メニュー
ゲストさん
【登録無料】大人のSNSを「はじめよう」同世代の仲間と「つながろう」 西武グループおとなの上級な遊び方
 

東京シティガイド【1】お江戸東京、駆け出しガイド日記

初めまして。

このたび、ご縁がありましてSlownetに寄稿させていただく機会を頂きました「ネジ根塚」と申します。すでに還暦を過ぎ、東京シティガイドや地区のボランティアなどをしております。

浅草寺

「浅草寺」画像提供:imagenavi(イメージナビ)

Slownet会員の皆さまは、リテラシーが高く、旅行・食・地域貢献などにご興味をお持ちの方が多いと伺っております。かくいう私も(リテラシーはともかくとして)同様な興味を持っている者です。

しかし、若いころから「考える」より「動く」方が好きで、恥ずかしながら歴史や人物などは疎いというよりも苦手としておりました。そのためか理科系に進学し、やれデジタルだ、それITだといった業界を経て、海外滞在時間ばかりいたずらに増えたデジタルオヤジになってしまいました。

シティガイドになったきっかけ

趣味も音楽やクルマのこと以外無知に近い還暦オヤジが、サラリーマンを終えて現実に直面した時『あ“~~「あ」に濁音』もっと勉強しておけばよかった…と痛切に思ったことが歴史との出会いでした。そこで遅まきながら、江戸の歴史を調べようと江戸東京博物館に行ってみてびっくり!知らないことだらけでした。よくぞここまで知らずに60年も生きてきたな!と意味なく感心したりしておりました。

そこで『サルでもわかる江戸歴史』的な初心者向けの江戸の歴史本を読み始めたところ…面白さに愕然! そこから、ハマっていきました。元気なうちにできることをと思い、何かお役にたてることは…と調べて出会ったのがシティガイドクラブでした。設立されて十余年の歴史があるクラブですから、私は駆け出しのひょっこですが、この還暦オヤジ「天然の楽天家」、Never Too Late、歴史をいろいろ知ろうと、肥満防止を兼ねて、自転車や徒歩で都内を巡り、情報収集や現場での『発見』を楽しんでおります。

自転車で散歩

江戸川で自転車で散歩したときの風景

家で本を読んでいても全く覚えられないことが、現地に行くと驚くほど理解が深まるのは一つの感動ですらあります。おまけに、できるだけ体力を使うよう人力での移動ですから、Minimum Costで実現できます。(時間は多少必要ですが)

ちょっとしたお出かけの魅力

散策中の別の喜びは、想定外のおいしい飲食店や不思議な路地などとの出会いです。

河川敷を散策していたときに、土木工事現場で監督していたおじさんに挨拶をしたら、「自転車、楽しそうでいいね~」と声をかけられ、少し雑談していたら、その河川敷の地質のことなどを教えてくれたりしました。私は地質学は無学に近かったのですが、帰ってから調べて大変勉強になりました。その監督さん?が教えてくれた近所の定食屋のレバニラ炒め定食…うまかったです。

向島からの帰り、川向う(どっちが川向うという話も楽しいですね)から隅田川を越えてくる橋を間違えて迷った時に、浅草橋近くでシブイ洋食屋を発見…おいしい時のうれしさは散策ならではの楽しみです。

ハンバーグ定食

定食屋のハンバーグ定食

ヨーロッパに比べて日本はまだ自転車専用道路の整備が遅れており、都内でもヒヤッとするような場面はたまにありますが、景色を楽しみながらゆっくり走らせています。それでも、自転車で東に2時間も走ると矢切の渡し・帝釈天まで行けますし、北はというと、皇居を越えて上野・浅草あたりまで、西は、二子玉川こえて調布あたりまで、南は鶴見の総持寺あたりまで…途中の道も寄り道したくなるような面白いところに、頻繁に出くわします。

出くわすといえば、時にライディングスーツに身を固め、ロードバイクで疾走する女性ライダーに遭遇するのも自転車ならでは。しかし、麗しいRiderはあまりに速過ぎて、還暦オヤジライダーでは追いかけることもままなりません。脱線いたしました。

江戸の魅力を広く伝えていきたい

生まれが京都の私は、京都の古寺名刹には興味をもっていましたが、江戸・東京の歴史にはあまり興味がわかず、ただ何となく漠然と東京に暮らしてきました。ただ、江戸東京は京都に比べると確かに世界遺産とか国宝とかは少ないですが、京都とは異なる魅力があることを発見しました。

江戸城天守台

江戸城天守台

江戸東京の歴史は『Scrap & Build』の歴史です。京都は震災にも、空襲にもあっていません(応仁の乱では焼けつくされてしまいましたが)。 江戸・東京は被災するたびに大きく、強くなってきた街だと思います。だから面白い! 人はさらに面白い!

自宅近辺にたくさんの発見があったことも、歴史を知る楽しさです。たまたま、友人から拝借した歴史小説「酔いどれ小籐次」というシリーズには、なんと自宅近辺のことがたくさん書かれてあり、うまれて初めて歴史小説とはかくも面白いものかと衝撃を受けました。これも江戸歴史に興味を持ったからこそ出会えたことだと思います。

本

酔いどれ小籐次

長年海外にいたこともあり、英語でガイドするようなことも少しずつお手伝いし始めております。昨今、東京は2020年のオリンピック・パラリンピックで盛り上がっていますが、これらは一つの通過点であり、その後の江戸・東京の魅力の継承こそ大事だと思っています。

このたび、ここでコラムを連載させていただくことになり、面白かった場所やおいしかったもの、おかしな体験など具体例を交えてご案内できればと思っております。この夏は記録的酷暑となった日本ですが、どうか楽しい日々となりますようお過ごしください。私も水分・塩分とりつつ、街めぐりを続けるつもりでおります。

ご感想やご意見、ご異論をお寄せくださいましたら、ありがたいです。よろしくお願いいたします。

ねじ 根塚 拝

根塚さんプロフィール


ネジ 根塚(ねじ ねづか)


還暦チョイ過ぎ「ちょい悪オヤジ」になれないちょいと残念!なオッチャンです。鉄道模型(Nゲージ)好きで新しいジオラマを画策中、が妄想の独り歩きで手が動かず…老人ホームや小児病棟の子たちにジオラマを持参して見せてあげるのが夢です。 家族の顰蹙をよそに、とうに卒業した娘の女子校で出会った父親仲間(通称:卒業できないオヤジ達)との交流を楽しんでおります。


コメント
  1. とても楽しいコラムが始まりましたね。次のコラムがたのしみです。私も都内在住ですので、具体的な見て歩きのレポートを期待します。できれば、ネジさんに実際に案内してもらうオフ会を企画していただけたら、ぜひ参加したいです。

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
NEW!
2018年11月15日

趣味・文化

今日の泉谷さん【57】 作:カワサキヒロシ「帰宅」

→はじめから読む →今日の泉谷さん一覧はこちらから →作者プロフィールのご紹介 ====== Slownetでブログやコメントを更新すると同じ趣味の...
2018年11月10日

趣味・文化

今日の泉谷さん【56】 作:カワサキヒロシ「北海道旅行2」

→次へすすむ →はじめから読む →今日の泉谷さん一覧はこちらから →作者プロフィールのご紹介 ====== Slownetでブログやコメントを更新...
2018年11月5日

趣味・文化

今日の泉谷さん【55】 作:カワサキヒロシ「北海道旅行1」

→次へすすむ →はじめから読む →今日の泉谷さん一覧はこちらから →作者プロフィールのご紹介 ====== Slownetでブログやコメントを更新...
2018年10月30日

趣味・文化

今日の泉谷さん【54】 作:カワサキヒロシ「ペットホテル」

→次へすすむ →はじめから読む →今日の泉谷さん一覧はこちらから →作者プロフィールのご紹介 ====== Slownetでブログやコメントを...
2018年10月27日

趣味・文化

今日の泉谷さん【53】 作:カワサキヒロシ「ふっこう割り」

→次へすすむ →はじめから読む →今日の泉谷さん一覧はこちらから →作者プロフィールのご紹介 ====== Slownetでブログやコメントを...
2018年10月26日

趣味・文化

【日活ロマンポルノの女神たち】風祭ゆき 日本初の本番セックス映画監督に口説かれ……

今もなお、多くのファンに愛され続けている日活ロマンポルノ。 600タイトル以上もの作品が、オンライン動画配信されているのだとか。 この「日活ロマンポルノの女神たち」では、2...