メニュー
ゲストさん

サークル句会

216.04月サークル句会②(04/11~04/25)

昇峰さん
トピック作成者:昇峰 さん
2017.4.22
4月後半のサークル句会の選句結果です。今回の一席は、さんせんさんの「暖か」句と、ワシモさんの「田植祭」句の8点句です。三席は、方舟さんの「夜桜」句の8点句でした。上位10位に選ばれた句はいずれも俳句の構成における完成度が高く、選者次第で順位がどう変わるかわからない位の佳句が揃いました。来回もまたよろしくお願い申し上げます。

一席 8点句(◎◎◎○○○○○)
  04.あたたかや分教場の花時計           さんせん
  83.猿面の出でてはじまる田植祭          ワシモ 
三席 8点句(◎◎○○○○○○)
  76.夜桜へ平服となる祢宜と巫女          方 舟
6点句(◎◎◎○○○)
  28.慈眼彫る仏師の鑿や花明り           利 明
   (◎◎○○○○)
  25.囀りや民話の里の延命水            panapana
5点句(◎◎○○○)
  64.蒔き終へて八十八夜の月明かり         panapana
   (◎○○○○)
  38.禅寺の渡り廊下や花の冷え           方 舟
   (○○○○○) 
  58.光堂木立の中の百千鳥             secchan
4点句(◎◎○○)
  29.島と島繋ぐしまなみ春の潮           方 舟
   (○○○○)
  21.仔燕の飛行練習田舎駅             麦 秋
3点句(◎○○)
  40.竹富の牛車に曳かれ春惜しむ          苦 瓜
  53.花の屑額に飾り摩崖仏             しょうく
   (○○○)
  65.枕辺に旧約聖書聖五月             泥 舟
2点句(◎◎)
  69.水脈長き水上バスや風光る           利 明
  71.目を閉ぢて桜吹雪に身を任す          俊 雪
   (◎○)
  84.乳飲み子をあやす乳房や柿若葉         ワシモ
   (○○)
  02.稜線を闇にぼかして春の月           さんせん
  10.神宿る吉野の里の残花かな           さんせん
  32.春愁や昭和の影の薄くなり           そよかぜ
  45.鳥に鳥語虫には虫語春うらら          しょうく
  48.涅槃図の嘆きの声を聴く畳           苦 瓜
  73.屋形船水面に映る春灯             secchan
1点句(◎)
  03.揚げ雲雀繋ぐ水路の千枚田           panapana
  11.亀鳴くを待つ夕暮の阿弥陀池          山椒の実
  13.着流しや柳の風のやはらかし          山椒の実
  18.口寄せの語りに涙春うれひ           苦 瓜
  31.しやぼん玉富士山頂に弾けけり         夢追人
  41.「ただいま」といふは空耳春愁         TOTORO
  44.隣る世に微睡むごとく春の朝          しょうく
  62.舟唄の竿に飛び散る水ぬくし          さんせん
  63.故郷の海は静かに春惜しむ           そよかぜ
  78.老桜の精の舞ひけり西行忌           方 舟
   (○)
  08.麗らかや若草山の母子鹿            secchan
  12.北山の枝打つ音や春深し            さんせん
  17.剪られたる欅の新樹爆発す           俊 雪
  23.金比羅の登る石段風光る            苦 瓜
  26.散村の賑はひ暫しチューリップ         利 明
  30.四万十川渡す一連鯉のぼり           麦 秋
  36.寸分の余白も染めて躑躅燃ゆ          昇 峰
  39.大連の旅はいにしへ柳絮飛ぶ          山椒の実
  46.何もない晩節よ良し花の雨           しょうく
  52.花辛夷清水坂ゆく人力車            panapana
  54.花びらや森の小径の薄化粧           俊 雪
  55.花吹雪小さき指のVサイン           そよかぜ
  61.笛の音や列整わぬ遠足児            そよかぜ
  74.雪形の水田に影や武田菱            利 明
無点句
  01.アールグレイかほりもっとも春の宵
  05.植田道まだまだ先の次の寺
  06.海臨む要塞跡や風薫る
  07.うららかに銀座シックスの茶席亭
  09.往年の企業戦士や花と散る
  14.ギャラリーを透り抜けたる初燕
  15.急勾配を咲き上りたる躑躅かな
  16.教室に蜂迷ひ込み大騒ぎ
  19.熊蜂に部屋覗かれて落ち着かず
  20.高原の空をつばくら欲しいまま
  22.こぶし咲く北国想ふ風冷えし
  24.囀りの一つは高き雲辺より
  27.賛美歌の洩るる教会リラ薫る
  33.春燈に古民家映る大和路や
  34.春眠や古都明けやらぬ仮枕
  35.初夏の風乙女の黒髪なびかせる
  37.贅沢は敵という世も目刺食ふ
  42.長曾我部侵攻の地や夕燕
  43.散る桜白髪に肩に遠慮なし
  47.猫痩せて籠る土間隅菜種梅雨
  49.八十八夜茶畑抜けし汽車ぽっぽ
  50.八十八夜同窓会の返事書く
  51.花屑の敷き詰められし散歩道
  56.花水木白さ華麗に春闌ける
  57.晩酌は銚子二本や冷奴
  59.一雨の欲しき広畑夕燕
  60.一人居て寂しきものはリラの冷え
  66.豆の飯食うて曹植の詩を思ふ
  67.水緩み蝌蚪も弾んで喜媛動き
  68.蜜蜂の行き交ふ銀座ビル屋上
  70.霧笛消え汀に遊ぶ百千鳥 
  72.百千鳥自然舞台のハーモニー
  75.予期のなき木香薔薇の築地塀
  77.夜の森へ一時帰宅や花の冷え
  79.露天湯に入れてくれろと蛙鳴く
  80.苧環の花や吉野の蔵王堂
  81.足摺の薫風は潮風に消ゆ
  82.薫風のクルスに切らる京泊
  85.追憶や蜜柑の花の降りつもる

評点につきまして間違いがありましたら、お早めにお申し出ください。
選者(敬称略)

利 明 TOTORO 泥 舟 麦 秋 山椒の実 そよかぜ Tiger6 雪 子 方 舟 secchan 苦 瓜 ワシモ 俊 雪 panapana しょうく 夢追人 さんせん 昇 峰 
書き込み
 戻る次へ 
1
11ページ
18
昇峰さん
2017.4.29 20:02
29.島と島繋ぐしまなみ春の潮
44.隣る世に微睡むごとく春の朝
64.蒔き終へて八十八夜の月明かり
69.水脈長き水上バスや風光る
76.夜桜へ平服となる祢宜と巫女
83.猿面の出でてはじまる田植祭
0人がいいねと言っています
17
さんせんさん
2017.4.29 14:41
さんせん選
   03.揚げ雲雀繋ぐ水路の千枚田
   13.着流しや柳の風のやはらかし
   18.口寄せの語りに涙春うれひ
   38.禅寺の渡り廊下や花の冷え
   41.「ただいま」といふは空耳春愁
   71.目を閉ぢて桜吹雪に身を任す
   76.夜桜へ平服となる禰宜と巫女
   78.老桜の精の舞ひけり西行忌
   
   
   
0人がいいねと言っています
16
夢追人さん
2017.4.29 11:07
特選:83.猿面の出でてはじまる田植祭
秀句:04.あたたかや分教場の花時計
   25.囀りや民話の里の延命水
   29.島と島繋ぐしまなみ春の潮
   53.花の屑額に飾り摩崖仏
   76.夜桜へ平服となる祢宜と巫女
0人がいいねと言っています
15
しょうくさん
2017.4.29 8:54
しょうく選

   11.亀鳴くを待つ夕暮の阿弥陀池
   31.しやぼん玉富士山頂に弾けけり
   40.竹富の牛車に曳かれ春惜しむ
   62.舟唄の竿に飛び散る水ぬくし
   71.目を閉ぢて桜吹雪に身を任す
   84.乳飲み子をあやす乳房や柿若葉
0人がいいねと言っています
14
panapanaさん
2017.4.28 22:51
特選 28.慈眼彫る仏師の鑿や花明り

秀句 10. 21. 30. 53. 83.
0人がいいねと言っています
13
俊雪さん
2017.4.28 13:35
特選29.島と島繋ぐしまなみ春の潮

秀作02.稜線を闇にぼかして春の月
  10.神宿る吉野の里の残花かな
  32.春愁や昭和の影の薄くなり
  38.禅寺の渡り廊下や花の冷え
  74.雪形の水田に影や武田菱
0人がいいねと言っています
12
ワシモさん
2017.4.27 22:28
特選
04.あたたかや分教場の花時計
秀句
21.仔燕の飛行練習田舎駅
25.囀りや民話の里の延命水
38.禅寺の渡り廊下や花の冷え
40.竹富の牛車に曳かれ春惜しむ
45.鳥に鳥語虫には虫語春うらら
0人がいいねと言っています
11
苦瓜さん
2017.4.27 15:15
特選。04
秀句。12・38・58・64・76・
0人がいいねと言っています
10
secchanさん
2017.4.27 14:07
特選
28
秀句
04・23・32・54・64
0人がいいねと言っています
9
方舟さん
2017.4.27 13:30
特選
53・花の屑額に飾り磨崖仏
秀句
28・慈眼彫る仏師の鑿や花明り
46・何もない晩節よ良し花の雨
58・光堂木立の中の百千鳥
64・蒔き終へて八十八夜の月明かり
83・猿面の出でてはじまる田植祭
0人がいいねと言っています
8
雪子さん
2017.4.27 11:53
特選
64. 蒔き終へて八十八夜の月明かり

入選
02. 稜線を闇にぼかして春の月
17. 剪られたる欅の新樹爆発す
28. 慈眼彫る仏師の鑿や花明り
58. 光堂木立の中の百千鳥
65. 枕辺に旧約聖書聖五月
0人がいいねと言っています
7
Tiger 6さん
2017.4.27 11:43
特選
28.慈眼彫る仏師の鑿や花明り

入選
08 麗らかや若草山の母子鹿
25 囀りや民話の里の延命水
29 島と島繋ぐしまなみ春の潮
48 涅槃図の嘆きの声を聴く畳
52 花辛夷清水坂ゆく人力車
0人がいいねと言っています
6
そよかぜさん
2017.4.27 10:35
そよかぜ選
特選
04.あたたかや分教場の花時計
秀句
21.仔燕の飛行練習田舎駅
25.囀りや民話の里の延命水
45.鳥に鳥語虫には虫語春うらら
76.夜桜へ平服となる祢宜と巫女
83.猿面の出でてはじまる田植祭
0人がいいねと言っています
5
山椒の実さん
2017.4.26 21:54
特選
25.囀りや民話の里の延命水

入選
04.あたたかや分教場の花時計
28.慈眼彫る仏師の鑿や花明り
58.光堂木立の中の百千鳥
73.屋形船水面に映る春灯
76.夜桜へ平服となる祢宜と巫女
0人がいいねと言っています
4
麦秋さん
2017.4.26 18:59
特選 25
秀句 39、58,64,76,83
0人がいいねと言っています
3
泥舟さん
2017.4.26 16:11
特選
69 水脈長き水上バスや風光る
入選
04 あたたかや分教場の花時計
21 仔燕の飛行練習田舎駅
38 禅寺の渡り廊下や花の冷え
40 竹富の牛車に曳かれ春惜しむ
73 屋形船水面に映る春灯
0人がいいねと言っています
2
TOTOROさん
2017.4.26 15:36
特選 63.故郷の海は静かに春惜しむ

秀句 26.36.48.55.83.
0人がいいねと言っています
1
利明さん
2017.4.26 12:59
特選
83 猿面の出でてはじまる田植祭
秀句
04 あたたかや分教場の花時計
61 笛の音や列整わぬ遠足児
65 枕辺に旧約聖書聖五月
76 夜桜へ平服となる祢宜と巫女
84 乳飲み子をあやす乳房や柿若葉
0人がいいねと言っています
 戻る次へ 
1
11ページ
関連記事