メニュー
ゲストさん
 

夏休みの連休、旅行に行く人が注意すべきことは?新型コロナウイルス感染症予防・対策をしっかりしながら旅行を楽しもう!

まだコロナの終息が見えないまま、夏休みが近づいてきています。
まだ怖いけどどうしても親戚訪問やイベント参加など、短期&長期旅行を計画されている方も少なからずいるのではないでしょうか。
しかし、移動のための電車や飛行機などまだ不安な気持ちもある人が多いはず。

この夏、旅行をするためにはどのような対策をして、どのような点に注意しなければならないのか。

今回は夏の旅行についてご紹介いたします。

今年の夏、旅行に行く人はどれぐらい?人気の場所や穴場とは?

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

主婦の暮らしに合った働き方を見つけるための情報サイト『しゅふJOBナビ』(事業運営車:株式会社ビースタイル メディア/本社:東京都新宿区、代表取締役:小牟田斉美)は、主婦層を対象に【夏の旅行/Go To キャンペーン】をテーマにアンケート調査を行いました。

このアンケート調査によると、今年の夏休みの旅行予定「行く・行きたい」28.6パーセント、「行かない」24.6パーセント、Go To トラベル キャンペーン「利用したい」70.5パーセントという結果になりました。
コメントは「コロナ対策をもっと重視してほしい」「時期尚早ではないか」「キャンペーン内容をより具体的に知りたい」「早くしてほしい、制度を利用したい」という4つのパターンに分けられます。
コロナ対策をもっと重視してほしい、という意見は以下のようなもの。



  • 新型コロナが収束しないと、いろんなところへGoToという気持ちにはなれない。感染が怖いです。
  • 市や町が活性化しそうだが、コロナ対策や薬などができてからのほうが安心できる。
  • 使うか使わないかわからないキャンペーンよりも、日ごろの生活の支援のほうが消費者にはありがたい。今は旅行や余暇活動などの余裕はない。

コロナ対策をもっと重視してほしい、という意見は以下のようなもの。

  • キャンペーンはいいと思うが、時期など考えてほしい。これからまたコロナの感染者が増えてくる可能性もあるので、少し時期尚早なキャンペーンだったのではないかと思う。どの程度混むかも予測できないし、行くとしても不安があると思う。
  • 実家や義実家が遠いので、お得な企画はぜひ利用したいという気持ちはあるが、今東京在住のため自分たちが無症状感染の可能性も考えられる中、ワクチンもできていない感染症を広げる事になると思うと利用するのは怖い。ワクチンが開発されて、一安心できるようになってからこのようなキャンペーンを企画して頂きたい。

キャンペーン内容をより具体的に知りたい、という意見は以下のようなもの。

  • もっと具体的に内容を知りたい。例えば、各キャンペーンは1人1度の利用のみ?複数回利用できる?など。
  • 簡単に使いやすいものが良い。手続きがわかりやすく、煩雑でなく、対象がたくさんあると良い。

早くしてほしい、制度を利用したい、という意見は以下のようなもの。

  • 夏休みに間に合う用、早く決めてほしいです。範囲は広くお願いしたい。
  • 子どもの夏休みが短縮になるので、いろいろ出かけるよりも一か所にお金をかけて思い切って出かけたい。
  • 自分で支援するにはどうしたらいいのか考えたこともあり、なかなか実行に移せないでいたが、このようなキャンペーンがあると気軽に支援できて良いと思います。
  • 経済活性化のためなら、自分の身を守りながらあちこちに行っても楽しみたい!
  • 興味関心があるものは利用したい。経済が活性化するように、いろいろな職業の方、職人さんの技能が失われないように守っていかなければと思う。
  • 利用したいけど、できるだけ人混みは避けたいので、風景を楽しんだりする旅行で、あまり人混みにならないところを探していきたい。

みなさんはどのように考えていますか?

補助が出る「Go Toキャンペーン」

GoToキャンペーンについては以下のページが詳しく解説しています。

国内宿泊・ツアーが最大35パーセントオフになるので、興味がある方はぜひ利用してみてくださいね。

GoToトラベルキャンペーンについて
https://travel.rakuten.co.jp/special/goto/

>>次ページ 旅行時の注意点は?安全な対策をして旅行を楽しもう。コロナ禍におけるガイドライン

ページ: 1 2 3

コメント
  1. 航空機内は数分で空気が入れ替わる仕組みになっています。
    しかし、搭乗時はマスク着用必須。
    マスクは生活必需なので、忘れないようにしましょう。

    ホテルなども新たなガイドラインが湿らされています。
                    ↑
                    この文の意味が解かりません

  2. Bunchan 様

    いつもSlownetをご利用頂き、ありがとうございます。
    記事内用に誤りがあったこと、お詫び申し上げます。

    「誤」
    ホテルなども新たなガイドラインが湿らされています。
    「正」
    ホテルなども新たなガイドラインが決められているところが多いようです。

    訂正いたしましたことを取り急ぎお知らせ致します。

    今後ともSlownetのご利用を宜しくお願い申し上げます。

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
2020年9月11日

暮らし・社会

相次ぐ辛いニュースでなんだか気持ちが落ち込む。メディアと正しく付き合うための方法は?

テレビや新聞などでは毎日のように暗いニュースが流れます。 特に最近は新型コロナウイルス感染症で死者の数や外出自粛を求める声など、どうしようもない気持ちになるニュースばかり。 ...
2020年9月6日

暮らし・社会

2020年台風到来の時期は?どう備えるべき?

自然災害は人間の力で止めることはできないもの。 だからこそ、事前にしっかりとした備えを行っておく必要があります。 しっかりとした備えは命を守ることにつながるからです。 ...
2020年9月4日

暮らし・社会

中国から変な種が届いた!送り付け詐欺が頻発に起きている理由は?

最近、中国から頼んだ記憶のない変な種が届いたとSNSにその内容をアップする人が増えているようです。 届いた種は絶対植えてはいけないとか、届いたらすぐ警察に連絡しなければならないな...
2020年9月1日

暮らし・社会

しつこい電話勧誘・電話営業、どう断ればいい?

みなさんはマンションやブロードバンド、ポケットWi-Fi、ウォーターサーバーなど、電話でしつこく営業されたことありますか? 今はいらないというのに何日も粘り強く電話されて困った経...
2020年8月25日

暮らし・社会

除菌・殺菌ができる化学液体。絶対に混ぜてはいけない組み合わせとは?

マスクや除菌・殺菌ができる衛生用品が比較的に手に入りやすくなってきました。 実際に買いだめをしている方も多いのではないでしょうか? ドアノブを拭いたり、外から買ってきたもの...
2020年8月12日

暮らし・社会

飛行機を逃した、新幹線のチケットを忘れたなどの旅行トラブル…。焦らずに解決する方法は?

新型コロナウイルス感染症の影響もあり、外出自粛はもちろんですが、都道府県をまたぐ移動の自粛も呼び掛けられていました。 しかし、ようやく新幹線での移動や飛行機で都道府県を旅行が可能...