メニュー
ゲストさん
大人のSNSで新しい仲間を見つけよう! つながろう! TOSHIBA dynabook V
 

骨董市で楽しもう! ~これといった趣味がないというあなたにこそ~

掘り出し物を探す人で賑わう骨董市

散歩がてら、ふらりと寄る

骨董市といわれても、古臭いものには関心がない、関心はあっても、どこをどうみていいのかわからないという人は多いでしょう。しかし、骨董市は運動がてらのまち歩きにぴったりなイベントでもあるのです。
今回は、骨董品には興味がない、知識もないという人が、どのように骨董市に親しめるかを伝授します。案外、はまってしまうかもしれませんよ。
骨董市はどこで開催されているのでしょう。意外に、近くの神社やお寺で開かれていたりします。ネットで「骨董市、自分の住んでいる町や市の名」で検索してみましょう。近くに有名な神社やお寺、大きなホール・公園があれば、「骨董市、町や市の名、神社・仏閣・ホール・公園などの名前」で検索してもいいでしょう。チェックしておいて、お散歩やショッピングのついでに、ふらりと寄ってみるのも悪くありません。
近くに見つからなかったら、定期的に開かれている人気の骨董市が各地にありますので、観光のつもりで出かけてみましょう。特に、人の集まりやすい連休中の開催は間違いなしです。文末に、全国で開催されている主な骨董市の情報を付けましたので、参考にしてください。

まず懐かしさに浸る

では、何から見たらいいのでしょうか。規模の大きな骨董市にはありとあらゆるものがあるので、目が回るほどです。まず、自分にとって懐かしいもの、気になるものを探してみましょう。「そういえば、子供のころはどの家にもこういうものがあったなあ」とか「こんなものも売り物になるのか」とか「うちが廃品回収に出したものがこういうところにきているのかも」とか、そうした素朴な関心でいいのです。骨董市のいいところは、ぶらぶら見ているだけでも、誰にも文句を言われないこと。買わなくてもいいこと。

まだまだ使える日常品も

しかし、自分が出店している品物に詳しいのが出品者。気になったものがあれば「これは何?これは何に使うの?」と遠慮なく聞いてみましょう。骨董市の店はそれほど忙しくないし、聞いてくれたのが嬉しくて、いろいろな蘊蓄や歴史を教えてくれたりします
そうして、何か所か回っているうちに、次第に面白くなってきて、もともと自分の中にある趣味・趣向がわかってきます。これといった趣味がないと思っている人や趣味を見つけたいと思っている人には、格好の趣味発掘の場となるのです。

着物は最近リフォームで人気

お金をかけないで楽しむ

とはいえ、骨董品は高いからなあ、と思っていませんか。しかし、なんでもありの骨董市では、品物の値段もピンからキリまで。高価だから好きなものとは限らず、まさに自分の感性に合うもので、自分にふさわしいものを選ぶという自分なりの感覚を養う場といえるでしょう。
さらに、お金をかけないで楽しむ方法があります。関心のあるジャンルや品物が見つかったら、それに関するデータを集めるのです。図書館、新聞、ネットを使えば、意外な情報も知ることができます。それを始めたあなたはもう立派な「○○研究家」。
そうした成果は、ぜひブログやSNSなどで発表してください。全国に同好の士も見つかるなど、さらに世界が広がります。

ページ: 1 2

コメント

コメントを書く(クリックしてください)

人気記事
2017年12月1日

趣味

悲壮と笑いの同居! 第17回「シルバー川柳」入選作品が発表される

「遺言書『すべて妻に』と妻の文字」「『君の名は?』老人会でも流行語」。毎年敬老の日に合わせて公募される大人気「シルバー川柳」が今年も開催されました。思わず吹き出す悲喜こもごもの珠玉...
2017年12月13日

IT・科学

第46部・第11回 ストアアプリをみつけに行こう

第46部・第11回 ストアアプリをみつけに行こう 第46部・第11回 ストアアプリをみつけに行こう さまざまなジャンルのアプリが並べられ、手軽にダウンロードでき...
2017年12月6日

IT・科学

第46部・第10回 対面で行うサポート「東芝PC工房」

第46部・第10回 対面で行うサポート「東芝PC工房」 第46部・第10回 対面で行うサポート「東芝PC工房」 パソコンのユーザーサポートというと、電話をかけた...
2017年12月5日

くらしのマネー情報

12月開始!「スマホおためしレンタル」TSUTAYAがシニア世代のスマホデビューを後押し

「最近あのひともスマホを持ち始めたし、子どもや孫ともLINE(ライン)を使って連絡を取ってみたい。でも、スマホの使い方ってわからないし、買ってみて後悔はしたくない」。新しいものを購...
2017年12月5日

暮らし

没イチという生き方が増えている? 没イチって何?

「NHKで没イチというおひとりさま特集を見たけれど“没イチ”ってイマイチなにかわからなかった…」という人、いませんか? バツイチという言葉はよく聞く言葉で、1度離婚歴のある人のこと...
2017年2月14日

元気のヒント

50歳超えても「認知機能」が衰えない人 「ある行為」を続けていた!

英国でユニークな研究 認知機能を維持できる、向上させるとされる運動や食品はさまざまな研究によって数多く示唆されています。 そんな中、英国の研究者らによって、50歳以上に...
関連記事
NEW!
2017年12月13日

趣味・文化

人生100年時代「シェアウィズ」でいつでも学びなおし【シリーズ生涯学習1】

「人生100年と言われているし、何か習い事を始めてみようかな?」と思う意欲の高いシニア世代。出産や育児で退職してしまった女性や、定年退職したシニア世代のビジネス技能を磨く「リカレン...
NEW!
2017年12月12日

趣味・文化

結婚37周年おそろいコーデが人気の60代お洒落夫婦。インスタグラムを始めよう

「歳はとったけど、若い頃のようにファッションも楽しみしたいなぁ。今はどんなファッションがあるんだろう?」と思うことはありませんか? 今シニア世代からも若者世代からも、毎日の素敵な装...
NEW!
2017年12月11日

趣味・文化

63歳の新人作家が文藝賞受賞「おらおらでひとりいぐも」若竹千佐子さんの話題作

「最近話題の63歳の新人作家ってどんな人なの?」とシニア世代の間で話題沸騰中の若竹千佐子さん。63歳の新人としてデビュー。第54回文藝賞受賞作「おらおらでひとりいぐも」は、全選考委...
NEW!
2017年12月9日

趣味・文化

70歳から始めて人気カメラマンに!? 第二の人生は未経験にこそ面白さがある

「ずっと仕事中心の生活だったから趣味はなにもない。困った」という方おられますでしょうか?定年後再雇用などで継続して働く方も多いでしょう。しかし現役時代と比べると時間に余裕ができてく...
2017年12月6日

趣味・文化

【ベストセラー】93歳の佐藤愛子『九十歳。何がめでたい』

「佐藤愛子さんの本がまた売れているらしい!」。ユーモアに溢れ切れ味も鋭い文章でシニア世代のファンも多い佐藤愛子さん。発売以来Amazonのエッセイ売り上げランキングで人気を誇る『九...
2017年12月1日

趣味・文化

悲壮と笑いの同居! 第17回「シルバー川柳」入選作品が発表される

「遺言書『すべて妻に』と妻の文字」「『君の名は?』老人会でも流行語」。毎年敬老の日に合わせて公募される大人気「シルバー川柳」が今年も開催されました。思わず吹き出す悲喜こもごもの珠玉...


御朱印旅のすすめ

モデル募集

脳トレドリル。まずはお試し980円