メニュー
ゲストさん
【登録無料】大人のSNSを「はじめよう」同世代の仲間と「つながろう」 TOSHIBA dynabook V82 -->
 

シニアの星:今更聞けない「カズオ・イシグロ」さんを知ろう

2017年度のノーベル文学賞を受賞し、一躍話題の人となったカズオ・イシグロさんですが、実はよく存じ上げないという方も多いのではないでしょうか?
イシグロさんのことをよりよく知るには、もちろん、著作を読むのが一番です。
彼の作品を原作とした映画もあり、さまざまな角度からイシグロさんの世界に触れてみましょう。

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

2017年のノーベル文学賞を受賞したカズオ・イシグロさんはどんな人?

1954年生まれ、2017年現在62歳になるカズオ・イシグロさんは、日系イギリス人の作家さんです。
長崎で生まれ、5歳でご両親の仕事の都合で渡英し、大学では英文学と哲学、大学院で創作を学び、82年に日本人を描いた「遠い山なみの光」でデビューしました。1983年にイギリスに帰化し現在はロンドンを生活拠点としています。
イシグロカズオさんはイギリスで作家活動をしていますが、もともとは作家よりもミュージシャンになりたいと考えていたようです。
実際、2017年にノーベル文学賞を受賞した際のインタビューでは「ボブ・ディランの次に受賞できたことが嬉しい」と語っています。
中高時代にはレコード会社にデモテープを送るなど、積極的に音楽方面へアプローチしていたようですね。
もっとイシグロさんのことを知ると、意外な面がいろいろと見えてくるかもしれません。
イシグロさんはこれまでに長編の著作を7作、短編小説を5作出版しており、次は特に有名な作品についてご紹介します。

映画で楽しむカズオ・イシグロさん

イギリスで作家として活動しているカズオ・イシグロさんですが、彼の作品を原作に映画化されたものもいくつかあります。
読書が苦手だったり、時間がないという方は、まずは映画や映像作品のほうを鑑賞してみるとよいでしょう。

カズオ・イシグロの作品を原作とした映画には「わたしを離さないで」が挙げられます。
人間と社会の新しい関係を描いた作品として注目れ、2016年にテレビドラマ化もされたのでご存知の方も多いのではないでしょうか。

日の名残り」もノーベル文学賞を受賞したカズオ・イシグロさんの同名小説を映画化した作品で、貴族の館で執事として仕えてきた男性が、自身の過去を回想していくという内容です。
この映画は、アカデミー賞で8部門にノミネートされたことも大きな話題になりました。
アンソニー・ホプキンスやエマ・トンプソンといった有名な俳優や女優が出演しており、映画ファンならご存じの方も多い作品かもしれません。

カズオ・イシグロさんの著書紹介

カズオ・イシグロさんはこれまでに数多くの作品を執筆していますが、やはり特筆すべきは映画化もされている「日の名残り」と「わたしを離さないで」です。
特に「日の名残り」は代表作と言われ、その年のブッカー賞(世界的に権威のあるイギリスの文学賞)を受賞し、イシグロさんは大作家として世に知られるようになりました。
2作とも、イシグロさんの作品の特徴と言われる、時代に翻弄される人の辛さと、そこに見い出される人の尊厳について考えさせられる作品といえます。

その他に代表的な作品は「充たされざる者」が挙げられます。
不条理な展開をコメディタッチで表現した作品で、夢と現実の境が曖昧な、先の2作とは趣がかなり異なる型破りな内容です。
一度読んだだけでは内容が難しいかもしれませんが、じっくり読んでみるとその面白さに気づけることでしょう。

遠い山なみの光」は1982年に出版された作品で、長編処女作です。
娘の自殺という悲劇に直面してしまった女性が戦後間もない長崎である母子に出会うという物語です。
カズオ・イシグロさんのその後の作品に通じる部分がたくさんあり、この頃からすでに作風が固まりかけていたと言われています。

浮世の画家」は2006年に発売された作品で、激しく気持ちを揺さぶられる内容となっています。
読んでいるうちに正義とは何か、ということを考えさせられることでしょう。

全ての作品に共通して、登場人物の心の動き、感情がとても繊細に描かれています。
読み終えた後にも登場人物の心情が残りつづける作品が多く、じっくり世界観を味わいながら読んでみるのはいかがでしょうか。

======
Slownetでブログやコメントを更新すると同じ趣味の仲間が見つかるかも!?
人気のサークル情報などをお知らせするメールマガジンも受け取れる、Slownet会員登録はこちらから↓

Slownet会員登録

コメント

コメントを書く(クリックしてください)

関連記事
NEW!
2018年7月15日

趣味・文化

今日の泉谷さん【33】 作:カワサキヒロシ「体脂肪率」

→今日の泉谷さん一覧はこちらから →作者プロフィールのご紹介 ====== Slownetでブログやコメントを更新すると同じ趣味の仲間が見つかるかも!...
2018年7月10日

趣味・文化

今日の泉谷さん【32】 作:カワサキヒロシ「タイミング」

→次へすすむ →今日の泉谷さん一覧はこちらから →作者プロフィールのご紹介 ====== Slownetでブログやコメントを更新すると同じ趣味の...
2018年7月7日

趣味・文化

【シニアの新しい趣味】相撲に興味が出たから見に行ってみたい

連日報道されていた相撲協会絡みのニュースを見て、「相撲協会の問題で相撲に興味を持った」という方も多いのではないでしょうか? 最近でも貴乃花親方が一門の看板を下ろすなど、相撲協...
2018年7月5日

趣味・文化

今日の泉谷さん【31】 作:カワサキヒロシ「ランチタイム」

→次へすすむ →今日の泉谷さん一覧はこちらから →作者プロフィールのご紹介 ====== Slownetでブログやコメントを更新すると同じ趣味の...
2018年6月30日

趣味・文化

今日の泉谷さん【30】 作:カワサキヒロシ「雨音」

→次へすすむ →今日の泉谷さん一覧はこちらから →作者プロフィールのご紹介 ====== Slownetでブログやコメントを更新すると同じ趣味の...
2018年6月25日

趣味・文化

今日の泉谷さん【29】 作:カワサキヒロシ「日帰り旅行」

→次へすすむ →今日の泉谷さん一覧はこちらから →作者プロフィールのご紹介 ====== Slownetでブログやコメントを更新すると同じ趣味の...