メニュー
ゲストさん

サークル句会

254.11月サークル句会②(11/11~11/25)

昇峰さん
トピック作成者:昇峰 さん
2018.11.23
11月後半のサークル句会の選句結果です。今回の一席は、昇峰の「神楽」の6点句、二席は、しょうくさんの「小春日」の5点句、三席は、方舟さんの「小春」の4点句でした。「神楽」は天の岩戸の前で行われた舞を起源とする神事芸能、「小春」は旧暦十月の異称。今年は小春日が多くて、とうとう木枯しが吹きませんでした。来回もまたよろしくお願い申し上げます。

一席 6点句(◎◎◎○○○)
  46.また一つ神も歳とる里神楽           昇 峰
二席 5点句(◎◎○○○)
  18.小春日に背中押されてまた一歩         しょうく
三席 4点句(◎◎◎◎)
  50.予後の歩の妻に添ひゆく小春かな        方 舟
4点句(◎◎◎○)
  23.猿田彦泣く子あやして里神楽          麦 秋
   (◎○○○)
  07.お日様を背中に負うて大根引く         さんせん
  17.鞍馬寺へ続く参道冬木の芽           panapana
3点句(◎◎◎)
  55.雪蛍幼なじみの喪の知らせ           苦 瓜
   (◎◎○)
  02.会ひたいといつも添へ書き賀状書く       panapana
  32.竹笹の揺れを映して白障子           さんせん
  35.茶の花をこえて手渡す夕刊紙          方 舟
   (○○○)
  25.ししおどし響く茶寮の花八つ手         さんせん
2点句(◎◎)
  37.露寒や暖簾古りにし陀羅尼助          利 明
   (◎○)
  13.唐金の牛の寝そべる神の留守          方 舟
  26.師走とは忘れし事の多き月           麦 秋
  29.ずっしりと折り込みチラシ師走かな       panapana
  33.茶の花に思ひを馳せる知覧かな         方 舟
  38.手の届く距離に物置く師走の夜         昇 峰
  41.陽を集め老いの背中の冬はじめ         しょうく
  43.平成と心をこめて賀状書く           Tiger 6
  49.ゆるキャラの動き各様冬どなり         利 明
   (○○)
  39.電飾の街にはなやぐ冬木かな          さんせん
  48.山また山風また風の枯峠            昇 峰
1点句(◎)
  11.片仮名の文字の尖りや山眠る          支 笏
  15.川風と屋台が好きでおでん酒          昇 峰
  31.対岸を蘆火の炎鳰の海             利 明
  51海豹の死骸引き裂く尾白鷲           苦 瓜
  52.井戸に湯気揺らめき立つや冬の朝        苦 瓜
  54.丸たん棒土手に打込む池普請          苦 瓜
   (○)
  05.うたた寝の夢に浮かぶ句日向ぼこ        麦 秋
  06.音もなく降り積む雪や午前二時         支 笏
  20.小春日や富士の笠雲仰ぎ見る          panapana
無点句
  01.秋行くや船上の人送る人
  03.鮟鱇や親子三代囲む鍋
  04.銀杏散る空の蒼さと海の青
  08.牡蠣を剥く少女の指の鮮やかさ
  09.数へ日の街騒殊に増えにけり
  10.数へ日や手提げ鞄の小銭入れ
  12.語部の埋火掻くやおしらさま
  14.枯草に飛び散る炎夢の跡
  16.観覧車山の紅葉と港町
  19.小春日は雀コーラス屋根の上
  21.転がされ掃き捨て団栗群れをなす
  22.淋しきは声替へて啼く冬の鵙
  24.しぐるるやぽつねんとある杣の家
  27.出港の汽笛の音や秋思う
  28.新婚や紅葉の杜のオルゴール館
  30.それぞれにお国自慢の柿届く
  34.茶の花に鼻つけ香り嗅いでみる  
  36.朝光や金剛めける芋の露
  40.跳ぶをやめなに考える枯飛蝗 
  42.平成と賀状の文字も懐かしき
  44.平成の続く二文字師走かな
  45.北斎の大書達磨の忌
  47.みちのくの名句ひとふし翁の忌
  53.好天のトロッコ電車冬紅葉

評点につきまして間違いがありましたら、お早めにお申し出ください。

参加者(敬称略)
利 明 支 笏 麦 秋 そよかぜ Tiger6 苦 瓜 panapana しょうく 方 舟 さんせん 昇 峰
書き込み
 戻る次へ 
1
11ページ
11
方舟さん
2018.11.30 20:05
02・会いたいといつも添へ書き賀状書く
07・お日様を背中に負うて大根引く
29・ずっしりと折りこみチラシ師走かな
32・竹笹の揺れを映して白障子
37・梅雨寒や暖簾古りにし陀羅尼助
38・手の届く距離に物置く師走の夜
46・また一つ神も歳とる里神楽
49・ゆるキャラの動き各様冬どなり
0人がいいねと言っています
10
さんせんさん
2018.11.30 19:25
さんせん選

 02.会ひたいといつも添へ書き賀状書く
 15.川風と屋台が好きでおでん酒
 18.小春日に背中押されてまた一歩
 35.茶の花をこえて手渡す夕刊紙
 41.陽を集め老いの背中の冬はじめ
 50.予後の歩の妻に添ひゆく小春かな
 52.井戸に湯気揺らめき立つや冬の朝
 55.雪蛍幼なじみの喪の知らせ
0人がいいねと言っています
9
しょうくさん
2018.11.30 16:56
しょうく選
  11.片仮名の文字の尖りや山眠る
  23.猿田彦泣く子あやして里神楽
  26.師走とは忘れし事の多き月
  33.茶の花に思ひを馳せる知覧かな
  37.露寒や暖簾古りにし陀羅尼助
  46.また一つ神も歳とる里神楽
  50.予後の歩の妻に添ひゆく小春かな
  55.雪蛍幼なじみの喪の知らせ
0人がいいねと言っています
8
昇峰さん
2018.11.30 16:20
17.鞍馬寺へ続く参道冬木の芽
23.猿田彦泣く子あやして里神楽
31.対岸を蘆火の炎鳰の海
35.茶の花をこえて手渡す夕刊紙
43.平成と心をこめて賀状書く
50.予後の歩の妻に添ひゆく小春かな
51海豹の死骸引き裂く尾白鷲
54.丸たん棒土手に打込む池普請
0人がいいねと言っています
7
panapanaさん
2018.11.29 20:53
特選18.小春日に背中押されてまた一歩

入選23.猿田彦泣く子あやして里神楽
  26.師走とは忘れし事の多き月
  33.茶の花に思ひを馳せる知覧かな
  46.また一つ神も歳とる里神楽
  49.ゆるキャラの動き各様冬どなり
0人がいいねと言っています
6
苦瓜さん
2018.11.29 19:15
特。23
秀。02・06・07・17・25
0人がいいねと言っています
5
Tiger 6さん
2018.11.28 20:45
特選
32.竹笹の揺れを映して白障子
入選
07.お日様を背中に負うて大根引く
20.小春日や富士の笠雲仰ぎ見る
29.ずっしりと折り込みチラシ師走かな
38.手の届く距離に物置く師走の夜
39.電飾の街にはなやぐ冬木かな
0人がいいねと言っています
4
そよかぜさん
2018.11.26 20:30
特選
46.また一つ神も歳とる里神楽
秀句
07.お日様を背中に負うて大根引く
18.小春日に背中押されてまた一歩
25.ししおどし響く茶寮の花八つ手
41.陽を集め老いの背中の冬はじめ
48.山また山風また風の枯峠
0人がいいねと言っています
3
麦秋さん
2018.11.26 15:04
特選
55.雪蛍幼なじみの喪の知らせ
秀句
17.鞍馬寺へ続く参道冬木の芽
32.竹笹の揺れを映して白障子
35.茶の花をこえて手渡す夕刊紙
46.また一つ神も歳とる里神楽
48.山また山風また風の枯峠
0人がいいねと言っています
2
支笏さん
2018.11.26 14:59
特選
13 唐金の牛の寝そべる神の留守
入選
17 鞍馬寺へ続く参道冬木の芽
18 小春日に背中押されてまた一歩
25 ししおどし響く茶寮の花八つ手
39 電飾の街にはなやぐ冬木かな
43 平成と心をこめて賀状書く
0人がいいねと言っています
1
利明さん
2018.11.26 14:09
特選
50.予後の歩の妻に添ひゆく小春かな
入選
05.うたた寝の夢に浮かぶ句日向ぼこ
13.唐金の牛の寝そべる神の留守
18.小春日に背中押されてまた一歩
26.師走とは忘れし事の多き月
46.また一つ神も歳とる里神楽
0人がいいねと言っています
 戻る次へ 
1
11ページ
関連記事