メニュー
ゲストさん
OHUFJ オートバックスペダルの見張り番Ⅱ差し替え

サークル句会

259.02月サークル句会①(01/26~02/10)

昇峰さん
トピック作成者:昇峰 さん
2019.2.8
2月前半のサークル句会の選句結果です。今回の一席は、苦瓜さんの「臘梅」の6点句、二席は、さんせんさんの「冴返る」の5点句、三席は利明さんの「日脚伸ぶ」の4点句でした。サークル句会終了後、秩父の宝登山へ臘梅を見に行きましたが、今年は遅いようでまだ4分咲きでした。来回もよろしくお願い申し上げます。

一席 6点句(◎◎◎◎○○)
  60.蠟梅の匂仄かに躙口              苦 瓜
二席 5点句(◎◎○○○)
  20.冴え返る板廊長き永平寺            さんせん
三席 4点句(◎◎◎○)
  08.改札にてくてくマップ日脚伸ぶ         利 明

4点句(◎◎○○)
  13.切通し抜けて二月の海に会ふ          昇 峰
  52.身を縮め拝む御堂の余寒かな          さんせん
   (◎○○○)
  25.潮風にゆれる花菜や安房の道          panapana
3点句(◎◎◎)
  34.長老の炉端話や湯治宿             昭 子
   (◎◎○)
  37.難解なサインコサイン春寒し          孤 山
  46.冬桜仄かに匂ふ仁王門             麦 秋
   (◎○○)
  30.水牛に曳かれて渡る干潟かな          苦 瓜
  54.雪解や一隧道の繋ぐ村             昇 峰
  56.立春や日差しに弾む水車の音          panapana
   (○○○)
  06.梅見茶屋小さき座布団並びけり         方 舟
2点句(◎◎)
  31.早春のときめく旅や電子地図          panapana
  53.夕暮の運河の淀み多喜二の忌          孤 山
   (◎○)
  09.がうがうと音を溶かして雪解川         昇 峰
  38.残したき平成ひと句春浅し           panapana
  39.花石蕗や煙はうすく登り窯           苦 瓜
   (○○)
  04.梅が香を風の運びし石舞台           方 舟
  45.春めくや気持浮き立つ小買物          孤 山
1点句(◎)
  02.淡雪の触れなば消えん百度石          さんせん
  05.梅二月昼まで閉ざす庵の門           昇 峰
  16.公園の水も動かず冬深し            しょうく
  17.紅梅の影に師の句碑彫深く           方 舟
  27.白魚の手先で紡ぐ来世路            Tiger 6
  40.春寒や固く閉ざしし神輿蔵           昇 峰
  44.春めきし古都に溢れる異邦人          panapana
  57.龍の玉茶室に活けて客を待つ          麦 秋
  58.流氷の軋む音聞く夕べかな           孤 山
   (○)
  01.あの頃の褞袍の父や古時計           昭 子
  07.縁側の揺り椅子止まる春日向          利 明
  22.さらさらと竹の葉擦れや夜の雪         昭 子 
  26.春雷や主なき部屋の温度計           翔 行
  41.春雨や箪笥に亡妻の古財布           翔 行
  42.春立つや渓流に音戻り来ぬ           さんせん
  48.また同じこと言う友を寒見舞い         しょうく
  49.水光る糺の森や春の朝             苦 瓜
  55.雪間から土の香りと命の香           しょうく
無点句
  03.抱きたる稚の目線に梅咲けり
  10.寒の晴れ白雲ひとつ流れてゆく
  11.祈願する母子にふふみし梅一樹
  12.帰船待つ頬の冷たく明の風
  14.草青む古城の壁の隙間にも
  15.厨隅鬼追い疲れ豆転げ
  18.古備前の雛も並びて婆の唄
  19.篠笛の丘に響くや春を待つ
  21.ささやかな願ひを籠めて豆を撒き
  23.残雪に豊作祈る型残る
  24.残雪に淀の流れも勢を増し
  28.白魚も大挙押し寄せ扉明け
  29.白魚や天に飛び跳ね生を知る
  32.僧の引く砂の波紋や冴え返る
  33.大仏の餡パンずしり山笑ふ
  35.追儺豆掃く早朝の清々し
  36.時切れのなら町に鹿冴返る
  43.春近き小さな公園太極拳
  47.冬空や身を寄合うて小浜かな   
  50.紊れたる特攻寄せ書き寒き春
  51.みちのくの山は墓標や春淡し
  59.林立のタワークレーン春立てり

評点につきまして間違いがありましたら、お早めにお申し出ください。
選者(敬称略)
麦 秋 Tiger6 孤 山 昭 子 翔 行 利 明 苦 瓜 panapana しょうく 方 舟 さんせん 昇 峰
書き込み
 戻る次へ 
1
11ページ
12
昇峰さん
2019.2.13 21:00
08.改札にてくてくマップ日脚伸ぶ
20.冴え返る板廊長き永平寺
30.水牛に曳かれて渡る干潟かな
34.長老の炉端話や湯治宿
52.身を縮め拝む御堂の余寒かな
53.夕暮の運河の淀み多喜二の忌
58.流氷の軋む音聞く夕べかな
60.蠟梅の匂仄かに躙口
0人がいいねと言っています
11
さんせんさん
2019.2.13 17:34
さんせん選

 05.梅二月昼まで閉ざす庵の門
 09.がうがうと音を溶かして雪解川
 13.切通し抜けて二月の海に会ふ
 16.公園の水も動かず冬深し
 25.潮風に揺れる花菜や安房の道
 34.長老の炉端話や湯治宿
 37.難解なサインコサイン春寒し
 54.雪解や一隧道の繋ぐ村
 
 
0人がいいねと言っています
10
方舟さん
2019.2.13 14:55
08・改札にてくてくマップ日脚伸ぶ
20・冴え返る板廊長き永平寺
37・難解なサインコサイン春寒し
39・花石蕗や煙りはうすく登り窯
40・春寒や固く閉ざしし神輿蔵
44・春めきし古都に溢れる異邦人
46・冬桜仄かに匂ふ仁王門
53・夕暮の運河の淀み多喜二の忌
0人がいいねと言っています
9
しょうくさん
2019.2.13 14:22
しょうく選
  02.淡雪の触れなば消えん百度石
  08.改札にてくてくマップ日脚伸ぶ
  13.切通し抜けて二月の海に会ふ
  27.白魚の手先で紡ぐ来世路
  38.残したき平成ひと句春浅し
  46.冬桜仄かに匂ふ仁王門
  56.立春や日差しに弾む水車の音
  60.蠟梅の匂仄かに躙口 
0人がいいねと言っています
8
panapanaさん
2019.2.12 20:53
特選 34.長老の炉端話や湯治宿

入選 04. 13. 26. 46. 52.
0人がいいねと言っています
7
苦瓜さん
2019.2.12 13:20
特選。57
秀句。01・22・42.45.48
0人がいいねと言っています
6
利明さん
2019.2.12 9:56
特選
60.蠟梅の匂仄かに躙口
入選
06.梅見茶屋小さき座布団並びけり
13.切通し抜けて二月の海に会ふ
20.冴え返る板廊長き永平寺
30.水牛に曳かれて渡る干潟かな
41.春雨や箪笥に亡妻の古財布
0人がいいねと言っています
5
翔行さん
2019.2.12 9:52
特選
31 早春のときめく旅や電子地図

入選
20 冴え返る板廊長き永平寺
25 潮風にゆれる花菜や安房の道
37 難解なサインコサイン春寒し
55 雪間から土の香りと命の香
56 立春や日差しに弾む水車の音
0人がいいねと言っています
4
昭子さん
2019.2.12 9:18
特選
17.紅梅の影に師の句碑彫深く
入選
07.縁側の揺り椅子止まる春日向
20.冴え返る板廊長き永平寺
25.潮風にゆれる花菜や安房の道
54.雪解や一隧道の繋ぐ村
60.蝋梅の匂仄かに躙口
0人がいいねと言っています
3
孤山さん
2019.2.12 8:10
特選
60 蠟梅の匂仄かに躙口
入選
04 梅が香を風の運びし石舞台
08 改札にてくててくマップ日脚伸ぶ
09 がうがうと音を溶かして雪解川
30 水牛に曳かれて渡る干潟かな
52 身を縮め拝む御堂の余寒かな
0人がいいねと言っています
2
Tiger 6さん
2019.2.11 20:23
特選
52.身を縮め拝む御堂の余寒かな
入選
06.梅見茶屋小さき座布団並びけり
25.潮風にゆれる花菜や安房の道
38.残したき平成ひと句春浅し
39.花石蕗や煙はうすく登り窯
45.春めくや気持浮き立つ小買物
0人がいいねと言っています
1
麦秋さん
2019.2.11 9:17
特選
31.早春のときめく旅や電子地図 
秀句
06.梅見茶屋小さき座布団並びけり
49.水光る糺の森や春の朝
54.雪解や一隧道の繋ぐ村
56.立春や日差しに弾む水車の音
60.蠟梅の匂仄かに躙口
みはま 1人がいいねと言っています
 戻る次へ 
1
11ページ
関連記事