メニュー
ゲストさん

サークル句会

239.04月サークル句会①(03/26~04/10)

昇峰さん
トピック作成者:昇峰 さん
2018.4.8
平成30年3月後半のサークル初句会の選句結果です。今回の一席は、さんせんさんの「朧夜」句の7点句、二席は、方舟さんの「花」句の6点句、三席は、さんせんさんの「花」句の5点句でした。一席の句を読むと、早速にでも京都一泊の旅に出たくなりますね。来回もまたよろしくお願い申し上げます。

1席 7点句(◎◎◎◎○○○)
  10.朧夜や瀬音ばかりの渡月橋            さんせん
2席 6点句(◎○○○○○)
  29.主婦の座を解き放たれて花の宴          方 舟
3隻 5点句(◎◎◎◎○)
  17.結願の一寺は遠し花の雨             さんせん

5点句(◎◎○○○)
  48.燕来る坊ちゃん列車擦れ擦れに          TOTORO
  52.ときめきの余香をたたむ花衣           利 明
   (◎○○○○)
  05.奥嵯峨に駆け込み寺や竹の秋           利 明
4点句(◎◎◎○) 
  39.瀬戸内や春あけぼのの連絡船           panapana
   (◎○○○)
  54.菜種梅雨和傘の似合う若女将           secchan
  56.のっそりと落花を積んで亀動く          そよかぜ
3点句(◎◎○) 
  76.満濃の水を引き入れ種を蒔く           苦 瓜
  32.春愁や蓋の合はざる化粧瓶            昇 峰
  47.月おぼろ町屋の路地の行き止り          山椒の実
   (◎○○)
  06.奥只見まだら模様の春の山            俊 雪
  20.言問の団子食みつつ春惜しむ           翔 行
  27.シャボン玉吹く子に追う子跳ねてる子       夢追人
  38.捨ておきし鉢に目覚めて名草の芽         しょうく    
  55.野遊びや良き師良き友良き日和          TOTORO
   (○○○)
  82.行く春や供花新しき獣魂碑            方 舟
2点句(◎○)
  08.遅き日や小江戸に響く鐘の音           panapana
  34.春眠の夢に宇宙を浮遊せり            麦 秋
  63.花冷えや茶室に響く釜の音            secchan
  65.春うらら河馬の背ひかり鳥遊ぶ          翔 行
   (○○)
  18.校長は笠智衆似や入学式             夢追人
  22.咲き満ちて風にこぼるる雪柳           panapana
  23.作業着に木屑の匂ふ遅日かな           昇 峰
  31.春愁や道化役者のもの思ひ            麦 秋
  79.みなもとは富士湧水の芹を摘む          方 舟
  86.烈なして子等の登校葱坊主            俊 雪
1点句(◎)
  04.うぐひすとわたくしだけの雑木山         TOTORO
  11.柿若葉戴帽式の乙女たち             翔 行
  24.佐渡の海春あけぼのの海女の舟          Tiger 6
  46.散る花も載せて到着乳母車            しょうく    
  50.踏青や雲のたなびく竹田城            翔 行
  53.年ごとに友の減りたり花の冷え          そよかぜ
  57.長閑なり犬にボールを拾わせて          雪 子
  67.春の月時空を超えて浮遊せり           Tiger 6
  70.ひしめいて付いては崩る花筏           俊 雪
  74.放棄地も農地も知らでげんげ咲く         さんせん
  80.ものの芽やたくましき根は見せずして       しょうく
  83.四つ足をふんばつて鳴く仔猫かな         昇 峰
   (○)
  13.枯山水離座敷の玉椿               苦 瓜
  16.京五山姿かくせり菜種梅雨            panapana
  25.山門の飛花をくはへし仁王像           さんせん
  33.春宵や長持唄の奥座敷              利 明
  41.それぞれがそれぞれの道春落葉          そよかぜ
  44.たんぽぽや姉と作りし首飾り           TOTORO
  60.花けぶる城址の堀の水淀む            泥 舟
  73.弁財天夢にたゆたふ目借り時           麦 秋
  75.歩道にも白き舞姫ゆきやなぎ           Tiger 6
  77.水うみにぽっかり浮かぶ春の月          Tiger 6
  81.雪解けや大樹の周りいち早く           俊 雪
  90.若者と騒いだ後の花疲れ             そよかぜ
無点句
  01.仇野の無縁仏や春埃
  02.あたたかや橙色の灯の揺らぎ
  03.甘茶仏今日の一日を濡れ給ふ
  07.お澄ましのさみどり匂ふ新わかめ
  09.追ふでなく逃るるでなく花吹雪    
  12.矍鑠とグランドゴルフ青き踏む
  14.君はいま何処に見るや花万朶
  15.旧跡を名所ならしむ桜かな
  19.御神体と言ふも和やか春の山
  21.囀に応ふ囀り風もまた
  26.四月バカ友と笑ひし日もありき
  28.シャンデリアのごと白藤朝の光
  30.春愁や職退きたりてあと訪ね
  35.春眠や遠くに聞こゆ話し声
  36.新社員風の読めない井の蛙
  37.瑞相と空に彩雲花御堂
  40.背を伸ばし欠伸する猫春の昼
  42.退院し馴れぬ我家や春炬燵
  43.単身赴任日曜の大朝寝
  45.地に落ちてしずくと化して春の雪    
  49.天守より眺むる花のかぎろひぬ
  51.道祖神肩寄せあひて目借り時
  58.パソコン塾八十歳の新入生
  59.花筏姿を変へて流れゆく
  61.放ちたる犬を呼ぶ笛春の山
  62.花冷えや書斎めくるる小鳥啼く
  64.花吹雪西行桜の碑を称ふ
  66.春驟雨畝にスコップ直立す
  68.引き返し踏む春昼のうぐひす張
  69.引鳥の目に焼き付けよ比良比叡
  71.百年を経し襖絵の花褪ず
  72.富士を背にあっけらかんと葱坊主
  78.水音のリズムに出づる蝶の白
  84.夜の辛夷闇濃くあれば白更に
  85.両親を旅に行かせて朝寝かな
  87.若草の丘に出づれば雀鳴く
  88.若草や子らの歓声響く丘 
  89.若草の野面に立てば馬駈くる

評点につきまして間違いがありましたら、お早めにお申し出ください。

出席者(敬称略)
麦 秋 TOTORO 泥 舟 翔 行 Tiger6 そよかぜ 雪 子 山椒の実 利 明 夢追人 
苦 瓜 俊 雪 secchan panapana さんせん しょうく 昇 峰 方 舟
書き込み
 戻る次へ 
1
11ページ
19
方舟さん
2018.4.13 9:22
17・結願の一寺は遠し花の雨
34・春眠の夢に宇宙を浮遊せり
47・月おぼろ町屋の路地の行き止まり
50・踏青や雲のたなびく竹田城
52・ときめきの余香をたたむ花衣
55・野遊びや良き師良き友良き日和
74・放棄地も農地も知らでげんげ咲く
76・満濃の水を引き入れ種を蒔く
0人がいいねと言っています
18
昇峰さん
2018.4.13 9:03
08.遅き日や小江戸に響く鐘の音
10.朧夜や瀬音ばかりの渡月橋
39.瀬戸内や春あけぼのの連絡船
47.月おぼろ町屋の路地の行き止り
48.燕来る坊ちゃん列車擦れ擦れに
54.菜種梅雨和傘の似合う若女将
63.花冷えや茶室に響く釜の音
76.満濃の水を引き入れ種を蒔く
0人がいいねと言っています
17
しょうくさん
2018.4.13 6:20
しょうく選
  04.うぐひすとわたくしだけの雑木山
  17結願の一寺は遠し花の雨
  27.シャボン玉吹く子に追う子跳ねてる子
  32.春愁や蓋の合はざる化粧瓶
  53.年ごとに友の減りたり花の冷え
  65.春うらら河馬の背ひかり鳥遊ぶ
  67.春の月時空を超えて浮遊せり
  83.四つ足をふんばつて鳴く仔猫かな   
0人がいいねと言っています
16
さんせんさん
2018.4.13 2:16
さんせん選

 06.奥只見まだら模様の春の山
 11.柿若葉戴帽式の乙女たち
 20.言問の団子食みつつ春惜しむ
 32.春愁や蓋の合はざる化粧瓶
 38.捨ておきし鉢に目覚めて名草の芽
 46.散る花も載せて到着乳母車
 52.ときめきの余香をたたむ花衣
 70.ひしめいて付いては崩る花筏
0人がいいねと言っています
15
panapanaさん
2018.4.12 20:49
特選 24.佐渡の海春あけぼのの海女の舟

秀句 06. 31. 56. 65. 86.
0人がいいねと言っています
14
secchanさん
2018.4.12 20:23
特選
17
秀句
10、23、31、34、52
0人がいいねと言っています
13
俊雪さん
2018.4.12 16:50
特選10.朧夜や瀬音ばかりの渡月橋

入選29.主婦の座を解き放たれて花の宴
  38.捨ておきし鉢に目覚めて名草の芽
  54.菜種梅雨和傘の似合う若女将
  73.弁財天夢にたゆたふ目借り時
  77.水うみにぽっかり浮かぶ春の月
0人がいいねと言っています
12
苦瓜さん
2018.4.12 14:25
特選。57
秀句。05・18・20・22・44
0人がいいねと言っています
11
夢追人さん
2018.4.12 13:44
特選:29.主婦の座を解き放たれて花の宴
秀句:05.奥嵯峨に駆け込み寺や竹の秋
   10.朧夜や瀬音ばかりの渡月橋
   38.捨ておきし鉢に目覚めて名草の芽
   56.のっそりと落花を積んで亀動く
   79.みなもとは富士湧水の芹を摘む
  
0人がいいねと言っています
10
利明さん
2018.4.12 10:33
特選
48 燕来る坊ちやん列車擦れ擦れに
入選
17 結願の一寺は遠し花の雨
23 作業着に木屑の匂ふ遅日かな
56 のつそりと落花を積んで亀動く
76 満濃の水を引き入れ種を蒔く
82 行く春や供花新しき獣魂碑
0人がいいねと言っています
9
山椒の実さん
2018.4.11 22:52
特選
17結願の一寺は遠し花の雨

入選
05.奥嵯峨に駆け込み寺や竹の秋
29.主婦の座を解き放たれて花の宴
32.春愁や蓋の合はざる化粧瓶
48.燕来る坊ちゃん列車擦れ擦れに
86.烈なして子等の登校葱坊主
0人がいいねと言っています
8
雪子さん
2018.4.11 21:38
特選
56 のっそりと落花を積んで亀動く

入選
16 京五山姿かくせり菜種梅雨
29 主婦の座を解き放たれて花の宴
75 歩道にも白き舞姫ゆきやなぎ
81 雪解けや大樹の周りいち早く
90 若者と騒いだ後の花疲れ 
0人がいいねと言っています
7
そよかぜさん
2018.4.11 21:04
特選
05.奥嵯峨に駆け込み寺や竹の秋
秀作
27.シャボン玉吹く子に追う子跳ねてる子
29.主婦の座を解き放たれて花の宴
47.月おぼろ町屋の路地の行き止り
48.燕来る坊ちゃん列車擦れ擦れに
79.みなもとは富士湧水の芹を摘む
0人がいいねと言っています
6
Tiger 6さん
2018.4.11 17:22
特選
80.ものの芽やたくましき根は見せずして
入選
08.遅き日や小江戸に響く鐘の音
13.枯山水離座敷の玉椿
22.咲き満ちて風にこぼるる雪柳
27.シャボン玉吹く子に追う子跳ねてる子
63.花冷えや茶室に響く釜の音
0人がいいねと言っています
5
翔行さん
2018.4.11 16:55
特選
39 瀬戸内や春あけぼのの連絡船

入選
06 奥只見まだら模様の春の山
10 朧夜や瀬音ばかりの渡月橋
54 菜種梅雨和傘の似合う若女将
55 野遊びや良き師良き友良き日和
60 花けぶる城址の堀の水淀む
0人がいいねと言っています
4
泥舟さん
2018.4.11 14:37
特選
10 朧夜や瀬音ばかりの渡月橋
入選
05 奥嵯峨に駆け込み寺や竹の秋
20 言問の団子食みつつ春惜しむ
33 春宵や長持唄の奥座敷
39 瀬戸内や春あけぼのの連絡船
52 ときめきの余香をたたむ花衣
0人がいいねと言っています
3
TOTOROさん
2018.4.11 14:33
特選 10.朧夜や瀬音ばかりの渡月橋
秀句
25.山門の飛花をくはへし仁王像
29.主婦の座を解き放たれて花の宴
41.それぞれがそれぞれの道春落葉
52.ときめきの余香をたたむ花衣
82.行く春や供花新しき獣魂碑
0人がいいねと言っています
2
麦秋さん
2018.4.11 11:11
特選
39.瀬戸内や春あけぼのの連絡船
秀句
18.校長は笠智衆似や入学式
48.燕来る坊ちゃん列車擦れ擦れに
54.菜種梅雨和傘の似合う若女将
55.野遊びや良き師良き友良き日和
82.行く春や供花新しき獣魂碑
0人がいいねと言っています
1
削除されました。
 戻る次へ 
1
11ページ
関連記事