メニュー
ゲストさん
slownetV@\Љ

歳時記の窓

2043.海苔

昇峰さん
トピック作成者:昇峰 さん
2020.2.13
【海苔】
衰ひや歯に喰あてし海苔の砂      松尾芭蕉
濡れ岩の乏しき海苔を掻く音す     渡辺水巴
菜畑に海苔乾してある浜の街      菊島 登
海苔掻きの人影去りて海暮るる     井上清視
海苔掻の去りたる岩の暮るるのみ    大串 章
青海苔や水にさしこむ日の光      正岡子規
日をのせて浪たゆたへり海苔の海    高浜虚子
海苔粗朶にこまやかな波ゆきわたり   下田実花
くるぶしにつけて歩くや海苔の屑    岸本尚毅
海苔掻女一枚岩に寄り合へり      澤崎ゆきえ
水よりも風が痛しと海苔掻女      冨士谷清也
海苔網を押しあげてゐるうねりかな   斎藤梅子

次回の兼題は、「春雨」です。
書き込み
 戻る次へ 
1
11ページ
2
昇峰さん
2020.2.17 22:12
潮満ち来岩海苔掻きし辺りまで
海苔篊や海の平らの夕日影
0人がいいねと言っています
1
孤山さん
2020.2.14 16:03
海苔粗朶の波に揺るるや夕日落つ
岩海苔の岩に干されて風聞けり
0人がいいねと言っています
 戻る次へ 
1
11ページ
関連記事