メニュー
ゲストさん
 

携帯を紛失した場合、直ちに行うべきことは?紛失リスクに備えてスマホ保険を検討すべき!

みなさんは携帯電話やスマートフォンを紛失した経験はありますか?

誰かの電話を借りて自分の番号にかけ、誰かが出てくれたり、公共交通機関利用中に紛失したときは紛失届でなんとか探せますが、電話がつながらない場合は最悪。電源を落とした状態で紛失してしまったときなんかは本当に困りますよね。

本日は携帯電話を紛失したときの対処法についてご紹介します。

お使いのスマホが「iPhone」あるいは「Android」の場合

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

まずはスマートフォンをご利用の方が紛失してしまったときの対策方法をご紹介いたします。
iPhone、Android端末でそれぞれ探し方が異なりますが、いずれの端末でも共通している方法からご紹介いたします。

最初に確認するべきこと

まずはほかの電話から紛失した電話に電話をかけてみましょう。
もしも近くにあるのなら着信音などで場所を発見できますし、遠くで紛失してしまった場合、近くにいる人が出てくれればスムーズにスマートフォンが見つかることでしょう。

もしもそれでも無反応な場合、これからご紹介する手順を確認してみましょう。

iPhoneを紛失した場合

iPhoneに限らず、iPadなどでも同様の方法を使えるので、確認してみてください。

iPhoneの設定で「iPhoneを探す」がオンになっている場合、スムーズに見つけることができます。これは自分でオンにしていなくても、設定をいじっていなければオンになっています。とはいえ、iPhoneを機種変更する際はオフにするので、今一度確認してみましょう。
iPhoneを探すを使えばパソコンやほかのスマートフォンなどでiPhoneの場所を探せます。



・パソコンやタブレット、iPhone端末で探す場合
ブラウザで「iCloud iPhoneを探す(​​https://www.icloud.com/find)」にサインインします。

・家族や友人のiPhoneから探す場合
iPhoneを探すアプリを取得していない場合はインストールをお願いして、「iPhoneを探す」アプリにサインインします。

上記方法でiPhoneの位置を探すことができますが、iPhoneの電源が切れていたり、インターネットに接続されていなかったりした場合は探すことができません。電源が入っていて、インターネットに接続されていた場合、位置情報が随時送信される仕組みとなっています。

これは地図と連動して見ることができるので、今現在どこにあるのか、すぐに知ることができるでしょう。
アプリやブラウザ上で「アクション」→「サウンドを再生」を押すと大音量の音がiPhoneから流れるので、まだ誰にも拾われていない場合、近くの人が見つけてくれる可能性が高まります。

また、これでもなかなか見つけてもらえなさそうな場合、iPhoneを「紛失モード」に設定することができます。紛失モードに設定すると、iPhoneのホーム画面に任意のメッセージを表示させられるので、拾い主のアクションを促すことができます。
例えば「このiPhoneの探しています。見つけた方はお電話ください。090-0000-0000」のように表示しておけば、拾ってくれた人から電話があるかもしれません。

ここまで説明したほかの端末で紛失したiPhoneを探す方法について分かりやすくシンプルに説明している動画になります。ご参考ください。

それでも見つからないなら

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

上記方法で見つからないとき、あるいは近くにスマートフォンがなかった場合、警察に遺失届を提出しましょう。

遺失届にはシリアル番号を記載する欄があります。シリアル番号は絶対に変えられない番号であるため、iPhoneが売られてしまっても自分のiPhoneであると証明することができます。



シリアル番号は購入した際のハコに記載されているほか、ほかのiPhoneやMacから確認することができます。

このほか、docomoやau、SoftBankなどで紛失・補償サービスを提供している場合があります。もしも紛失してしまったときは通信キャリアに確認してみることをお勧めいたします。

これらはiPhoneを探すをオンにしていた場合。もしもオフにしていなかった場合、どのように対応すれば良いのでしょうか?

iPhoneを探すをオフにしていて紛失した場合

端末にロックを掛けていない場合、すぐにパスワードを変更しましょう。端末のロックとはTouchIDやFace ID、パスワードなどです。もしも端末にパスワードを設定していないなら、各種サービスのパスワードを至急変更しましょう。

その後は警察に遺失届を提出します。こちらは警察署や交番などで受け付けてもらえます。最寄りの警察署等に行きましょう。

Androidの場合

Androidの場合、iPhoneと少し対応が異なります。

AndroidにもiPhoneと同様に「端末を探す」機能が備わっています。これはGoogleの公式のサービスなので、ぜひインストールしておきましょう。
Androidの端末を探すでは「スマートフォンの位置特定」、遠隔操作で「スマートフォンを鳴らす」、スマートフォンの「ロック」、スマートフォン画面への「メッセージ表示」、遠隔での「スマートフォンデータ消去」が可能です。
しかし、これらはあらかじめスマートフォン側で設定しておかなければならないので、まだ紛失していないという方はすぐに設定しておきましょう。

「端末を探す」を利用するためにはスマートフォンの電源が入っていること、スマートフォンがインターネット等ネットワークに接続されていること、スマートフォンを探すを操作するためのパソコンやタブレットなどを持っていること、紛失したスマートフォンのGoogleアカウントのIDやパスワードなどを把握していることが条件。これらを満たす場合、「端末を探す」を利用することができます。

パスやコード、顔認証など端末にロックをかけていない場合は各種サービスのパスワードを至急変更しましょう。また、端末を探すを利用していない、設定をオフにしている、パスワードを忘れてしまっている、といった場合はすぐに利用しているサービスのパスワードを変更しましょう。

その後は警察に遺失届を提出します。こちらは警察署や交番などで受け付けてもらえます。最寄りの警察署等に行きましょう。シリアルコードなどが必要な場合があるので、可能であれば常に控えておいた方が良さそうですね。

ここまで説明したほかの端末で紛失したAndroidを探す方法について分かりやすくシンプルに説明している動画になります。ご参考ください。

======
生活にお役立ちの情報がメールマガジンも受け取れる!【無料】Slownet会員登録はこちらから↓

Slownet会員登録はこちらから

>>次ページ スマホではなく、ガラケーの場合は?

ページ: 1 2 3

コメント

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
NEW!
2022年8月9日

暮らし・社会

マイナポイント第2弾は最大2万ポイント?申し込みの方法は?

みなさんはマイナンバーカードを作りましたか? マイナポイント第1弾では5,000円のポイントが支給されました。第2弾はなんと最大20,000ポイントが還元されるようです。 ...
2022年8月5日

暮らし・社会

急なゲリラ豪雨に対応して身の安全を守るためには?

夏になるといきなりゲリラ豪雨になって困った経験をした方も多いのではないでしょうか?  特に近年はゲリラ豪雨の頻度が上がっていますよね。 突然降る大雨。雨に濡れるだけでも体調を崩...
2022年7月29日

暮らし・社会

今年の夏は節電ポイントで賢く過ごそう!節電ポイントとは?

今年の夏も容赦ない暑さでクーラーなしの暮らしは想像できないですね。 そこで心配になるのが電気代です。電力不足が叫ばれているのはもちろんですが、電気代も高騰しているので、できるだけ...
2022年7月26日

暮らし・社会

ネットショップでモノを買うとき、改正された「特定商取引法」を確認すべき!

みなさんはネットで何か買うときに特定商取引法を確認していますか?今年から特定商取引法が改正されたようです。 気軽に利用できるネット通販ですが、状況はいろいろと変わってきているよう...
2022年7月12日

暮らし・社会

60歳から65歳の人もiDeCo加入が可能になったこと、知っている?

公的年金にプラスして給付を受けられるiDeCo。 ご存じの方は興味があるのではないでしょうか? そんなiDeCoは以前、60歳までの人が対象で当時すでに60歳以上だった方は...
2022年7月1日

暮らし・社会

要介護レベルによって老人ホームの選び方は違う?自分に合う老人ホームを選ぶためのチェックポイントは?

老後、どこでどのように過ごすのかは多くの方の悩みだと思います。 在宅で最期を迎えられるのが理想という方、老人ホームなどに入居し家族には迷惑をかけずに最期を迎えたいという方、さまざ...