メニュー
ゲストさん
 

10月から「酒税」が変わったこと、ご存じですか?

10月から酒税が変わったこと、ご存じでしたか?

ニュースなどではいわゆる「本物のビール」の税率が下がり、「その他雑酒」などの値段が上がったと報じられました。
酒の種類によって税が上がるのもあれば、下がるのもあります。

具体的に現在どのくらいの税率で、改正によっていくらになったのか?そもそも酒税はなぜかかるのか?といった酒税について、本日はご紹介いたします。

酒税とは?何故必要?

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

お酒には税金がかかることを、ほとんどの方は知っていることでしょう。
お酒にかかる税金を「酒税」と言います。
酒税は種類を消費すると課せられる税金のことで、間接税に分類されます。

間接税・直接税

日本では酒税のような「間接税」と、所得税のような「直接税」があります。

間接税は税金を負担する人と納める人が別な税金のこと。
酒税やたばこ税、そして消費税が間接税に該当します。
間接税は「水平的公平」に優れた税金であることが知られています。

収入の多い少ないに関わらず、等しく徴収できるためですね。
そのため、事業意欲や勤労意欲が余り損なわれない税だと言われています。

一方の直接税は税を負担する人が国や地方公共団体に直接払う税金のこと。
こちらは所得税や法人税などが該当します。
間接税は「水平的公平」に優れた税金でしたが、直接税は「垂直的公平」に優れた税。
収入に応じて税率を変えたり、控除を設定することで、税金を負担する人の「経済的な負担能力」に応じた税額を設定できます。

ただ、収入がある程度多い人ほど収入に対して負担する税額が大きくなるので、事業意欲や勤労意欲が損なわれる恐れがあります。
給与所得控除が2020年から見直されたことで、年間給与所得が850万円の人は今までよりも納める税金が多くなるでしょう。

4種類の酒

さて本題の酒税に戻りますと、酒税法ではお酒を発泡性酒類、醸造酒類、蒸留酒類及び混成酒類の4種類に分類しています。

発泡性酒類

  • ビール
  • 発泡酒
  • シャンパンなど

醸造酒類

  • 日本酒などの清酒
  • 梅酒などの果実酒
  • その他醸造酒

蒸留酒類

  • 連続式焼酎
  • 単式蒸留焼酎
  • 原料用アルコール
  • ウイスキー
  • ブランデー
  • スピリッツ

混成酒類

  • 合成清酒
  • みりん
  • 甘味果実酒
  • リキュール
  • 粉末酒
  • 雑酒

======
生活にお役立ちの情報がメールマガジンも受け取れる!【無料】Slownet会員登録はこちらから↓

Slownet会員登録はこちらから

>>次ページ そもそもビールと発泡酒、その他雑酒の違いは?法改正の歴史とは?

ページ: 1 2 3

コメント
  1. よく勉強になりました。ありがとうございます。

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
NEW!
2021年2月26日

暮らし・社会

ニューノーマル時代、セカンドハウスを持つ人は多くなる!理想のセカンドハウスを持つためには?

最近テレビや新聞などで「ニューノーマル」という言葉をよく耳にしませんか?  新型コロナウイルス感染拡大により、ソーシャルディスタンスが当たり前になったり、いつも常識と問われたこと...
2021年2月19日

暮らし・社会

最近の家電製品がすごい!中高年に特におすすめの最新家電をご紹介します

在宅の時間が増えたことにより、古い家電の使い勝手が悪いと感じ始めた人も多いのではないでしょうか。 家電製品の平均寿命は10年といわれています。また、最新家電にすることで電気代を大...
2021年2月14日

暮らし・社会

節約もできて、効果的に暖房をするためには?

今年の冬は高い暖房代にびっくりしたご家庭は多いのではないでしょうか。 新型コロナウイルス感染症拡大の流行が続き、家にいる時間が増えることにつれて暖房を行う時間も長くなったせいかい...
2021年1月29日

暮らし・社会

コロナ自粛の中、改めてパートナーが必要だと感じた人は多い!?

新型コロナウイルス感染症拡大による自粛で、ほとんどの時間を家でひとりで過ごし、少し寂しさを感じているという人も多いのではないでしょうか? 人によって事情はさまざまですが、パートナ...
2021年1月19日

暮らし・社会

2021年は生活の質を高めてみては?

2021に入り、まだ新型コロナウイルス感染症との戦いは今年も続きそうですが、少しはポジティブに考えたいですね。 ポジティブになるために1つおすすめなのが、「こだわり」を持つことで...
2021年1月9日

暮らし・社会

寒い冬は水道の凍結に注意を!

日に日に寒くなってくると少し気になるのが「水回りの凍結」なのではないでしょうか? しかも、今年は新型コロナウイルス感染症の流行で衛生面でも水が凍って出なくなるということは避けたい...