メニュー
ゲストさん
slownet_バナー_190401
 

「アツイ」をあなたの地域の言葉で何と言う?方言を楽しもう

「最近暑い。私の地元では『暑い』ことを●●といいます」

豊かな方言に恵まれた日本。

でも、ほとんどの人は「自分の生まれ育った地域の方言」以外に、あまり多くを知らないのではないでしょうか?
たとえばNHKの大河ドラマ「西郷どん」で、初めて薩摩弁を知った人も多いのでは?

浴衣の女性とスイカ

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

今回は奥深い方言の世界をご紹介します。

方言と訛りの違いは何?

イントネーションがおかしかったり、発音がおかしい言葉を「なまっている」といいますよね。
この訛り、方言によって訛ると考えがちですが、訛りと方言の違いはどのようなものでしょうか?

訛り」は、方言を特徴づける要素のひとつ。
そのため、訛りを方言と言い切ってしまっても、完全に間違いではありません。

厳密に言うと
方言は、共通語に対して、ある特定の地域だけで使用される言葉のこと。
訛りは、標準語に比べて地域特有の発音のこと。

訛りとは標準語と異なるアクセントやイントネーション、発声法のことを指すのです。

例えば標準語で「雨(あめ)」は、「」の音が高く、アクセントが強いですよね。
一方関西弁では「」の音が高く、アクセントが強くなります。

こうしたアクセントの違いや、ズーズー弁のように東北特有の発声法は、訛りとも言えますし、方言とも言います。

しかし、「片付ける」を「なおす」といった異なる言い回しは、訛りではなく、方言です。
北海道の「なまら(非常に、とても)」や、沖縄の「めんそーれー(いらっしゃい)」といった特定の地域で使用されるものは、「訛り」ではなく、「方言」といいます。

「あっちぇ」「いきる」と言えば

うちわ

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

昨年末、スローネット上でもご紹介した「寒い」に関する方言。今は季節が夏なので、暑いとは方言でどのようにいうのでしょうか?

参考記事
日本全国今日の寒さを方言で叫ぶ
https://slownet.ne.jp/c/society/post-18058/

  • 新潟県「あっちぇ」
  • 岐阜県「いきる」「うむす」
  • 静岡家「いきる」「いきれる」
  • 熊本県「いさぎー」「いさぎゅー」
  • 岡山県「さばる」
  • 秋田県「ぬぎ」
  • 福岡県「ぬっか」
  • 大阪府「ほめく」
  • 奈良県「よーず」

最近ではあまり方言が使われなくなってきているそうですが、皆さんの地域の言葉はありましたか?

「寒い」に比べると、暑いという方言は少ない印象。
しかし、まだまだわたし達が知らない言葉もあるはずです。

ぜひ、皆様の地域(地元)で「暑い」をなんというか教えてください。

鹿児島弁を楽しもう。あなたはいくつわかる?

マナヅル

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

最後にご紹介するのは、NHK大河「西郷(せご)どん」でお馴染みの鹿児島弁。
鹿児島弁はなかなか複雑なので、正確に把握するのは難しいところ。

鹿児島弁は「薩隅方言(さつぐうほうげん)」と呼ばれ、鹿児島県と宮崎県諸県地方で話される方言のこと。
鹿児島がかつての薩摩国大隅国にあたることから、薩隅方言と呼ばれています。

九州自体は大きく3つのブロックに分けられ、薩隅方言のほか、肥筑方言、豊日方言があり、「よか」「ばってん」などイメージしやすい九州の方言は肥筑方言に多く、薩隅方言は「子音で終わる語」を発達させるなど、他と比べると特殊な進化を遂げた言葉となっています。

皆様はどのくらい把握していますか?

  1. アイガテ
  2. アンベ
  3. イケンスイケ
  4. オズン
  5. オハン
  6. カカイヨナ
  7. キンキン
  8. クデ
  9. ゴッタマシ
  10. スッパイ
  11. ズバッ
  12. チョッシモタ
  13. ハエンカゼ
  14. ヒダリ
  15. マコチ
  16. ミゴチ
  17. モヘ
  18. ヤゾロシ
  19. ヤッケナ
  20. ンダモシタン

代表的な鹿児島弁を書き出してみました。
皆様はどのくらい読めますか?

それでは正解はこちらです。

  • アイガテ……ありがたい
  • アンベ…体の具合
  • イケンスイケ…どうするか
  • オズン…目が覚める
  • オハン…あなた
  • カカイヨナ…関わり合うな
  • キンキン…きちんと正座
  • クデ…くどい
  • ゴッタマシ…たくましい
  • スッパイ…全部
  • ズバッ…たくさん
  • チョッシモタ…ちぇっ、しまった
  • ハエンカゼ…南風
  • ヒダリ…ひもじい
  • マコチ…まことに
  • ミゴチ…美しい
  • モヘ…早くも
  • ヤゾロシ…うるさい
  • ヤッケナ…やっかいな
  • ンダモシタン…あらあらまあ

音や文字からではまったく意味が読み取れませんよね。
方言は地域によってさまざま。

以前のスローネット記事では「バカ」「アホ」境界線を探ったお話も掲載させていただきました。
よろしければぜひそちらも御覧ください。

参考記事
日本全国今日の寒さを方言で叫ぶ
https://slownet.ne.jp/c/society/post-18058/

======
Slownetでブログやコメントを更新すると同じ趣味の仲間が見つかるかも!?人気のサークル情報などをお知らせするメールマガジンも受け取れる、Slownet会員登録はこちらから↓
Slownet会員登録はこちらから

コメント

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
NEW!
2019年4月20日

趣味・文化

ホストは50歳以上の大人限定!?オリンピックで活躍する「ニッポンの日常体験」ボランティアとは?

年齢を重ねると、さまざまな特技が身についていくもの。 自分では気がついていなくとも、他人から見ると「それってすごいよ!」ということがきっとあるはずです。 そんな特技を活かし...
NEW!
2019年4月18日

趣味・文化

うちの子そっくりのフィギュアを作ろう!いつかいなくなるペット供養の新形態「3Dフィギュア」を作ろう

いつまでも大切なペットと過ごせるわけではありません。 人間と比べると寿命が短い彼らは、いつか私達をおいて遠くへ旅立ってしまいます。 いつかいなくなる愛らしいペットを残す形と...
2019年4月8日

趣味・文化

【平成を振り返る】風呂上がりに欠かせない「フルーツ牛乳」が販売終了 消えゆく昭和の味を振り返る

明治が販売する清涼飲料水「明治フルーツ」(フルーツ牛乳)が2019年4月で販売終了となります。 「明治フルーツ」は1958年に発売開始し、半世紀以上に渡ってお風呂上がりのお供とし...
2019年4月6日

趣味・文化

東京シティガイド【最終回】ありがとうございました

お久しぶりです。東京シティガイドのネジ根塚です。 これまでに5回にわたって、お江戸東京のドタバタ・ガイドの顛末をご紹介させていただきました。諸般の事情により、残念ながら今回が最後...
2019年3月30日

趣味・文化

【超高額】30万円のスマホを守る!紳士の嗜みである革小物の人気ブランドはどんなもの?

QRコード決済、モバイルSuica、ApplePayなどスマートフォンを活用した電子決済が普及し始めています。 これだけ普及した現代では、スマホはもう「財布」といえるのではないで...
2019年2月28日

趣味・文化

日活ロマンポルノの女神たち:創設45周年メモリアル アンケート結果

1971~88年に1100本が製作された成人映画レーベル「日活ロマンポルノ」が45周年を迎えました。 これまでディスク化されていなかった作品がブルーレイ&DVDでリリースされ...