メニュー
ゲストさん
 

終活で生前契約する人が増えている!生前契約とは?また、生前契約トラブルにも注意を!

損しない生前契約を進めるためには?

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

生前契約を進めるには、以下の4点をしっかりと確認しておきましょう。

死後の契約存続条項

委任契約は民法第653条で、「委任者または受任者の死亡をもって、委任が終了する」と規定しています。ただし最高裁判決で委任者が死亡していても、委任契約は終了しないという合意を交わせば契約は有効と判断しています。
だからこそ、契約書に死後の契約存続について定めておけば、契約者が亡くなっても契約は有効となります。
反対にこの条項がなければ本人の死後、契約は無効となってしまうので、履行できなくなるのです。
契約を結ぶ際は死後の契約存続についてきちんと確認しましょう。

契約の見直しは可能か

契約がきちんと履行されるかというのは不安なもの。特に契約時から物価が大きく変動し、希望した葬儀にならない可能性もあります。こうしたデメリットを回避するために、契約の見直しができるかどうかというのは大切なポイントです。

契約解除金

消費生活センターには解約で高額な解約金を請求されたという相談が増えているそうです。契約金の50パーセントを解約金としている葬儀社もありますので、事前に解約金についてきちんと確認しておきましょう。

家族の理解を得る

最後にもっとも大切なのが家族の理解をきちんと得ておくこと。自分の死後、実際に葬儀を執り行うのは遺された家族です。いくら生前契約を結んでいたとしても、家族が知らず、理解していなければ不満が残ります。
前述の通り、自分の死後、きちんと葬儀が執り行われているのか、確認する術はありません。だからこそ、事前に家族の理解をきちんと得ておかなければ、受任者である葬儀社が契約を遵守し、民法第644条か規定する「善管注意義務」をもって委任された葬儀にあたっているかを確認できないのです。

これからも増えそうな生前契約ですが、思わぬ落とし穴もあります。契約書はきちんと確認し、これらのトラブルを避けられるよう、きちんと契約を結ぶようにしましょう。

【記事関連書籍の紹介】

======
生活にお役立ちの情報がメールマガジンも受け取れる!【無料】Slownet会員登録はこちらから↓

Slownet会員登録はこちらから

>>次ページ 葬儀も重要だけど、子供にしっかり伝えたいことをエンディングノートに記録しておこう

ページ: 1 2 3 4

コメント

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
2021年12月24日

暮らし・社会

終活で不用品を処理したいけどできれば寄付したい!服や家電など、寄付する方法は?

年末年始の大掃除含め、終活のために断捨離を行う際、数回しか来てない新品に近い服や子どもたちが小さいときに来てた服など、売る気はしないけど、処分する気にもならないものは困りますね。 ...
2021年12月3日

暮らし・社会

自宅で最期を迎えたい。そのために生前準備することは?

人間なら誰しも、死ぬ直前のことを考えるもの。皆さんの理想的な死の瞬間はどのようなものでしょうか? なかにはできるだけ生まれ育てられた場所や家族と過ごした自宅で最期を迎えたいと...
2021年11月16日

暮らし・社会

噴火による火山災害が起きたときはどう対処する?家の近くに火山がある人必見!

最近、九州の阿蘇山の噴火海底火山噴火などのニュースが引き続き、いま住んでいる場所から近い山が噴火するのではないかと心配される方も多いのではないでしょうか? 本日はもし火山が噴...
2021年11月9日

暮らし・社会

おうち時間と共に上がった光熱費、その中でもガス代を節約するためには?

最近は家にいる時間が増え、また、外食するより自炊することも増えることからガス代や電気代など、光熱費がかなり上がった家庭も多いと思います。 そこで本日はガス代の節約方法についてご紹...
2021年10月29日

暮らし・社会

万が一のときを備えて、車の前だけではなく後ろも映すドライブレコーダーを選んでみては?

最近はあおり運転の被害を防ぐため、また事故後の解決をスムーズにするために車にドライブレコーダーを設置する人が多いのではないでしょうか? 標準搭載されている新車も増えてきましたよね...
2021年10月26日

暮らし・社会

資金運用の詐欺が増えている!大事な老後資金を守るためには?

新型コロナウイルスの影響で収入は少ないか、ほぼないものの生活費は上がり続け、より老後資金に対する心配が増えた方も多いのではないでしょうか? そんな不安な状況につけ込むような被害が...