メニュー
ゲストさん
slownetV@\Љ
 

ハンドブレンダーで、男の料理の腕をさらにアップ

「料理のレパートリーを増やすにはどうすればよいだろう」

皆さんは「ハンドブレンダー」というものをご存知ですか?
料理が趣味だという男性でも、ハンドブレンダーに馴染みが無い人はけっこう多いのではないでしょうか。

食事をする親子

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

このハンドブレンダーは、スープ、スムージー、ピューレなどを簡単に作ることができる優れものなんです。
これを使えば、これまでよりも料理のレパートリーが増えること間違いなし。

洗い物の手間もかからないのも魅力の一つ。
今回はこのハンドブレンダーの魅力をお伝えしていきます。

ハンドブレンダーの魅力 ミキサーよりも手入れが楽

それではまず簡単にハンドブレンダーとは一体どのようなものなのかを説明していきます。
ハンドブレンダーはミキサーやフードプロセッサーのように、食材を刻んだり、潰したりできる調理器具です。

機能的にはミキサーなどと変わりませんが、ハンドブレンダーには手に持って使えるという利点があります。
ミキサーのように固定ではないので、鍋に直接入れてかき混ぜるといった使い方ができることが大きなポイントです。

なかなかイメージが湧きにくいですよね。
ハンドミキサーをイメージしていただけると良いかと思います。
詳しい使い方などは、下のYouTubeから御覧ください。

後ほど詳しく説明しますが、アタッチメント(刃のパターン)を交換することで一台何役もこなす万能調理器具にもなります。
形もシンプルでコンパクトなものが多く、ミキサーなどに比べ洗う手間が全然かからないこともおすすめのポイントです。

このハンドブレンダーはさまざまな料理に使うことができます。
特にフレッシュジュースやスープのような液体、マヨネーズ・ディップのようなソース類、離乳食を作るときなどに便利。
手軽に使えるので、今結構売れている家電のひとつなのです。

また、みじん切りができるので、ひき肉を購入する必要がなくなります。
スーパーなどで販売されているひき肉は、どんな肉が使われているかわかりませんよね。
ハンドブレンダーがあれば、大きなブロック肉を購入し、ひき肉にすることもできるのです。
好みの粗さでひくことができるので、食感がしっかりあるハンバーグなんかも手軽に作ることができます。

上手く使いこなせば、今まで面倒で作らなかったもの、自分にはなかったレシピにもチャレンジすることができますよ。
できる料理の幅が広がれば、より一層料理をすることが楽しくなってくるでしょう。

アタッチメント次第でさまざまな用途に

オレンジジュース

画像提供:imagenavi(イメージナビ)


先ほども少しだけ触れましたが、ハンドブレンダーはアタッチメントの交換が可能です。
基本的にハンドブレンダーの機能は「潰す」「混ぜる」「泡たてる」ですが、アタッチメントを交換することで「刻む」「スライス」「千切り」などの機能も使えるようになります。

アタッチメントの交換で具体的に何ができるのかいくつか例を挙げていきましょう。

泡立て器のアタッチメントを装着すればホイップクリームやメレンゲを専用の泡立て器のように作ることができます。

料理の下ごしらえだって可能で、玉ねぎのみじん切り、ひき肉作りなどの時間のかかる作業も楽に行えます。
潰す機能や混ぜる機能を使えば簡単に、野菜のスープやパスタソースを作ることが可能になります。

この一台があればあらゆることが可能になる、まさに万能の器具なのです。
ハンドブレンダーを購入する時は、このアタッチメントの種類に注目するとよいでしょう。

冷製スープに挑戦

マッシュポテト

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

ここまでハンドブレンダーがさまざまな用途に使用できることが伝わったと思います。
もしもハンドブレンダーに興味を持って購入したのなら、ぜひとも色々な料理にチャレンジしてみてください。

数多くのレシピ本を手掛けている料理研究家の村田裕子さんの著書の中には「毎日使える!ハンドブレンダー」というレシピ本があります。
20年以上にわたりハンドブレンダーを使い続けている村田さんは「手が掛かって見える面倒くさい料理にこそ、ハンドブレンダーが真価を発揮する」と述べています。

その中では、潰すのが大変な栗きんとんや、伊達巻なんかも簡単にハンドブレンダーで作ったりしています。
さらには、作るのが難しそうなソーセージだって簡単に作れるレシピが公開してあるのです。

孫が来たときにお手製のソーセージを食べさせられたら、ちょっとうれしくありませんか?

一台あれば料理の幅が革命的に変わる万能料理器具、ハンドブレンダーを紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。
レシピの幅が広がるだけではなく、面倒な下ごしらえまでこなせるなんて、夢のようなアイテムですよね。

まだハンドブレンダーを持っていない人や、もっと料理を楽しみたいという人は、是非とも購入を検討してみてください。
より充実した食卓を楽しめるようになりますよ。

【おすすめ書籍】

【おすすめハンドブレンダー】

======
Slownetでブログやコメントを更新すると同じ趣味の仲間が見つかるかも!?人気のサークル情報などをお知らせするメールマガジンも受け取れる、Slownet会員登録はこちらから↓
Slownet会員登録はこちらから

コメント

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
2020年2月1日

趣味・文化

【ご当地グルメ】各駅の個性豊かで美味しい「駅弁」を食べるための旅行「駅弁はしご旅」はいかが?

列車を使った旅行は各地のいろいろな風景が見られ、とても楽しいもの。 新幹線には新幹線の良さが、特急には特急の良さが、鈍行には鈍行の良さがあるものです。 こうした旅につきもの...
2020年1月29日

趣味・文化

2019年、「今年の人」に選ばれたのは誰?過去に「今年の人」に選ばれたのはどんな人?

毎年、年末になると「今年の人」が発表されます。 昨年、2019年の今年の人に選ばれたのは16歳の少女。 スピーチで強い言葉を使ったことで有名になりましたよね。 2018年...
2020年1月22日

趣味・文化

新しい趣味で「チェキ」はいかが?スマホカメラの時代にあえてノスタルジックなチェキがブームに

趣味でカメラでいろんな風景を撮影する方も多いと思います。 最近はスマートフォンのカメラでも簡単で鮮明に良い写真が撮れるため、昔では考えられないほど多くの写真を撮影している方もいる...
2020年1月16日

趣味・文化

「読解力」がこれから重要!読解力を身につけることの重要さとは?

読解力はそもそのどのようなスキル? [caption id="attachment_30472" align="aligncenter" width="600"] 画像提供:...
2020年1月6日

趣味・文化

毎日日記を書く習慣で認知症予防になる?コツコツ続けるためには?

みなさんは毎日日記を書いていますか? 毎日特別なイベントがないから日記など書けない! と考える方も多くいるのではないでしょうか? しかし、平凡な1日だとしても書き方のコツで...
2019年12月31日

趣味・文化

「新語・流行語大賞」2019年間大賞は「ONE TEAM」。「タピる」「闇営業」「令和」なども選出された

毎年発表される「流行語大賞」。 大賞に選ばれたのは「ONE TEAM(ワンチーム)」でした。 このほか、トップ10には「計画運休」「軽減税率」「スマイリングシンデレラ/しぶこ」...