メニュー
ゲストさん

サークル句会

211.02月サークル句会①(01/26~02/10)

昇峰さん
トピック作成者:昇峰 さん
2017.2.6
2月前半のサークル句会の選句結果です。今回の一席は、TOTOROさんの「冴返る」句で9点句でした。二席、三席は、昇峰と麦秋さんの「初音」句です。一席は、「花曇り止まつたままの掛け時計 佐藤輝子」のような類想句もなくはありませんが、季語の力で全く違う世界が生み出される好例でしょうか。二席、三席の「初音」はそれぞれ鳴声を聞いた場所の設定が共感を呼んだようです。次回もまたよろしくお願い申し上げます。

一席 9点句(◎◎◎○○○○○○)
  27.冴返る止まりしままの掛時計          TOTORO
二席 8点句(◎◎◎○○○○○)
  78.みよしののひときは高き初音かな        昇 峰
三席 7点句(○○○○○○○)
  80.山深きこけし工房初音かな           麦 秋
6点句(◎◎○○○○)
  61.パステルで描く山並春立ちぬ          泥 舟
5点句(◎◎◎○○)
  21.県境を画すことなく草萌ゆる          方 舟
   (○○○○○)
  41.禅僧の立説法や春淺し             方 舟
4点句(◎◎○○)
  14.鬼消えて星の煌めく追儺かな          昇 峰
   (◎○○○)
  17.柏手に紅梅一輪ふるへけり           secchan
  18.寒明の手にまだ痛き水こぼし          雪 子
3点句(◎◎○) 
  32.神苑の奥に囲われ寒牡丹            方 舟
  37.せせらぎと日差し分けあふ蕗の薹        昇 峰
   (◎○○)
  10.薄氷を朝日に透かす登校児           secchan
  60.のどけしや正午を知らす鳩時計         泥 舟
   (○○○)
  05.幾山河山彦を聞き鳥帰る            泥 舟
  09.薄氷や蒼き空映え昼の月            panapana
  35.スキップで駆け行く子らや草青む        secchan
2点句(◎◎)
  43.反橋の手摺伝ひや薄紅梅            利 明
  64.春寒や頬骨張りし渡来仏            利 明
   (◎○)
  02.朝まだき鎮守の杜の初音かな          secchan
  04.家の闇どこかが軋む余寒かな          昇 峰
  06.一陣の風呼び伸びる野焼の火          panapana
  52.妻の留守今日で二日目鰤大根          そよかぜ
  54.特攻の地を悠然と鶴帰る            ワシモ
  59.納経の筆書き匂ふ梅日和            さんせん
   (○○)
  01.愛犬の末期看取りし寒の月           方 舟
  25.囀りの一樹寄り添ふ忠魂碑           方 舟
  38.雪嶺や空の蒼さを極めけり           そよかぜ
1点句(◎)
  84.余寒かな認知不確か老いを知る         Tiger 6
  24.犀川の濁りて速き雪解かな           さんせん
  30.受験子も列に加はる厄落            雪 子
  40.千升の豆掴み取り追儺式            山椒の実
  49.貯水池の鉄扉を鎖す薄氷            さんせん
  51.築山に羽衣掛けて春の雪            ワシモ
  76.豆撒きや鬼も内へと蔵王堂           利 明
   (○)
  22.鯉沈む池の堤や草青む             麦 秋
  26.冴返る金剛峯寺の奥書院            さんせん
  39.瀬戸内の港見下す蕗の薹            panapana
  50.通院の待合室や着ぶくれて           さんせん
  55.鳥影をふわりと乗せて草萌る          panapana
  62.花影を重ねてなほも梅真白           昇 峰
  63.春風や竹刀を肩に豆剣士            泥 舟
  70.故郷の遠くなりしや蕗の薹           利 明
  71.平面図立体図面春を待つ            夢追人
  81.雪景の陽射しを浴びつ露天風呂         俊 雪
  87.蝋梅の青空透かし香り立つ           しょうく
無点句
  03.雨模様神南備山に草青む
  07.凍蝶や動かば風が堪へます
  08.薄紅に塗る妻の爪シクラメン
  11.梅薫る我が物顔に鵯騒ぐ
  12.絵踏とていじめとて死語あらまほし
  13.弟の手を曳く姉やチューリップ
  15.オホーツク流氷にのる子アザラシ
  16.顔見ればスピード狂は爺スキー
  19.寒明や山の彼方へ行く旅行
  20.きじ馬も嬉しき球磨のひなまつり
  23.この国はどこへ行くのか菜の花忌
  28.冴返る幼児飛び出し母の声
  29.先んじて苔の梅の木二三輪
  31.修験者の鳴らす法螺貝春間近
  33.沈丁花柴燈護摩の山にきて
  34.水仙や再生なりし水の透く
  36.ステンドグラス立春の日差しかな
  42.早春の庭を一行詩のごとく
  44.追儺式笑魂碑にも詣でしか
  45.追儺式交通祈願のアドバルーン
  46.大寒の空へ旅立つ義姉送る
  47.大地の芽下萌え耐えて大開花
  48.茶が咲いて小さき温み貯めており
  53.伝承の太布織しかと冴返る
  56.猫の恋七変化にゃん歌舞伎調
  57.猫の恋清楚に生きる未亡人
  58.眠りから覚めぬ山肌春浅し
  65.春近し遠出の計を煉りはじむ
  66.日脚伸ぶ暮れ行く富士の薄化粧
  67.人まばら香り仄かに探梅す
  68.蕗の薹を煮るかほりに目覚めけり    
  69.服選ぶあれやこれやと春を待つ
  72.芳草や機嫌宜しき羊蹄山
  73.綻べど陽歩み止めし薄氷かな
  74.窓越しに風花浮遊信州旅
  75.豆撒のじゃんけんに負け鬼となる
  77.豆撒きや幸せ招く豆拾ふ
  79.山川のひびきに應ふ雪解かな
  82.雪解のくっきり分かつ家の陰
  83.ようやくに侘助の花色づきぬ
  85.立春や素振り百回豆剣士
  86.立春や老躯なれどもフャイト湧く
  88.路地裏に犬鳴く声や猫柳
  89.渡良瀬に澄んだ初音の葦渡り
  90.藁塚に群れて騒ぎて寒雀

評点につきまして間違いがありましたら、お早めにお申し出ください。

選者(敬称略)

泥 舟 利 明 麦 秋 雪 子 TOTORO ワシモ そよかぜ 方 舟 panapana secchan Tiger6 俊 雪 苦 瓜 しょうく 夢追人 さんせん 昇 峰 山椒の実
書き込み
 戻る次へ 
1
11ページ
18
山椒の実さん
2017.2.14 22:08
特選
14.鬼消えて星の煌めく追儺かな

秀句
17.柏手に紅梅一輪ふるへけり
27.冴返る止まりしままの掛時計
38.雪嶺や空の蒼さを極めけり
78.みよしののひときは高き初音かな
80.山深きこけし工房初音かな
0人がいいねと言っています
17
昇峰さん
2017.2.14 19:21
02.朝まだき鎮守の杜の初音かな
24.犀川の濁りて速き雪解かな
27.冴返る止まりしままの掛時計
32.神苑の奥に囲われ寒牡丹
40.千升の豆掴み取り追儺式
43.反橋の手摺伝ひや薄紅梅
49.貯水池の鉄扉を鎖す薄氷
60.のどけしや正午を知らす鳩時計
61.パステルで描く山並春立ちぬ
64.春寒や頬骨張りし渡来仏
0人がいいねと言っています
16
さんせんさん
2017.2.14 19:08
さんせん選
18.寒明の手にまだ痛き水こぼし
30.受験子も列に加はる厄落
37.せせらぎと日差し分け合ふ蕗の薹
43.反橋の手摺伝ひや薄紅梅
52.妻の留守今日で二日目鰤大根
64.春寒や頬骨張りし渡来仏
76.豆撒きや鬼も内へと蔵王堂
0人がいいねと言っています
15
夢追人さん
2017.2.13 18:46
特選:78.みよしののひときは高き初音かな
秀句:09.薄氷や蒼き空映え昼の月
   17.柏手に紅梅一輪ふるへけり
   35.スキップで駆け行く子らや草青む
   61.パステルで描く山並春立ちぬ
   80.山深きこけし工房初音かな
0人がいいねと言っています
14
しょうくさん
2017.2.13 16:04
しょうく選

   10
   32
   37
   54
   59
   84
0人がいいねと言っています
13
苦瓜さん
2017.2.13 11:03
特選。78
秀句。09・22・27・35・63
0人がいいねと言っています
12
俊雪さん
2017.2.13 11:00
2月10日〆切り分 選句

特選17.柏手に紅梅一輪ふるへけり

秀句18.寒明の手にまだ痛き水こぼし
  25.囀りの一樹寄り添ふ忠魂碑
  38.雪嶺や空の蒼さを極めけり
  52.妻の留守今日で二日目鰤大根
  70.故郷の遠くなりしや蕗の薹
0人がいいねと言っています
11
Tiger 6さん
2017.2.13 10:03
特選
21 県境を画すことなく草萌ゆる

秀句
06 一陣の風呼び伸びる野焼の火
09 薄氷や蒼き空映え昼の月
71 平面図立体図面春を待つ
80 山深きこけし工房初音かな
81 雪景の陽射しを浴びつ露天風呂
0人がいいねと言っています
10
secchanさん
2017.2.12 22:15
特選
27
秀句
14・54・55・61・80
0人がいいねと言っています
9
panapanaさん
2017.2.12 17:57
特選 78. みよしののひときは高き初音かな

秀句 10. 32. 41. 50. 80.
0人がいいねと言っています
8
方舟さん
2017.2.12 15:40
特選
04・家の闇どこかが軋む余寒かな
秀句
05・一陣の風呼び伸びる野焼の火
17・拍手に紅梅一輪ふるへけり
27・冴え返る止まりしままの掛時計
59・納経の筆書き匂ふ梅日和
60・のどけしや正午を知らす鳩時計
0人がいいねと言っています
7
そよかぜさん
2017.2.12 11:06
そよかぜ選
特選
27.冴返る止まりしままの掛時計
秀句
21 県境を画すことなく草萌ゆる
41 禅僧の立説法や春浅し
61.パステルで描く山並春立ちぬ
80.山深きこけし工房初音かな
87.蝋梅の青空透かし香り立つ
0人がいいねと言っています
6
ワシモさん
2017.2.11 23:46
特選
14.鬼消えて星の煌めく追儺かな
入選
05.幾山河山彦を聞き鳥帰る 
18.寒明の手にまだ痛き水こぼし
21.県境を画すことなく草萌ゆる
41 禅僧の立説法や春浅し
78.みよしののひときは高き初音かな
0人がいいねと言っています
5
TOTOROさん
2017.2.11 20:04
特選 61.パステルで描く山並春立ちぬ

秀句 01.10.25.39.78.
0人がいいねと言っています
4
雪子さん
2017.2.11 19:48
特選
51. 築山に羽衣掛けて春の雪
入選
04. 家の闇どこかが軋む余寒かな
14. 鬼消えて星の煌めく追儺かな
27. 冴返る止まりしままの掛時計
41. 禅僧の立説法や春淺し
78. みよしののひときは高き初音かな
0人がいいねと言っています
3
麦秋さん
2017.2.11 18:03
特選 06
秀句 01 05 26 60 61
0人がいいねと言っています
2
利明さん
2017.2.11 16:36
特選
21 県境を画すことなく草萌ゆる
入選
18 寒明の手にまだ痛き水こぼし
27 冴返る止まりしままの掛時計
41 禅僧の立説法や春浅し
62 花影を重ねてなほも梅真白
78 みよしののひときは高き初音かな
0人がいいねと言っています
1
泥舟さん
2017.2.11 15:38
特選
21 県境を画すことなく草萌ゆる
入選
02 朝まだき鎮守の杜の初音かな
27 冴返る止まりしままの掛時計
35 スキップで駈け行く子らや草青む
37 せせらぎと日差し分けあふ蕗の薹
80 山深きこけし工房初音かな
0人がいいねと言っています
 戻る次へ 
1
11ページ
関連記事