メニュー
ゲストさん
 

新型コロナウイルス感染症の流行で電子マネー使用率も上がっている?この機会に検討してみては?

新型コロナウイルス感染症の影響で、手から手へとモノを渡す習慣を見直すようになっています。
最近ではスーパーやコンビニエンスストアなどでも、トレイを介して現金をやりとりするようになってきていますよね。
人の手をなるべく介さず、お金のやり取りできる方法の代表的な例が「電子マネー」です。

最近は現金払いが普通だった商店街でも電子マネーの導入が拡大しているようです。
本日は電子マネーについてご紹介します。

新型コロナウイルス感染症で電子マネー利用が増加しているのななぜ?

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

新型コロナウイルス感染症拡大に伴って、接触を低減することを心がけている方も多いのではないでしょうか?
新型コロナウイルスは、皮膚に付着しただけでは感染することはないと言われていますが、粘膜や口などから体内に入ることで感染します。
例えば、手に新型コロナウイルスが付着した状態で口元を触ったりすると、感染するリスクが高まるのです。

現在営業を継続している多くの店舗では、マスクを着用したり、飛沫防止のビニールシートを貼ったり、さらにはフェイスガードなどを着用するなど、様々な新型コロナウイルス対策を行っています。
そんな中で注目されているのが現金の取り扱い。
会計時、客と店員の間でやり取りをする際には、手から現金を受け取ったり、客にお釣りを渡したりするなど、接触機会はどうしても多くなってしまいます。
現金にウイルスが付着している場合、現金が間接的にウイルスの媒介をすることにつながるかもしれません。

クレジットカードなどのキャッシュレス決済においても、カードを店員に渡すタイプの店の場合、クレジットカードを媒介にして、新型コロナウイルスが広まってしまうかもしれません。
IC カードが搭載されているクレジットカードの場合は、客からカードを受け取らず、客自らが決済端末に挿入するような仕組みを導入する店舗も増えてきています。
しかし、まだまだすべての店舗でこれらの設備が導入されているとは言いがたい状況でしょう。
またICカード付きクレジットカードにおいても、客と店員の間でカード決済端末タブレットサインをする時など様々な接触機会が多くあります。

例を挙げればキリがありませんが、ここまで気にしている方も多くいるのが現実。
なるべく多くの人の手に渡らないような決済方法だと安心材料になりますね。

こうした背景があってからか、現金決済の際には可能な限り現金はトレーに置き、お釣りもトレーに置いて渡すことになった店舗も多くあります。
現金の会計処理を行った後、こまめに手を消毒するようにするなど、新型コロナウイルス感染症拡大予防に努めている店舗も多いことでしょう。

一見接触機会が少なそうなクレジットカード決済の場合においても、客のカードお店側が消毒するわけにもいかないので、店舗は決済ごとにこまめに端末を消毒しなければならないのです。
従来のように現金やクレジットカードの決済はどうしても接触の回数が多くなります。
そのため、接触回数を極力減らせる電子マネーやQRコード決済に注目が集まっているのです。

電子マネーは決済時に、客が決済端末にカードやスマートフォンをかざすだけで決済することで支払いを行います。
QRコード決済も同様に、店舗側がコードを読み取るか、客が店に置いてあるコードを読み取り金額を入力して支払いを行うため、直接的な接触をする機会はほとんどありません。

こうした理由があって、電子マネー決済やQR コード決済を利用する人が増加しているのです。

実際に電子マネーやQRコード決済アプリの利用は増えた?

MMD研究所が提供するスマートフォン向けインターネットリサーチサービス「スマートアンサー」にて共同調査を行い、第26弾として「新型コロナウイルスによる支払い方法の変化に関する調査」を実施。
スマートフォンを利用する18歳~69歳の男女5,530人を対象に2020年4月22日に調査を実施しました。

支払い方法の上位は「現金」88.4%、「クレジットカード」68.7%、「QRコード式のスマホ決済」40.3%でした。

新型コロナウイルス感染症に伴い、4月の段階で支払い方法に変化があったのは約2割の人。

支払い方法に変化があったと回答した1,115人に対して、各支払方法はどのような変化があったのかを尋ねたところ、利用が減ったという回答が最も多かったのは現金で73.6%。
次いで交通系電子マネーが28.5%でした。
一方で、利用が増えたという回答が最も多かったのはQRコード式のスマートフォン決済で78.9%、次いで増えていたのがタッチ式のスマートフォン決済で65.3%となりました。

クレジットカードなどを提供する国内事業者のデータにおいても、決済利用数は増えてきているそうです。
先ほどのアンケートでもやはり現金の接触を避けたいという回答が目立ちましたので、新型コロナウイルス感染症拡大を機に、スマートフォンなどを利用した決済方法に切り替えた人が多いと言えるでしょう。

======
生活にお役立ちの情報がメールマガジンも受け取れる!【無料】Slownet会員登録はこちらから↓

Slownet会員登録はこちらから

>>次ページ 電子マネーの還元は終わったけど・・・。今、電子マネーやQRコード決済アプリなどを使うメリットはある?

ページ: 1 2 3

コメント
  1. クレジットカードを使用していますが、電子マネーを利用するメリットが分かりません
    イオンなどカード決済はレジで自分でカードリーダーに差し込んでいますのでレジの方との接触は
    無いのですが…

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
NEW!
2020年10月20日

暮らし・社会

日本の水道水のクオリティは高い!水道水はそのまま飲んでも問題なし?

みなさんは普段のようなお水を飲んでいますか? ウォーターサーバーを利用されている方もいれば、スーパーやコンビニエンスストアなどで販売されているペットボトルのお水を購入される方もい...
2020年10月16日

暮らし・社会

葬儀の種類、どこまでご存じですか?生前に決めておくことで迷わないことができます!

みなさんは最期、どのように人生を飾りたいですか? 日本では一般的に家族葬を先に思い浮かべる方が多いと思います。 しかし、最近はいろんな葬儀のスタイルが生まれています。 日...
2020年9月29日

暮らし・社会

日用品からマスクのサブスクまで登場!忘れる頃に家まで届けてくれる便利なサブクスサービスを利用してみては?

最近よく耳にする「サブクス(サブスクリプション)サービス」、みなさんは利用したことがありますか? 大手のECサイトなどで日用品を定期便で送ってもらったり、最近は生活必需品になった...
2020年9月11日

暮らし・社会

相次ぐ辛いニュースでなんだか気持ちが落ち込む。メディアと正しく付き合うための方法は?

テレビや新聞などでは毎日のように暗いニュースが流れます。 特に最近は新型コロナウイルス感染症で死者の数や外出自粛を求める声など、どうしようもない気持ちになるニュースばかり。 ...
2020年9月6日

暮らし・社会

2020年台風到来の時期は?どう備えるべき?

自然災害は人間の力で止めることはできないもの。 だからこそ、事前にしっかりとした備えを行っておく必要があります。 しっかりとした備えは命を守ることにつながるからです。 ...
2020年9月4日

暮らし・社会

中国から変な種が届いた!送り付け詐欺が頻発に起きている理由は?

最近、中国から頼んだ記憶のない変な種が届いたとSNSにその内容をアップする人が増えているようです。 届いた種は絶対植えてはいけないとか、届いたらすぐ警察に連絡しなければならないな...