メニュー
ゲストさん
大人のSNSで新しい仲間を見つけよう! つながろう! TOSHIBA dynabook V
 

【カラオケ】60代も20代も盛り上がる名曲!最近のカバー曲事情

カラオケが普及して50年あまり。会社での付き合いでのカラオケはもちろん、息子・娘、孫といった家族ともカラオケを楽しむ機会も増えていませんか?
そこで今回は、若者と一緒に盛り上がれるカラオケのコツとともに、オススメの選曲をご紹介します。

画像提供:imagenavi(イメージナビ)

若者世代と楽しむためには? 若者とカラオケを楽しむ3つのコツ

1.みんなが知っている曲を選ぶ
最近の若者は、ヒトカラ(ひとりカラオケ)に行く人も多いんだとか。その理由として挙げられるのは、「知らない曲を聞きたくない」「好きな曲を歌いたい」というもの。
そのため、若者とカラオケに行く時には、なるべくみんなが知っている曲を選びましょう。

2.とにかく楽しもう! その場の雰囲気を盛り上げる
せっかくみんなでカラオケに来ているなら、一緒に盛り上がったほうが歌う方も歌いやすいですよね。誰かが歌っているときにはお店からマラカスやタンバリンを借りて一緒に盛り上がりましょう! ない場合は手拍子などもOK。「その場にいる全員が楽しんでいる」という雰囲気作りが大事。これは年長者の腕の見せどころではないでしょうか?
歌が苦手でも一緒に盛り上がれば「楽しんでいる」という雰囲気になるので、オススメですよ。

3.心に染み入る名曲はしっかり歌い上げましょう
とはいえ、せっかくカラオケに行ったのに遠慮ばかりではいけません。往年の名曲は若者にもしっかりと聞かせてあげましょう。しっかりと歌詞の意味まで聞いたことはない、という若者も多いはず。心に染み入る名曲は、世代関係なく伝わるものです。遠慮せず堂々と歌いましょう。
手拍子やタンバリン、マラカスなどで一緒に盛り上がっていたならば、しっかりと聞き入ってくれるはずですよ。

ここまで3つのコツをご紹介してきました。
「会社の部下とのカラオケで嫌がられていないかな?」「子どもや孫とのカラオケ、嫌がられていないかな?」と心配するシニア世代。何より「一緒に楽しんでいる」という空気作り、雰囲気作りが大事です。この時ばかりは無礼講! 若者と一緒に盛り上がれば、きっと今度は向こうから誘ってくれるでしょう。
ここからは若者世代でも知っている、最近カバーされた名曲をご紹介していきます。

幅広い世代が知っている! 最近のカバー曲事情

銀河鉄道999/ゴダイゴ
最近ではEXILEがカバー。また、テレビCMなどでもよく使われる曲のため、若者世代の認知度も高い一曲です。

また君に恋している/ビリー・バンバン カバー:坂本冬美
こちらは坂本冬美さんがカバー。大分むぎ焼酎「二階堂」のテレビCMでも利用されたことから、若者世代でも知っている名曲です。

亜麻色の髪の乙女/ヴィレッジ・シンガーズ
島谷ひとみさんなど、多くの人がカバーしているこの曲は、若者の認知度も高いのでオススメ!

異邦人/久保田早紀
79年発売の異邦人は、近年多くの歌手にカバーされています。05年には徳永英明さんが、10年には稲垣潤一さん、11年には岩崎宏美さんと、受け継がれている名曲です。

ペッパー警部/ピンク・レディ
故・阿久悠さん作詞のこの曲は、今年の24時間テレビで取り上げられるなど、多くの若者も知っています。

このほか、尾崎豊やサザンオールスターズ、Mr.Children、中島みゆき、松田聖子といった歌手の方々の曲は、今も街中やテレビなどで聞く機会も多いので知っている人は多いです。
もし歌う曲に悩んだら、この中から選んでみてくださいね。

======
Slownetでブログやコメントを更新すると同じ趣味の仲間が見つかるかも!?
人気のサークル情報などをお知らせするメールマガジンも受け取れる、Slownet会員登録はこちらから↓

Slownet会員登録

コメント

コメントを書く(クリックしてください)

人気記事
2017年11月15日

IT・科学

第46部・第7回 パソコンで美術館を巡ろう

第46部 パソコンで美術館を巡ろう 第46部・第7回 パソコンで美術館を巡ろう  今年の秋も,さまざまな美術展が目白押しですね。でも、忙しくて行くヒマがないとい...
2017年11月14日

健康・美容

【60代・70代】いつまでも脳を若々しく保ちたい!認知症予防にも役立つ生涯学習のすすめ

平均寿命が80代を超えようとしているこの時代だからこそ、リタイア後の60代・70代のシニア世代にとって生涯学習は必要不可欠です。趣味として開いている時間を有益に活動できるだけでなく...
2017年11月8日

趣味

【カラオケ】60代も20代も盛り上がる名曲!最近のカバー曲事情

カラオケが普及して50年あまり。会社での付き合いでのカラオケはもちろん、息子・娘、孫といった家族ともカラオケを楽しむ機会も増えていませんか? そこで今回は、若者と一緒に盛り上がれ...
関連記事
NEW!
2017年11月17日

趣味・文化

【動画】思わず書いてみたくなる「万年筆」の贅沢な魅力:大人(60代)の逸品

ナミキファルコンという万年筆をご存知でしょうか。1978年(昭和53年)に万年筆の老舗でもあるパイロット社と、全国万年筆専門店会とで共同開発された万年筆「エラボー」の、海外輸出専用...
NEW!
2017年11月16日

趣味・文化

夢はマイ電柱!?大人の高級オーディオの世界【60代シニア】

"聴く"にこだわる大人達(オーディオマニア)の中には、なんと、究極の音を追求すべく庭にオーディオ専用の[マイ電柱]を建てる方もいらっしゃるそう。 イヤホンやスピーカーなどオーディ...
NEW!
2017年11月15日

趣味・文化

縁日で見つけた小さな松がきっかけ「100年盆栽ライフ」奥深い芸術を始めよう【60代シニア】

心に残っている幼い頃の記憶を辿ると、置き去りにしていたかもしれない純粋な興味に出会えるかもしれません。100年近くになる盆栽歴を持つ有田匡男さんが盆栽を始めたのは、幼い頃に縁日で見...
2017年10月31日

趣味・文化

大人(60代)になってもバンドがやりたい!今から始めるギター入門

今の60代、シニア世代は、ちょうどフォークソングブームを経験された方も多いのではないでしょうか。 この世代ならではの新たな趣味としておすすめできるのが、ギターです。ギターは入門用...
2017年10月31日

趣味・文化

シニア世代(60代・70代)の今だからこそ始めたい「将棋」入門

いま、多くのシニアが楽しんでいる趣味の一つとして「将棋」があります。 最多連勝記録を更新し続け連日メディアをにぎわせた藤井聡太四段はもちろん、引退を機にそのチャーミングなキャラク...
2017年10月31日

趣味・文化

かわいいお庭を作りましょう、シニア(60代・70代)の本場イギリス風ガーデニングの始め方

60代・70代のシニア世代におすすめの趣味の一つに「ガーデニング」があります。 ガーデニングにもさまざまなスタイルがありますが、ガーデニング本場のイギリス風ガーデンは、四季折々の...


御朱印旅のすすめ

モデル募集

脳トレドリル。まずはお試し980円