこと、ご存じですか?

10月から酒税が変わったこと、ご存じでしたか? ニュースなどではいわゆる「本物のビール」の税率が下がり、「その他雑酒」などの値段が上がったと報じられました。 酒の種類によっ...
2020年10月20日

暮らし・社会

日本の水道水のクオリティは高い!水道水はそのまま飲んでも問題なし?

みなさんは普段のようなお水を飲んでいますか? ウォーターサーバーを利用されている方もいれば、スーパーやコンビニエンスストアなどで販売されているペットボトルのお水を購入される方もい...
2020年10月16日

暮らし・社会

葬儀の種類、どこまでご存じですか?生前に決めておくことで迷わないことができます!

みなさんは最期、どのように人生を飾りたいですか? 日本では一般的に家族葬を先に思い浮かべる方が多いと思います。 しかし、最近はいろんな葬儀のスタイルが生まれています。 日...
2020年9月29日

暮らし・社会

日用品からマスクのサブスクまで登場!忘れる頃に家まで届けてくれる便利なサブクスサービスを利用してみては?

最近よく耳にする「サブクス(サブスクリプション)サービス」、みなさんは利用したことがありますか? 大手のECサイトなどで日用品を定期便で送ってもらったり、最近は生活必需品になった...
2020年9月27日

暮らし・社会

新型コロナウイルス感染症の流行で電子マネー使用率も上がっている?この機会に検討してみては?

新型コロナウイルス感染症の影響で、手から手へとモノを渡す習慣を見直すようになっています。 最近ではスーパーやコンビニエンスストアなどでも、トレイを介して現金をやりとりするようにな...
2020年9月11日

暮らし・社会

相次ぐ辛いニュースでなんだか気持ちが落ち込む。メディアと正しく付き合うための方法は?

テレビや新聞などでは毎日のように暗いニュースが流れます。 特に最近は新型コロナウイルス感染症で死者の数や外出自粛を求める声など、どうしようもない気持ちになるニュースばかり。 ...