メニュー
ゲストさん
 

防災準備はしっかりできてしますか?寒い冬新型コロナウイルスの流行中に地震などが起きたときどうする?

2021年2月13日の夜福島県沖を震源とするマグニチュード(M)7.3の地震が起きました。
2011年3月11日の東日本大震災からちょうど10年が経過した時点で起きたことからその影響が現在も続いていることが明らかになっています。
新型コロナウイルスの流行が続いていて、なお、寒い冬の地震による災害はとても怖いもの。

今後も起きる可能性がある地震および自然災害に対処するためにはどうすればよいのか、未だに混乱している方も少なくないと思います。
本日は冬の防災準備についてご紹介します。

今まで冬に災害が起きたときはあった?

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

まずは雪国で今まで、冬に地震があったことはあるのでしょうか?
阪神淡路大震災は冬に起こった震災ですが、雪国ではありませんでした。
はじめに冬に発生した地震についてみていきましょう。

1994年12月28日21時過ぎ。
阪神大震災が起こる1ヶ月近く前の日付です。

このとき発生したのが「三陸はるか沖地震」。
正月が明けた1月7日朝にも震度5という本震並みの余震が発生し、物理的被害はもちろん、精神的な被害も発生しました。

冬の夜間と早朝の地震は台所設備、暖房設備などを多く使用していることから、火事などによる二次被害を拡大しやすい要因が揃っています。
また、自宅にいる人が多いことから、ガラスの破片などによるケガが多くなるということは想像に難くないでしょう。

雪国、それも積雪期に発生する地震では、屋根の雪の落雪、地上の堆積雪が建物の倒壊を拡大します。
避難や救助にも邪魔になり、甚大な影響を及ぼしてしまうのです。

日本は冬に大地震が発生することが少ない国でした。
そのため、阪神大震災や三陸はるか沖地震まではあまり冬の地震対策は考えられてきていなかったのです。
だからこそ、雪と地震が組み合わさった複合災害については貧弱でした。
最近では、雪が降った季節の災害についてもしっかりと考えられています。

1993年1月、釧路沖地震

1993年1月には北海道東部の釧路で「釧路沖地震」が発生。
釧路市では、当時の気象庁震度階級(8段階)での震度6(烈震)を観測したが、死者は2名、負傷者966名と、規模のわりには人的被害が少なかったのです。

理由としては、震源が 101キロと深かったこと、そして道東地区は日ごろから震度3程度の地震が頻発し、その上震度5以上の大地震に何度も見舞われており、日ごろから地震災害への意識が高く、地震発生時の対処方法に精通している住民や、一般家庭を含め耐震構造建築物が多かったことなどが、地震規模に比べて最小限度の被害に留まった要因と考えられています。

釧路市消防本部は地震直後、望楼が崩落し機能不全に至るも、地震対策として防火水槽の設置の推進による消火栓断水対策を取っており、その他にも消防団車庫に機関員家族を居住させる等の対策を取っており、地震直後直ちに全消防車出動が可能であった結果、発生した火災すべてを火元建物内で消し止めることに成功しています。

地震が多い釧路は日ごろから対策がしっかりと取られていたため、被害は大きく広がりませんでした。
このように日ごろからしっかりと対策することで、地震被害の最小限に留めることができます。
普段、あまり大きな地震がない、これまでの人生で大きな地震に見舞われた経験が少ないという方は、防災意識を高く持って、改めて冬に備えた防災を考えてみませんか?

======
生活にお役立ちの情報がメールマガジンも受け取れる!【無料】Slownet会員登録はこちらから↓

Slownet会員登録はこちらから

>>次ページ 真冬にもし地震など、大きな災害が起きたら?

ページ: 1 2 3

コメント

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
NEW!
2021年3月5日

暮らし・社会

あなたは大事な人に最後に何を残してあげたい?楽しみと安らぎを大切な人に残す方法をご紹介します

物理的なものから精神的なことまで、価値観などによってさまざまだと思います。 その中でも会員制リゾートの会員権を譲渡することを遺産として考える人もいるようです。 自分が安らぎ...
2021年2月26日

暮らし・社会

ニューノーマル時代、セカンドハウスを持つ人は多くなる!理想のセカンドハウスを持つためには?

最近テレビや新聞などで「ニューノーマル」という言葉をよく耳にしませんか?  新型コロナウイルス感染拡大により、ソーシャルディスタンスが当たり前になったり、いつも常識と問われたこと...
2021年2月19日

暮らし・社会

最近の家電製品がすごい!中高年に特におすすめの最新家電をご紹介します

在宅の時間が増えたことにより、古い家電の使い勝手が悪いと感じ始めた人も多いのではないでしょうか。 家電製品の平均寿命は10年といわれています。また、最新家電にすることで電気代を大...
2021年2月14日

暮らし・社会

節約もできて、効果的に暖房をするためには?

今年の冬は高い暖房代にびっくりしたご家庭は多いのではないでしょうか。 新型コロナウイルス感染症拡大の流行が続き、家にいる時間が増えることにつれて暖房を行う時間も長くなったせいかい...
2021年1月29日

暮らし・社会

コロナ自粛の中、改めてパートナーが必要だと感じた人は多い!?

新型コロナウイルス感染症拡大による自粛で、ほとんどの時間を家でひとりで過ごし、少し寂しさを感じているという人も多いのではないでしょうか? 人によって事情はさまざまですが、パートナ...
2021年1月19日

暮らし・社会

2021年は生活の質を高めてみては?

2021に入り、まだ新型コロナウイルス感染症との戦いは今年も続きそうですが、少しはポジティブに考えたいですね。 ポジティブになるために1つおすすめなのが、「こだわり」を持つことで...