メニュー
ゲストさん

サークル句会

197.07月サークル句会①(06/26~07/10)

昇峰さん
トピック作成者:昇峰 さん
2016.7.6
7月前半のサークル句会の選句結果です。今回は、一席は、secchanさんの「夏料理」句、二席は、昇峰の「涼し」句、三席は、昇峰の「水中花」句と、苦瓜さんの「夏草」句でした。一席の「夏料理」句は、私の明日の句会の兼題句で、大変参考になりました。次回は、はや立秋です。また、よろしくお願い申し上げます。

一席 7点句(◎◎◎○○○○)
  01.青竹の箸添えられし夏料理           secchan
二席 7点句(◎○○○○○○)
  66.引く波の足裏を伝ふ砂涼し           昇 峰
三席 5点句(◎○○○○)
  35.新宿の眠らぬ夜の水中花            昇 峰
  55.夏草や湖より登る賤ヶ岳            苦 瓜
4点句(◎○○○)
  34.深山の水音聞きつ夏料理            secchan
   (○○○○)
  18.合掌の茅葺き朽ちて苔の花           さんせん
  41.駄菓子屋は間口三間かき氷           泥 舟
  60.庭石の苔に引き立つ白桔梗           そよかぜ
3点句(◎○○)
  08.動き回る蟻をみてゐる定年後          山椒の実
  14.炎天を貫き聳ゆ槍ヶ岳             方 舟
  36.神泉に浮かべて涼し水みくじ          さんせん
   (○○○)
  28.錆の浮く引込線や梅雨湿り           泥 舟
  61.廃校の賑はひ暫し蛍宿             利 明
  74.故里の家はそのまま避暑の宿          方 舟
2点句(◎○)
  83.谷根千はなべて坂がち夕焼雲          しんい
  88.夕立来るシーサー凛と天を噛み         しょうく
   (○○)
  03.雨音を静かに聞くや冷し酒           泥 舟
  10.運勢欄少し気にして半夏生           しょうく
  19.ガラス器の五彩涼やか夏料理          さんせん
  24.蝙蝠棲む兵器廠跡闇深し            しょうく
  25.濃き淡き恋の思ひ出百日紅           TOTORO
  26.古民家の土蔵に眠る縞単衣           panapana
  29.三弦に和してや揺るる古代蓮          麦 秋
  42.橘の花の香りや明日香村            panapana
  49.等分に分かつ蜜豆江戸切子           方 舟
  73.文机の向きを変ふるや青簾           利 明
  87.休み田に水の裾分け杜若            利 明
  90.夕蝉の掛りて哀れ蜘蛛の糸           苦 瓜
1点句(◎)
  02.浅漬のあんばいよろし星祭           TOTORO
  04.雨止めばビルの谷間の蝉しぐれ         山椒の実
  38.蝉時雨鹿島の宮の白き鹿            panapana
  39.千年の神木の下梅雨明けぬ           panapana
  65.膕(ひかがみ)を擽る風や半ズボン       利 明
  75.噴水に届かざる空ありにけり          昇 峰
   (○)
  06.一面にアルプス映す青田かな          夢追人
  12.炎天に雲立つ気配大赤城            方 舟
  27.紺絣母の遺愛の単衣かな            secchan
  50.図書館に子ら日参や夏休み           泥 舟
  51.とれとれの棘も揉み込む胡瓜揉み        TOTORO
  52.トロッコ列車ごっとんことり青葉風       麦 秋
  56.夏座敷苔の庭まで一続き            そよかぜ
  57.夏空に抱かれ世界一周船            俊 雪
  63.箸置きのびいどろ涼し酒旨し          しんい
  64.蓮一葉斬りてや一献象鼻杯           麦 秋
  70.独り居や夏風邪の咳気兼ねなし         雪 子
  72.風鈴の舌の子規句で買ひにけり         夢追人
  79.ミッキーのかたちに結ぶ浴衣帯         しんい
  80.みはるかす彼方に筑波青田風          夢追人
  84.山繭の木には瘤ある獣径            苦 瓜
  85.山百合や切り立つ崖にひそと咲く        俊 雪
無点句
  05.荒れ寺の池のほとりの半夏生
  07.稲雀空を散らして逃げにけり
  09.宇宙まで飛び立つ人や星まつり 
  11.江戸系に競ふ肥後系花菖蒲
  13.炎天の街へ下山の托鉢僧
  15.思い切り庭の膨らむ梅雨最中
  16.外国のテロ収まらず梅雨の闇
  17.風さへも己が味方に稲雀
  20.着こなしていと清楚なりうすごろも
  21.ギヤマンの藍をきはめて般若湯
  22.草いきれ風を聴きつつはけの道
  23.曇るほど華やぎを増す花柘榴
  30.七月の皿鉢料理や伊万里焼
  31.収穫の時の待たるる初西瓜
  32.地祭の空の青さよ梅雨明くる
  33.白服でスマホ拭ひて写真撮り
  37.涼やかな吾子の寝顔や夏蒲団
  40.その昔軍靴の響き蓮浄土
  43.頂上や肌を乾かす青嵐
  44.梅雨明けし歓喜飛び込む子等の声
  45.梅雨雲の重く垂れ込め海に落つ
  46.梅雨滂沱お百度石の字の潤む
  47.天へ向く底紅底のあからさま
  48.天を突き先頭きって長刀鉾
  53.曇天の午後の生気や水羊羹
  54.長雨や茅葺郷の緑濃し
  58.夏空の水平線に白い雲
  59.夏料理淀の川床誇らしげ
  62.這坊子の登る木の下蝉の穴
  67.単衣着る身軽跳び跳ねこの季節
  68.単足袋足元すがし芸子行く
  69.一目見てメロンと分かる箱の嵩
  71.日焼けして白いTシャツ良く似合い
  76.噴水や歓声張り上げ園児たち
  77.噴水や長蛇の列の美術館
  78.窓硝子ビビと震はす遠花火
  81.木道に爪先立ちに蓮凝視
  82.モナリザの皺なき顔の涼しさよ
  86.山百合や際立つ香り京美人
  89.夕立去り雷鳴未練気に響く

選者(敬称略)

麦 秋 TOTORO 雪 子 そよかぜ しんい Tiger6 苦 瓜 泥 舟 利 明 secchan しょうく 方 舟 panapana 山椒の実 夢追人 俊 雪 さんせん 昇 峰 
書き込み
 戻る次へ 
1
11ページ
19
昇峰さん
2016.7.14 16:12
特選
55.夏草や湖より登る賤ヶ岳
秀句
01.青竹の箸添えられし夏料理
36.神泉に浮かべて涼し水みくじ
41.駄菓子屋は間口三間かき氷
61.廃校の賑はひ暫し蛍宿
83.谷根千はなべて坂がち夕焼雲
0人がいいねと言っています
18
さんせんさん
2016.7.14 12:14
特選
75.噴水に届かざる空ありにけり
秀句
10.運勢欄少し気にして半夏生
24.蝙蝠棲む兵器廠跡闇深し
41.駄菓子屋は間口三間かき氷
49.等分に分かつ蜜豆江戸切子
79.ミッキーのかたちに結ぶ浴衣帯
0人がいいねと言っています
17
俊雪さん
2016.7.14 10:54
7月10日締め切り分選句

特選08.動き回る有りを見てゐる定年後

秀句08.一面にアルプス映す青田かな
  14.炎天を貫き聳ゆ槍ヶ岳
  18.合掌の茅葺き朽ちて苔の花
  25.濃き淡き恋の思ひ出百日紅
  60.庭石の苔に引き立つ白桔梗
0人がいいねと言っています
16
夢追人さん
2016.7.14 10:48
特選:35.新宿の眠らぬ夜の水中花
秀句:01.青竹の箸添えられし夏料理
   19.ガラス器の五彩涼やか夏料理
   28.錆の浮く引込線や梅雨湿り
   41.駄菓子屋は間口三間かき氷
   90.夕蝉の掛りて哀れ蜘蛛の糸
0人がいいねと言っています
15
山椒の実さん
2016.7.13 23:03
特選
34.深山の水音聞きつ夏料理

秀句
18.合掌の茅葺き朽ちて苔の花
19.ガラス器の五彩涼やか夏料理
35.新宿の眠らぬ夜の水中花
41.駄菓子屋は間口三間かき氷
66.引く波の足裏を伝ふ砂涼
0人がいいねと言っています
14
panapanaさん
2016.7.13 21:16
特選 01.

秀句 14. 52. 64. 66. 84. 
0人がいいねと言っています
13
方舟さん
2016.7.13 11:09
特選
01・青竹の箸添えられし夏料理
秀句
03・雨音を静かに聞くや冷し酒
28・錆の浮く引込線や梅雨湿り
55・夏草や湖より登る賤ケ岳
61・廃校の賑はひ暫し蛍宿
73・文机の向きを変ふるや青簾
0人がいいねと言っています
12
しょうくさん
2016.7.13 8:47
しょうく選
   特選 66.引く波の足裏を伝ふ砂涼し
   秀句 03.雨音を静かに聞くや冷し酒
      18.合掌の茅葺き朽ちて苔の花
      35.新宿の眠らぬ夜の水中花
      55.夏草や湖より登る賤ヶ岳
      90.夕蝉の掛りて哀れ蜘蛛の糸
0人がいいねと言っています
11
secchanさん
2016.7.12 18:55
特選
36
秀句
26・51・60・74・88
0人がいいねと言っています
10
利明さん
2016.7.12 16:35
特選
83 谷根千はなべて坂がち夕焼雲
秀句
01 青竹の箸添えられし夏料理
36 神泉に浮かべて涼し水みくじ
50 図書館に子ら日参や夏休み
55 夏草や湖より登る賤ヶ岳
80 みはるかす彼方に筑波青田風 
0人がいいねと言っています
9
泥舟さん
2016.7.12 14:11
特選
04 雨止めばビルの谷間の蝉しぐれ
入選
10 運勢欄少し気にして半夏生
35 新宿の眠らぬ夜の水中花
42 橘の花の香りや明日香村
61 廃校の賑はひ暫し蛍宿
66 引く波の足裏を伝ふ砂涼し
0人がいいねと言っています
8
苦瓜さん
2016.7.12 13:11
特選。64膕を擽る風や半ズボン
秀句。25・27・34・63・66
0人がいいねと言っています
7
Tiger 6さん
2016.7.11 21:09
特選
39.千年の神木の下梅雨明けぬ

秀句
01 青竹の箸添えられし夏料理
26 古民家の土蔵に眠る縞単衣
29. 三弦に和してや揺るる古代蓮
57. 夏空に抱かれ世界一周船
70. 独り居や夏風邪の咳気兼ねなし
0人がいいねと言っています
6
削除されました。
5
そよかぜさん
2016.7.11 19:17
そよかぜ選
特選
88.夕立来るシーサー凛と天を噛み
秀作
08.動き回る蟻をみてゐる定年後
66.引く波の足裏を伝ふ砂涼し
72.風鈴の舌の子規句で買ひにけり
73.文机の向きを変ふるや青簾
74.故里の家はそのまま避暑の宿
0人がいいねと言っています
4
雪子さん
2016.7.11 16:41
特選  01

入選  55、 56、 66、 74、 87
0人がいいねと言っています
3
TOTOROさん
2016.7.11 15:40
特選 14.炎天を貫き聳ゆ槍ヶ岳

秀句  08 29 34 60 85
 
0人がいいねと言っています
2
麦秋さん
2016.7.11 14:21
麦秋選
特選 02
秀句 18 34 42 49 87
0人がいいねと言っています
1
削除されました。
 戻る次へ 
1
11ページ
関連記事