メニュー
ゲストさん
 

最近の家電製品がすごい!中高年に特におすすめの最新家電をご紹介します

在宅の時間が増えたことにより、古い家電の使い勝手が悪いと感じ始めた人も多いのではないでしょうか。
家電製品の平均寿命は10年といわれています。また、最新家電にすることで電気代を大きく節約できるともいわれています。

古い電化製品をずっと使用している場合、思った以上に電気を食っているもの。例えば4LDKの場合、すべての照明をLEDにすると年間18,000円以上の節電になるそうです。
また、15年以上前のエアコンを買い換えると、年間で18,000円以上の節電になります。
いずれも数年で元がとれるものなので、思い切って買い替えてみるのもひとつの手。

この機会に最新家電に買い替えてみてはいかがでしょうか。

家電製品にも寿命があること、知ってる?

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

今や家電は生活必需品。最近では「新・三種の神器」と呼ばれる食洗機、ロボット掃除機、ドラム式洗濯乾燥機なども普及し始めています。
便利な家電は非常に高価なもの。簡単に壊れてしまってもなかなか買い換えることはできません。
まずは一般的な家庭で使われている家電の寿命を確認してみましょう。

寿命というと人によって定義が異なります。
例えば完全に壊れてしまう点を寿命とするのか、特定の機能が壊れてしまう点を寿命とするのか、消費電力や機能面で使い続けるメリットがなくなった時点を寿命とするのか、交換部品がなくなったタイミングを寿命とするのか。判断基準はさまざま。
ここでは部品交換・修理ができなくなる時点、また消費電力的に損をする時点を寿命として考えていきたいと思います。

家電には保証期間が存在します。
各家電メーカーは家電が故障したとき、性能を維持するために必要な部品をどのくらい持っておくのか、保有期間を定めています。
各メーカーで方針はさまざまですが、概ね10年ほどは部品を保有しているそうです。

例えばPanasonicはテレビ8年、Blu-rayレコーダー8年、冷蔵庫9年、電子レンジ8年、炊飯器6年、IH調理器6年、洗濯機7年、ドラム式洗濯乾燥機6年、エアコン10年と定めています。
HITACHIはテレビ8年、Blu-rayレコーダー8年、冷蔵庫9年、電子レンジ8年、炊飯器6年、IH調理器8年、洗濯機6年、ドラム式洗濯乾燥機6年、エアコン10年と定めています。
ほぼ同じ期間保有していることがわかりますね。



エアコンがもっとも長く10年、冷蔵庫が9年、テレビが8年ほど保有しているので、この期間なら故障しても部品が保有されているとわかると安心ですよね。
とはいえ、購入から10年というわけではなく、製造からというのがポイント。ぜひ自宅にある家電の製造年を調べてみてください。

一方で消費電力という側面から見てみましょう。

一般的に消費電力が多いエアコンと冷蔵庫は利用年数が長くなればなるほど性能が低下し、購入時の性能を発揮できなくなります。
冷蔵庫は新商品ほど消費電力が少なく、経済産業省の2017年の調査によると、401リットルから450リットルの冷蔵庫の消費電力は、2007年の同型冷蔵庫の消費電力の49パーセントなのだとか。
半分近く消費電力が減っていることが分かります。電気代に直してみると、1年間で9,000円ほども安くなっているそうです。
エアコンは2019年のモデルと2009年のモデルを比較したところ、2019年のモデルは約800kWh、2009年のモデルが約850kWhなので、5パーセントほど消費電力が減少しているそうです。
家電買い換えのポイントはこうした電気代、という考え方も重要かもしれませんね。

======
生活にお役立ちの情報がメールマガジンも受け取れる!【無料】Slownet会員登録はこちらから↓

Slownet会員登録はこちらから

>>次ページ テレビ、冷蔵庫、洗濯機の最新家電はどのように優れているの?

ページ: 1 2

コメント

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
2021年2月14日

暮らし・社会

節約もできて、効果的に暖房をするためには?

今年の冬は高い暖房代にびっくりしたご家庭は多いのではないでしょうか。 新型コロナウイルス感染症拡大の流行が続き、家にいる時間が増えることにつれて暖房を行う時間も長くなったせいかい...
2021年1月29日

暮らし・社会

コロナ自粛の中、改めてパートナーが必要だと感じた人は多い!?

新型コロナウイルス感染症拡大による自粛で、ほとんどの時間を家でひとりで過ごし、少し寂しさを感じているという人も多いのではないでしょうか? 人によって事情はさまざまですが、パートナ...
2021年1月19日

暮らし・社会

2021年は生活の質を高めてみては?

2021に入り、まだ新型コロナウイルス感染症との戦いは今年も続きそうですが、少しはポジティブに考えたいですね。 ポジティブになるために1つおすすめなのが、「こだわり」を持つことで...
2021年1月9日

暮らし・社会

寒い冬は水道の凍結に注意を!

日に日に寒くなってくると少し気になるのが「水回りの凍結」なのではないでしょうか? しかも、今年は新型コロナウイルス感染症の流行で衛生面でも水が凍って出なくなるということは避けたい...
2021年1月5日

暮らし・社会

在宅時間が長くなる今年の冬、賢く冷凍食品で健康な食事をしよう!

在宅の時間が長くなるにつれ、3食を用意する手間を減らすために食品を冷凍して使う方も増えたのではないでしょうか? しかし、冷凍食品は間違って調理すると、本来の味を失ったり、結局は料...
2020年12月13日

暮らし・社会

今年の年末年始の大掃除はより綺麗に!大掃除に活躍する掃除用具をご紹介します!いまから備えると後から楽!

今年の年末大掃除はいつもより綺麗にしたいですね。 まだまだ新型コロナウイルス感染症は収束されそうに感じませんが、年末大掃除で気持ちよく新しい年をスタートされるために、ぜひ快適な住...