メニュー
ゲストさん

サークル句会

209.01月サークル句会①(12/26~01/10)

昇峰さん
トピック作成者:昇峰 さん
2017.1.7
1月前半のサークル句会の選句結果です。今回の一席と二席は、ともに泥舟さんの当季句で6点句でした。三席はTOTOROさんの「初句会」句です。一席の、吐いた息が凍って宙に留まる大寒とは、なんとも思い切った断定ですね。二席は、安定した作句、三席は誰もが願っている光景です。次回もまたよろしくお願い申し上げます。

一席 6点句(◎◎◎◎○○)
  36.大寒の吐く息宙に留まれり         泥 舟
二席 6点句(◎○○○○○)
  64.降りしきる雪を透かして開墾碑       泥 舟
三席 5点句(◎◎○○○)
  37.高々と名乗り上げたし初句会        TOTORO
5点句(◎○○○○)
  01.朝練の天衝く声や寒に入る         さんせん
  33.人日や拭き残したる厨窓          さんせん
4点句(◎◎◎○)
  77.蝋梅の仄かに香る茶室かな         secchan
   (◎○○○)
  48.初鏡母似の顔をまじまじと         そよかぜ
  58.ひと粒の梅干浮べ小豆粥          苦 瓜
  80.をさなごのちさき拍手どんど焼       TOTORO
3点句(◎◎○)
  07.弟の口調父かと初電話           雪 子
  23.雲切れて浮かぶ山脈初日の出        俊 雪
  73.黎明の遠き初富士うす茜          俊 雪
   (◎○○)
  04.駅伝の号砲ひびく初御空          方 舟
  20.寒晴や風の尖りも苦にならず        昇 峰
  71.八十路なるB面人生去年今年        夢追人
  75.臘梅の小枝をはしる雨雫          昇 峰
   (○○○)
  41.探梅の径にあふるる国訛          panapana
  67.室咲のかすかに匂ふ俳画展         さんせん
2点句(◎◎)
  26.山茶花の垣根を挟み話けり         そよかぜ
   (◎○)
  24.去年今年終着駅は始発駅          夢追人
  55.初富士や関八州を従えて          夢追人
   (○○)
  10.賀状のみ元気確認五十年          Tiger 6
  19.寒の入明暗分つ競りの声          panapana
  30.正月や老母勇みて立つ厨          雪 子
  51.初空に煙り一筋大浅間           方 舟
1点句(◎)   
  13.歌留多取り手を重なりし縁かな       panapana
  25.子ら去にて家に一つの冬灯         雪 子
  38.炊き加減妻の自慢や小豆粥         苦 瓜
  49.初東風や胸張り昇る男坂          利 明
  53.初春や老いに鞭打つウオーキング      俊 雪
  62.ふはり舞う神の使者てふ初鴉        雪 子
   (○)
  06.大空へ鯛を引き上ぐ木偶廻し        山椒の実
  09.風花の行きどころなき吹かれやう      昇 峰
  15.寒鴉啼いて口上始まれり          山椒の実
  27.山腹の篝火めざし初詣           secchan
  29.須弥山へ鳳駆るや初枕           利 明
  44.登校児駆け足で行く寒の入         secchan
  45.年新た湖畔を映す風の色          panapana
  46.どっしりと重い新聞年来る         しょうく
  57.初夢に筋書きは無し科白なし        雪 子
  61.二日目は妻の里ふう雑煮膳         方 舟
  66.松の内町の床屋の将棋連          夢追人
  72.寄植ゑの岩間に眩し福寿草         利 明
  76.蠟梅の鵯越の坂の道            苦 瓜
  81.恵方より酉の土鈴のころりころ       麦 秋
  83.傘寿これ三十と言ひ福笑い         麦 秋
無点句
  02.伊豆急の乗り初めトンネル海トンネル
  03.一時は忘る悪しこと柚子の風呂
  05.戎社の本殿逆さ飾松
  08.書初は金の大書と決めてゐし
  11.門松や聖樹取り払われてより
  12.カラフルな賀状ばかりに散り目かな
  14.川水に天突く気合寒稽古
  16.寒禽の金切声や寒山寺
  17.寒稽古滝打たれしは龍と俺
  18.寒の入り走る姿も凍りつき
  21.行書体プリンターオンに筆初め
  22.葛湯吹く千波万波の海を目に
  28.島宿の波音ゆるぶ初御空
  31.除雪車の音確かめて床に就く
  32.神鶏の二羽三羽出づ初明り
  34.数百羽鴛鴦群れる日野の里
  35.空高く飛行機雲や寒の入
  39.田作りの滋味噛みしめて純米酒
  40.達筆な卒寿の恩師賀状来る
  42.茶畑や波に浮くかにお茶の花
  43.中腹の社への道笹子鳴く
  47.寝坊して賀状に喝を入れられし
  50.初暦未踏の日々や一歩づつ
  52.初空の何処も蒼く五街道
  54.初晴れの空に向かいてありがとう
  56.初風呂や上手に齢重ねたし
  59.ひと夜さの雨に臘梅香を深む
  60.ぴょんぴょんと毬のごとしや寒雀
  63.冬薔薇やヴィーナスの髪梳る
  65.孫らとの歌留多鳥取大笑い
  68.瞑想に身を委ねるや夜半の冬
  69.召し上がれ甘めふわふわ寒卵
  70.焼芋や長蛇の列のしんがりに
  74.列成して年に一度の初参り
  78.蠟梅や賤ケ岳より伊吹山
  79.臘梅や夜明けの光ほのぼのと
  82.猿田彦嬰をあやして初御空
  84.初詣谷中だんだん坂昇る       
  85.末社よりねんごろ参る千代の春

評点につきまして間違いがありましたら、お早めにお申し出ください。選者(敬称略)

泥 舟 麦 秋 TOTORO 俊 雪 そよかぜ Tiger6 雪 子 山椒の実 利 明 panapana 方 舟 夢追人 しょうく 苦 瓜 secchan さんせん 昇 峰 
書き込み
 戻る次へ 
1
11ページ
17
昇峰さん
2017.1.14 18:36
01.朝練の天衝く声や寒に入る
23.雲切れて浮かぶ山脈初日の出
26.山茶花の垣根を挟み話けり
33.人日や拭き残したる厨窓
36.大寒の吐く息宙に留まれり
37.高々と名乗り上げたし初句会
48.初鏡母似の顔をまじまじと
77.蝋梅の仄かに香る茶室かな
0人がいいねと言っています
16
さんせんさん
2017.1.14 18:25
さんせん選

04.駅伝の号砲ひびく初御空
07.弟の口調父かと初電話
26.山茶花の垣根を挟み話けり
38.炊き加減妻の自慢や小豆粥
53.初春や老いに鞭打つウオーキング
58.ひと粒の梅干浮べ小豆粥
71.八十路なるB面人生去年今年
0人がいいねと言っています
15
secchanさん
2017.1.14 16:22
特選
73
秀句
19・41・61・64・80
0人がいいねと言っています
14
苦瓜さん
2017.1.14 15:49
特選。77
秀句。10・44・48・51・80
0人がいいねと言っています
13
しょうくさん
2017.1.14 15:28
しょうく選

   特 36.大寒の吐く息宙に留まれり
     20.寒晴や風の尖りも苦にならず
     49.初東風や胸張り昇る男坂
     62.ふはり舞う神の使者てふ初鴉
     73.黎明の遠き初富士うす茜
     77.蝋梅の仄かに香る茶室かな
0人がいいねと言っています
12
夢追人さん
2017.1.14 13:31
特選:37.高々と名乗り上げたし初句会
秀句:07.弟の口調父かと初電話
   48.初鏡母似の顔をまじまじと
   58.ひと粒の梅干浮べ小豆粥
   64.降りしきる雪を透かして開墾碑
   77.蝋梅の仄かに香る茶室かな
0人がいいねと言っています
11
方舟さん
2017.1.14 9:48
特選
25・子ら去にて家に一つの冬灯
秀句
09・風花の行きどころなき吹かれやう
33・人日や拭き殘したる厨窓
36・大寒の吐く息宙に留まれり
37・高々と名乘り上げたし初句会
64・降りしきる雪を透かして開墾日
0人がいいねと言っています
10
panapanaさん
2017.1.13 22:37
特選 80 

秀句 15. 23. 58. 73. 81.
0人がいいねと言っています
9
利明さん
2017.1.13 11:33
特選
24 去年今年終着駅は始発駅
秀句
01 朝練の天衝く声や寒に入る
04 駅伝の号砲ひびく初御空
55 初富士や関八州を従えて
67 室咲のかすかに匂ふ俳画展
71 八十路なるB面人生去年今年
0人がいいねと言っています
8
山椒の実さん
2017.1.13 10:56
特選
36.大寒の吐く息宙に留まれり

秀句
01.朝練の天衝く声や寒に入る
33.人日や拭き残したる厨窓
58.ひと粒の梅干浮べ小豆粥
64.降りしきる雪を透かして開墾碑
75.臘梅の小枝をはしる雨雫
0人がいいねと言っています
7
雪子さん
2017.1.12 20:23
特選
75. 臘梅の小枝をはしる雨雫

入選
01. 朝練の天衝く声や寒に入る
27. 山腹の篝火めざし初詣
37. 高々と名乗り上げたし初句会
46. どっしりと重い新聞年来る
66. 松の内町の床屋の将棋連
0人がいいねと言っています
6
Tiger 6さん
2017.1.12 19:45
特選
23 雲切れて浮かぶ山脈初日の出

秀句
19 寒の入り明暗分かつ競りの声
30 正月や老母勇みて立つ厨
37 高々と名乗り上げたし初句会
45 年新た湖畔を映す風の音
64 降りしきる雪を透かして開墾日碑
0人がいいねと言っています
5
そよかぜさん
2017.1.12 14:57
そよかぜ選
特選
64.降りしきる雪を透かして開墾碑
秀句
24.去年今年終着駅は始発駅
36.大寒の吐く息宙に留まれり
41.探梅の径にあふるる国訛
72.寄植ゑの岩間に眩し福寿草
83.傘寿これ三十と言ひ福笑い
0人がいいねと言っています
4
俊雪さん
2017.1.12 11:29
 1月10日締め切り分 選句

特選36.大寒の吐く息宙に留まれり

秀句04.駅伝の号砲ひびく初身空
  20.寒晴や風の尖りも苦にならず
  30.正月や老母勇みて立つ厨
  41.探梅の径にあふるる国訛
  51.初空に煙り一筋大浅間
0人がいいねと言っています
3
TOTOROさん
2017.1.11 21:05
特選 55
秀句 06.10.33.67.75
0人がいいねと言っています
2
麦秋さん
2017.1.11 19:54
特選 13
秀句 29 57 71 76 80
0人がいいねと言っています
1
泥舟さん
2017.1.11 19:20
特選
07 弟の口調父かと初電話
入選
01 朝練の天衝く声や寒に入る
20 寒晴や風の尖りも苦にならず
33 人日や拭き残したる厨窓
48 初鏡母似の顔をまじまじと
67 室咲のかすかに匂ふ俳画展
0人がいいねと言っています
 戻る次へ 
1
11ページ
関連記事