メニュー
ゲストさん

サークル句会

218.05月サークル句会②(05/11~05/25)

昇峰さん
トピック作成者:昇峰 さん
2017.5.22
5月後半のサークル句会の選句結果です。今回の一席は、方舟さんの「葉桜」の8点句、二席はpanapanaさんの「ナイター」の8点句、三席は、苦瓜さんの「穴子」の7点句でした。葉桜の舞台設定が良いですね。春を惜しむ気持ちが伝わってきます。来回もまたよろしくお願い申し上げます。

一席 8点句(◎◎◎◎○○○○)
  68.葉桜の風となりたる石舞台           方 舟
二席 8点句(○○○○○○○○)
  61.ナイタ-の余韻そのまま電車発つ        panapana
三席 7点句(◎◎◎○○○○)
  29.錐立てて一気に捌く穴子かな          苦 瓜
5点句(◎◎◎○○)
  53.卒塔婆の梵字と紛ふかたつむり         さんせん
   (○○○○○)
  28.逆光の若葉は万華鏡のごと           夢追人
4点句(◎◎○○)
  15.襟足に熊野古道の若葉風            苦 瓜
  47.白壁に影を揺らして若かへで          さんせん
   (◎○○○)
  52.鈴蘭や朝の祈りの修道女            泥 舟
   (○○○○)
  25.機械にて独りの田植唄もなく          苦 瓜
  46.春灯の点る無人の交番所            さんせん
3点句(◎◎○)
  12.一望の祖谷の吊り橋青嵐            panapana
   (◎○○)
  49.人生の余白八十路の新茶会           panapana
  70.花みかん糊のききたるナース服         そよかぜ
  87.夕風の運ぶ水の香河鹿笛            昇 峰
  90.若葉風かっては領主愛でし庭          そよかぜ
   (○○○)
  45.集落の家々眩し柿若葉             方 舟
2点句(◎◎)
  10.烏賊釣火同じ遠さに星の屑           ワシモ
  34.酒林よけて飛び交い初燕            しょうく
  58.父に似しうしろ姿や柿の花           利 明
   (◎○)
  16.遠足日ママが浮き浮きしてゐたり        夢追人
  18.音一つ明治の時計花は葉に           山椒の実
  19.オルゴール奏でる館蔦若葉           そよかぜ
  23.河鹿鳴くほのかな灯り渓の宿          panapana
  33.古民家の一人住まいや新茶汲む          secchan
  41.五月雨や女人高野の千年杉           panapana
  63.奈落よりせり上がりくる五月闇         昇 峰
   (○○)
  01.合鴨のひなの一団青田かな           苦 瓜
  59.天空の城への道や新樹光            secchan
  64.南面に開く羨道花あふち            TOTORO
  66.野遊びや湧水で割るウイスキー         俊 雪
1点句(◎)
  02.愛憎に揺るる心やサングラス          泥 舟
  05.阿修羅像眼差し愁ふ青嵐            麦 秋
  08.塩梅は亡母譲りに梅漬ける           ワシモ
  17.追分のつつじが隠すしるべ石          さんせん
  36.五月闇草むす先の沼明り            昇 峰
  86.焼鮎やくねる形に串を打つ           TOTORO
  88.横穴の古墳の主蚊喰鳥             TOTORO
   (○)
  07.安房深き山懐に余花の寺            麦 秋
  21.杜若水面の影も濃紫              雪 子
  51.スカイツリー遠足児らは津軽弁         夢追人
  56.丹波路の山滴りて鳥の舞う           secchan
  65.捩花のねぢりながらに這ひ上がる        山椒の実
  75.ふきの香の夕餉を包む坊泊り          さんせん
  81.豆飯の程よき塩気親譲             雪 子
  82.水遣りのノズルに生るる虹の色         方 舟
  85.娘らの胸元眩し夏に入る            しょうく
  89.労農の目秤たしか茄子植うる          雪 子
無点句
  03.仰ぎ見る紫陽花乱れ明月院
  04.青笹の映ゆる焼鮎目の前に
  06.雨降るや雨に頷く雨蛙
  09.烏賊釣りの揺るる身も火も波まかせ
  11.いささかの予後の回復更衣
  13.姨捨や千枚揃ふ青田風
  14.売れ筋は梅干しむすび早く消え
  20.外苑の頻りなるかな夏落葉
  22.河鹿鳴く清滝川の魚影かな
  24.眼帯をとりて新緑ことの外
  26.ぎしぎしの花をあまたに尼寺の跡
  27.肝冷やす青田道行くオートバイ
  30.汲み置きの水に叶ひし新茶かな
  31.くるちょこと遊ぶ草原夏帽子
  32.群生の鈴蘭の野にゆきまどふ
  35.漣の青ノ洞門河鹿笛
  37.五月闇見知らぬ顔を映す窓
  38.五月闇ものの形の定まらず
  39.五月雨に濡れし旧道石畳
  40.五月雨や濁流抗し渡し船
  42.五月雨や列車遅れて友の着く
  43.山峡のこけしの里に余花の宿
  44.山脈の薄暑の風や肌を干す
  48.代掻くや牛も男も泥化粧
  50.新緑や熊野古道は薄暗し
  54.園薄暑名知らぬ鳥の来て遊ぶ
  55.泰山木月下に咲ゐて清らかに
  57.地球病むごとく薔薇の花崩れる
  60.どんぶりを跳び出す元気穴子かな
  62.夏痩せを忘れるほどに目方増え
  67.麦秋や平野を過ぐるななつ星
  69.はづむ息励ます如く新樹光
  71.はらからの無事を知らせる粽解く
  72.緋牡丹の一夜に育つ陽気かな
  73.ピラミッド築く勢ひ蟻の列
  74.無愛想な顔見合はせて冷し酒
  76.婦人服売り場装ふ薄暑かな
  77.ふるさとの香る新茶とふたりかな
  78.米寿まで倶楽部に尽くし梅雨迎ふ
  79.枕辺に書籍を積むや梅雨ごもり
  80.マネキンの目許清々夏帽子
  83.昔のことまた繰り返し新茶飲む
  84.娘らの二十歳眩き新樹光

評点につきまして間違いがありましたら、お早めにお申し出ください。
選者(敬称略)
泥 舟 利 明 山椒の実 そよかぜ 麦 秋 方 舟 雪 子 俊 雪 苦 瓜 ワシモ Tiger6 panapana TOTORO しょうく 夢追人 さんせん 昇 峰 secchan 
書き込み
 戻る次へ 
1
11ページ
20
secchanさん
2017.5.29 21:59
特選
12
秀句
23・28・45・66・87
0人がいいねと言っています
19
昇峰さん
2017.5.29 18:57
10.烏賊釣火同じ遠さに星の屑
29.錐立てて一気に捌く穴子かな
34.酒林よけて飛び交い初燕
53.卒塔婆の梵字と紛ふかたつむり
58.父に似しうしろ姿や柿の花
68.葉桜の風となりたる石舞台
0人がいいねと言っています
18
さんせんさん
2017.5.29 18:29
さんせん選
 02.愛憎に揺るる心やサングラス
 08.塩梅は亡母譲りに梅漬ける
 16.遠足日ママが浮き浮きしてゐたり
 41.五月雨や女人高野の千年杉
 63.奈落よりせり上がりくる五月闇
 70.花みかん糊のききたるナース服
 86.焼鮎やくねる形に串を打つ
0人がいいねと言っています
17
夢追人さん
2017.5.29 10:34
特選:15.襟足に熊野古道の若葉風
秀句:12.一望の祖谷の吊り橋青嵐
   29.錐立てて一気に捌く穴子かな
   61.ナイタ-の余韻そのまま電車発つ
   65.捩花のねぢりながらに這ひ上がる
   89.労農の目秤たしか茄子植うる
0人がいいねと言っています
16
しょうくさん
2017.5.29 9:20
しょうく選
     05.阿修羅像眼差し愁ふ青嵐
     17.追分のつつじが隠すしるべ石
     36.五月闇草むす先の沼明り
     47.白壁に影を揺らして若かへで
     49.人生の余白八十路の新茶会
     68.葉桜の風となりたる石舞台
     88.横穴の古墳の主蚊喰鳥
0人がいいねと言っています
15
TOTOROさん
2017.5.28 21:05
特選 33.古民家の一人住まひや新茶汲む

秀句 15.45.61.81.90.
0人がいいねと言っています
14
panapanaさん
2017.5.28 15:14
特選 18

秀句 07. 25. 51. 68. 75.
0人がいいねと言っています
13
削除されました。
12
Tiger 6さん
2017.5.28 13:38
特選
12 一望の祖谷の吊り橋青嵐

秀句
16 遠足日ママが浮き浮きしてゐたり
25 機械にて独りの田植唄もなく
41 五月雨や女人高野の千年杉
61 ナイターの余韻そのまま電車発つ
90 若葉風かっては領主愛でし庭
0人がいいねと言っています
11
ワシモさん
2017.5.28 7:51
特選
 29.錐立てて一気に捌く穴子かな
秀句
 28.逆光の若葉は万華鏡のごと
 47.白壁に影を揺らして若かへで
 52.鈴蘭や朝の祈りの修道女
 61.ナイタ-の余韻そのまま電車発つ
 70.花みかん糊のききたるナース服
0人がいいねと言っています
10
苦瓜さん
2017.5.27 13:13
特選。23
秀句。46・56.68・82.87
0人がいいねと言っています
9
俊雪さん
2017.5.27 11:19
特選15.襟足に熊野古道の若葉風

秀句01.合鴨のひなの一団青田かな
  18.音一つ明治の時計花は葉に
  28.逆光の若葉は万華鏡のごと
  45.集落の家々眩し柿若葉
  53.卒塔婆の梵字と紛ふかたつむり
0人がいいねと言っています
8
雪子さん
2017.5.27 9:22
特選
87. 夕風の運ぶ水の香河鹿笛

入選
25. 機械にて独りの田植唄もなく
28. 逆光の若葉は万華鏡のごと
47. 白壁に影を揺らして若かへで
53. 卒塔婆の梵字と紛ふかたつむり
61. ナイタ-の余韻そのまま電車発つ
0人がいいねと言っています
7
方舟さん
2017.5.27 9:14
特選
90・若葉風かつては領主愛でし庭
秀句
21・杜若水面の影も濃紫
25・機械にて独りの田植唄もなく
46・春灯の点る無人の交番所
52・鈴蘭や朝の祈りの修道女
59・天空の城への道や新樹光
0人がいいねと言っています
6
麦秋さん
2017.5.26 20:15
特選 19
秀句 15 29 46 61 68
0人がいいねと言っています
5
そよかぜさん
2017.5.26 19:41
特選
52.鈴蘭や朝の祈りの修道女
秀句
28.逆光の若葉は万華鏡のごと
33.古民家の一人住まひや新茶汲む
46.春灯の点る無人の交番所
49.人生の余白八十路の新茶会
59.天空の城への道や新樹光
0人がいいねと言っています
4
山椒の実さん
2017.5.26 18:33
特選
47.白壁に影を揺らして若かへで

入選
19.オルゴール奏でる館蔦若葉
29.錐立てて一気に捌く穴子かな
52.鈴蘭や朝の祈りの修道女
64.南面に開く羨道花あふち
68.葉桜の風となりたる石舞台
0人がいいねと言っています
3
利明さん
2017.5.26 14:13
特選
68 葉桜の風となりたる石舞台
入選
29 錐立てて一気に捌く穴子かな
61 ナイターの余韻そのまま電車発つ
64 南面に開く羨道花あふち
66 野遊びや湧水で割るウィスキー
70 花みかん糊のききたるナース服
0人がいいねと言っています
2
泥舟さん
2017.5.26 13:51
特選
53 卒塔婆の梵字と紛ふかたつむり
入選
01 合鴨のひなの一団青田かな
49 人生の余白八十路の新茶会
61 ナイターの余韻そのまま電車発つ
63 奈落よりせりあがりくる五月闇
85 娘等の胸元眩し夏に入る
0人がいいねと言っています
1
削除されました。
 戻る次へ 
1
11ページ
関連記事