メニュー
ゲストさん

サークル句会

260.02月サークル句会②(02/11~02/25)

昇峰さん
トピック作成者:昇峰 さん
2019.2.23
2月後半のサークル句会の選句結果です。今回の一席は、panapanaさんの「吊し雛」句とさんせんさんの「菜の花」句の5点句、三席は、昇峰の「春宵」の4点句と若干、低調でした。吊し雛は、なんの言っても稲取ですね。札所めぐりの菜の花は心を洗わせてくれます。来回もよろしくお願い申し上げます。

一席 5点句(◎◎○○○)
  23.城下町並ぶ町屋の吊し雛           panapana
  37.菜の花や札所の道を狭くして         さんせん
三席 4点句(◎◎◎◎)
  20.春宵や駒子ゐさうな湯治宿          昇 峰

4点句(◎◎◎○)
  15.空海の築きし堤草萌ゆる           苦 瓜
  60.連山に生気戻るや木の芽晴          孤 山
   (○○○○)
  19.参道の露店に遊ぶ梅日和           さんせん
  31.天空の城址浮いて春霞            方 舟
3点句(◎◎○)
  05.失せ物を探す余寒の蔵の中          昭 子  
   (◎○○)
  30.手の弾む夕餉支度や水温む          昭 子 
  44.春めくやそぞろに騒ぐ旅ごころ        昭 子     
   (○○○)
  17.紅の布卷かれ石仏春兆す           方 舟
  38.春寒や半ば埋もれし力石           方 舟
2点句(◎◎)
  25.巣づくりや鴉何度も枝を折り         利 明
   (◎○) 
  01.朝市女の荷よりこぼるる春の土        昇 峰
  09.掛軸の枯山水や春炬燵            苦 瓜
  35.とりどりに薬草園の芽吹きかな        利 明
1点句(◎)
  07.表戸を開けて飾りし雛祭           苦 瓜
  13.記憶ふと浮かび消えゆき春の雪        しょうく
  26.対岸の川面に光る花菜かな          さんせん
  29.積み藁にゆらぐ日の香やけふ雨水       昇 峰
  45.抽斗の文箱にひとつ雛あられ         利 明
  47.雛祭り琴の音わたる峡の里          翔 行
  53.山間の木々震はせる雪解風          孤 山
  54.山肌の馬形傾れ水温む            利 明
  59.柳絮とぶ白壁にそふ人力車          苦 瓜
   (○)
  02.阿修羅像の眉間に皺や春寒し         利 明
  06.思いきや膝も埋るる春の雪          昭 子 
  10.勝石に触れて絵馬書く梅の風         panapana
  16.口ずさむ朧月夜と菜の花と          Tiger 6
  21.春節の人混み分けて孫探す          しょうく
  22.春雷や主無き部屋の古時計          翔 行
  51.水温む川面に長きスカイツリ-        panapana
  52.八十路過ぎ不安数々歩数計          麦 秋
  56.雪解けて土手いつぱいの千曲川        さんせん
  57.雪解や結の集まる合掌家           昇 峰
無点句 
  03.畦道を飾る星々ぬふぐり
  04.操りて操られして畔を焼く
  08.親が子に寄添ひ向ふ大試験
  11.岩頭に行ずる僧や鳥帰る
  12.函嶺を超ゆる二月の富士望む
  14.木の実時天ぷら料理舌つづみ 
  18.ささめ雪平成の去る寂しさよ
  24.新聞は本日休刊冴返る
  27.チョコ一個それでも嬉しヴァレンタイン
  28.妻逝けり命のもろさ春嵐
  32.天空の神社の運気冴返る
  33.点滅の踏切信号冴返る
  34.鳥帰る秋田の「またぎ」鹿を追ふ
  36.菜の花の畑に揺れける美術館
  39.春寒や長屋門閉づ史料館
  40.春の宵はラジオと床に至福時
  41.春の宵夢見心地も起床どき
  42.春の宵路地裏通り迷い虎
  43.春めくや借景の山ふくらみて
  46.日溜りに寒木瓜ゆれて心癒す
  48.蕗味噌や雑踏に聞く郷里訛り 
  49.蕗味噌や久しぶり見る妻の夢
  50.保育児の折紙雛の微笑めり
  55.夕風に頬のゆるむや下萌に
  58.腰痛は持病の一つ冴返る

評点につきまして間違いがありましたら、お早めにお申し出ください。

選者(敬称略)
孤 山 翔 行 昭 子 Tiger6 panapana 利 明 麦 秋 苦 瓜 方 舟 
しょうく 昇 峰 さんせん
書き込み
 戻る次へ 
1
11ページ
12
さんせんさん
2019.3.1 2:51
さんせん選

 01.朝市女の荷よりこぼるる春の土
 10.勝石に触れて絵馬書く梅の風
 17.紅の布巻かれ石仏春兆す
 22.春雷や主無き部屋の古時計
 29.積み藁にゆらぐ日の香やけふ雨水
 38.春雷や半ば埋もれし力石
 49.蕗味噌や久しぶり見る妻の夢
 59.柳絮とぶ白壁にそふ人力車
0人がいいねと言っています
11
昇峰さん
2019.2.28 20:10
05.失せ物を探す余寒の蔵の中 
15.空海の築きし堤草萌ゆる
25.巣づくりや鴉何度も枝を折り
26.対岸の川面に光る花菜かな
35.とりどりに薬草園の芽吹きかな
53.山間の木々震はせる雪解風
59.柳絮とぶ白壁にそふ人力車
60.連山に生気戻るや木の芽晴
0人がいいねと言っています
10
しょうくさん
2019.2.28 20:07
しょうく選
  05.失せ物を探す余寒の蔵の中
  15.空海の築きし堤草萌ゆる
  20.春宵や駒子ゐさうな湯治宿
  25.巣づくりや鴉何度も枝を折り
  30.手の弾む夕餉支度や水温む
  37.菜の花や札所の道を狭くして
  45.抽斗の文箱にひとつ雛あられ
  60.連山に生気戻るや木の芽晴
0人がいいねと言っています
9
方舟さん
2019.2.28 19:58
01・朝市女の荷寄よりこぼるる春の土
07・表戸を開けて飾りし雛祭
13・記憶ふと浮かび消えゆき春の雪
15・空海の築きし堤草萌ゆる
20・春宵や駒子ゐさうな湯治宿
23・城下町並ぶ町屋の吊るし雛
37・菜の花や札所の道を狹くして
60・連山に生気戻るや木の芽晴
0人がいいねと言っています
8
苦瓜さん
2019.2.28 15:04
特選。23
秀句。05・17・19・30・31
0人がいいねと言っています
7
麦秋さん
2019.2.28 11:08
特選
09.掛軸の枯山水や春炬燵
秀句
16.口ずさむ朧月夜と菜の花と
23.城下町並ぶ町屋の吊し雛
31.天空の城址浮いて春霞
37.菜の花や札所の道を狭くして
60.連山に生気戻るや木の芽晴
0人がいいねと言っています
6
利明さん
2019.2.28 10:30
特選
20.春宵や駒子ゐさうな湯治宿
入選
17.紅の布卷かれ石仏春兆す
37.菜の花や札所の道を狭くして
38.春寒や半ば埋もれし力石
44.春めくやそぞろに騒ぐ旅ごころ  
51.水温む川面に長きスカイツリ-
0人がいいねと言っています
5
panapanaさん
2019.2.27 22:22
特選 47.雛祭り琴の音わたる峡の里

入選 02. 15. 19. 31. 52.
0人がいいねと言っています
4
Tiger 6さん
2019.2.27 21:21
特選
29.積み藁にゆらぐ日の香やけふ雨水
入選
06.思いきや膝も埋るる春の雪
10.勝石に触れて絵馬書く梅の風
21.春節の人混み分けて孫探す
23.城下町並ぶ町屋の吊し雛
56.雪解けて土手いつぱいの千曲川
0人がいいねと言っています
3
昭子さん
2019.2.27 18:59
特選
54山肌の馬形傾れ水温む

入選
22.春雷や主無き部屋の古時計
23.城下町並ぶ町屋の吊し雛
37.菜の花や札所の道を狭くして
38.春寒や半ば埋もれし力石
57.雪解や結の集まる合掌家
0人がいいねと言っています
2
翔行さん
2019.2.27 17:11
特選
44 春めくやそぞろに騒ぐ旅ごころ

入選
09 掛軸の枯山水や春炬燵
17 紅の布巻かれ石仏春兆す
19 参道の露天に遊ぶ梅日和
30 手の弾む夕餉支度や水温む
31 天空の城址浮いて春霞
0人がいいねと言っています
1
孤山さん
2019.2.27 15:09
特選
20 春宵や駒子ゐさうな湯治宿
入選
01 朝市女の荷よりこぼるる春の土
19 参道の露天に遊ぶ梅日和
35 とりどりに薬草園の芽吹きかな
38 春寒や半ば埋もれし力石
44 春めくやそぞろに騒ぐ旅心
0人がいいねと言っています
 戻る次へ 
1
11ページ
関連記事